FC2ブログ

一夜一話

Archive2013年04月 1/1

映画「ルナ・パパ」   監督:バフティヤル・フドイナザーロフ

  明るくカラッとしたドタバタ喜劇。  そして、スピード感と広大な大地のスケール感がこの映画の魅力。  また、たくさんのエピソード・シーンが、ていねいなモザイク模様になっているのが万華鏡のよう。  中央アジアのタジキスタンでのお話。  17歳の娘マムラカットが主人公。母を亡くし、父と兄の三人家族。  マムラカットは芝居好きで女優になりたい。旅回りの劇団が来ると、気もそぞろ。兄は元・兵士、地雷で頭を負...

  •  0
  •  0

映画「愚か者 傷だらけの天使」    監督:阪本順治

  楽しいやらノホホンとしているやらのドタバタコメディ大作戦。でも後味は少し悲しい。  主人公、石井久(真木蔵人)は、西新宿のトイレ共同・木造アパートに住んでいる家賃滞納独身、少々、頭の中はポンだが、人はいいし妙に生来の正義感を持っている。 すぐカッとなる性格で、よく言えば熱血漢だが、職場で騒動を起こしてクビ、の繰り返しで職を転々、現在求人誌の求人広告をあれこれチェックしているが、なんでもいい金が欲...

  •  0
  •  0

映画「グッバイ・ファーストラブ」、 「スカイラブ」   フレンチ・フィーメイル・ニューウェーブから

TOPページにもどる「グッバイ・ファーストラブ」 Un amour de jeunesse  若いラブストーリーを素直に楽しむ映画。  舞台はパリ。高校の時に恋におちたカミーユとシュリヴァンは、その後別れてしまうが、時が経ち別々の道を歩んでいたが、ふとした再会から、今度は大人の恋が始まる、そんな甘く切なく深いラブストーリー。  カミーユは高校時代、南米を放浪することで自身と向かい合いたかった。で、シュリヴァンを愛して...

  •  0
  •  0

映画「カンバセーション…盗聴…」   監督:フランシス・フォード・コッポラ

盗聴機材を積み改装したバンの車内から外の様子を見るハリー。    自分の仕事に、良心の呵責を感じ悩む、そして神に許しを請う。そんな悲しい男がいた。  彼の仕事は盗聴。依頼人が指定した人物の会話を傍受し、録音/編集したテープを作成する仕事だ。傍受には最新技術と電子機器を駆使し、計画と実行力と機密保持が試される。  主人公・ハリー・コール(ジーン・ハックマン)は自分の仕事に誇りと自信を持っていた。ニュ...

  •  0
  •  0

映画「まぼろし」   監督:フランソワ・オゾン     主演:シャーロット・ランプリング

「夫の時計じゃないわ、ジャンのじゃない。」  シャーロット・ランプリング主演のサスペンスか。  夫婦で行ったバカンス中に、海に入った夫が溺れ、行方不明になる。  妻・マリー(シャーロット・ランプリング)は、浜辺にいながら、すぐに気付かず何もできなかった悔しさが後々まで尾をひき、マリーの心に重く残る。ヘリコプターも出動したが結局、何も発見できなかった。マリーは一旦パリの自宅に帰り、地元警察からの連絡...

  •  0
  •  0

映画「もっとしなやかにもっとしたたかに」  監督:藤田敏八  主演:森下愛子、奥田瑛二

  森下愛子を愛でる映画。  奥田瑛二と高沢順子の夫婦に、フラリ割って入った森下愛子の計3人の、妙な三角関係ドラマ。  そして片親が家から出てった家庭に育つ経験が、トラウマになった人々の話でもある。  勇一(奥田瑛二)の家は、幼い頃に母親が出て行った。勇一自身の家庭は、妻・君枝(高沢順子)が息子・大助を置いて失踪、未だに見つからない。勇一と出会う彩子(森下愛子)は、家庭教師だった男が義父になり、彩...

  •  0
  •  0

映画「カラスの飼育 」  監督:カルロス・サウラ

  映画の題名の意味は、「恩をあだで返す仕打ちにご用心」の意。 (スペインのことわざ:「カラスを飼うと、目をくり抜かれる」の一部がタイトル名になっている。「飼い犬に・・・」といった感じか。)  幼い頃の出来事を、子供ならではのミステリアスな世界観を通して、自身が述懐する映画です。  場所はスペインはマドリードの都心部にある昔からのお屋敷街。  高い塀に囲まれ木々が茂りプールがある大きな家。  優しい...

  •  0
  •  0

映画「ブラウン・バニー」    監督:ヴィンセント・ギャロ

  いまだに、彼女の死を直視できない、精神的に幼い男の話。  ストーリーの仕立ては、ロードムービーと言うより、道路ムービーな映画。  ドラッグでいっちゃっていた状態の、無防備な彼女が、二人組の男にレイプされるのを、のぞき見ながら、怖くて何もできなかった主人公の彼氏、バド・クレイ(ヴィンセント・ギャロ)。 その直後、彼女は反吐(へど)をのどに詰まらせ窒息死してしまった・・・。  バドは、優秀なバイク...

