FC2ブログ

一夜一話

Archive2018年05月 1/1

2年前・4年前・6年前の5月、一夜一話。(2016年5月・2014年5月・2012年5月の掲載記事です)

◆2年前の5月に掲載した映画です。映画の画像をクリックしてお読みください。2年前の5月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2016年5月 Archive)「ファンシイダンス」監督:周防正行本木雅弘、鈴木保奈美 ドキュメンタリー映画の特集邦画編、洋画編これまでに記事にした映画です。 「カリガリ博士」監督:ロベルト・ウイーネドイツ 「女はみんな生きている」監督:コリーヌ・セローフランス ...

  •  0
  •  0

映画「木靴の樹」  監督:エルマンノ・オルミ

 時は20世紀一歩手前の19世紀末。 イタリアの小作人たちの日常を群像劇として観せる。 この映画、はるかな遠景を眺めるように、ゆったり構えて広い視野で観るといい。 あるいはタイムスリップしたと思って観るのがいい。 イタリアの北方、アルプス山脈に近い町、ベルガモ周辺に広がる農村地帯。 広大な大地を所有する大地主と、地主につかえる管理人。 そして小作人たちとその家族。老人、夫を亡くした妻と子沢山、恋する若...

  •  0
  •  0

一夜一話の “今日はジャズ・サックスだよ” アート・ペッパー

 今日の一枚は、アート・ペッパー というサックス吹きの「モダン・アート」(1957年)。 何と言っても1曲目の「Blues In」が素晴らしい。 音