  •  0
  •  0

映画「母なれば女なれば 」  監督:亀井文夫   主演:山田五十鈴

春枝一家(中央)と健次とその妹(左右)  太平洋戦争末期、東京はたびたびの激しい空襲で無数の人々は逃げ惑った。  春枝(山田五十鈴)は三人の子を連れ、避難する混乱の雑踏にいた。荷物を背負い、清とフミ子、二人の小さな手を、春枝は左右の手でしっかり握るのが精いっぱい。新吉、長男10歳は母と並走していたが、親子の間に人が入り、その距離がひろがるにつれ、離れ離れに。春枝は大声で新吉の名を呼ぶが、その声は爆音...

  •  0
  •  0

映画「赤い波止場」    監督:舛田利雄    主演:石原裕次郎、北原三枝

  神戸港でのロケシーンで構成されている。だから映像に奥行きがたっぷりあって、昭和33年当時の、夢誘う、港の潮風を十分味わえる。  富永二郎ことジロー(石原裕次郎)は、東京大空襲の戦災孤児で、その後、東京にある藤田組のヤクザになった。両親を知らない。組の指示で人を殺め、東京を離れて、神戸に身を隠す。今は、ここ神戸の松山組に草鞋を脱いでいる用心棒。  ジローに付きまとうのが三人いる。ひとりは、ジローの...

  •  0
  •  0

映画「ザ・フューチャー」   監督:ミランダ・ジュライ

TOPページにもどる  深い映画です。    ソフィーとジェイソン、一緒に住み始めて4年になる。ワンルームの小さな木造アパート。ソフィーは近所で子供相手のダンス教室の先生。ジェイソンは在宅でひとり、ヘッドセットをつけてPCのヘルプデスクの電話対応業務をしている。ともに35歳。モラトリアムの有効期限が、さすがに、もう切れようとしている。  二十歳の頃から言えば、15年。  「若さゆえ、可能性は無限大...

  •  0
  •  0

映画「ベアスキン 都会の夜の一幕寓話」  監督:アン・ゲディス、 エドワード・ゲディス  出演:トム・ウェイツ

ローラと熊の着ぐるみ。  イギリスの小さなある町に、人形芝居の一座がいた。熊の着ぐるみが、道行く子たちに公演チラシをまき、そのそばで白い顔の女ピエロが楽しそうに太鼓をたたく。公演場所は、公園だったり空き地だったり、子達が座れる草地があればいい。  出し物は、イギリス風のドタバタ芝居・パンチとジュディ、人形同士が、下品でいけない言葉でののしりあったり、殴りあったり、殺されたりの残酷な内容、でも、日頃...

  •  0
  •  0

映画「純愛物語」  監督:今井正  主演:中原ひとみ

  太平洋戦争が終わっても、戦災孤児の少女ミツ子には、容赦ない仕打ちが待っていた。  終戦直後、東京・上野駅周辺に、たくさんの戦災孤児や少年少女がいた。すきっ腹をかかえ、寒さに耐え、それでも何とか生き抜く毎日。上野公園あたりには、夜露がしのげる程度の、風が吹けば壊れるテントのような、ねぐらが並ぶ。親とはぐれ、あるいは親が死んで、爆音/熱風の大空襲をかいくぐり、それだけでも精神的ダメージは相当なもの...

  •  0
  •  0

映画「ゆずれない事 」  監督:ペーター・フィッシュリ、ダヴィッド・ヴァイス

  ネズミとパンダは、腐れ縁。 ともに無職。  ネズミは、まじめで一途な性格。パンダは、自分の手を汚さずに相手を利用して、お気軽に生きていきたいタイプ。  そうは言え、この現代社会は、そうそう、お気楽にできないようになってしまった。  一方、ネズミ的な性格は損をする。ひとりじゃ損をする。 だから、ネズミはパンダに付かず離れず付き合ってる。  そんなわけで、腐れ縁。  ストーリーがあって、いろんなこ...

  •  1
  •  0

御喜美江アコーディオン・ワークス2013

  クラシックのジャンルで活躍する、国際的なアコーディオン奏者、御喜美江(みき みえ)。  この方のライブを聴くのは初めてだったが、大変満足なコンサートでした。  バッハをアコーディオン演奏向けに編曲して・・・というと、違和感を感じる向きもあろうが、食わず嫌いは損!   オルガンは機械的に風を送って音を出すが、アコーディオンの蛇腹は、あたかも人の息で音を出すに近い。  さらに、アコーディオン二重奏...

  •  0
  •  0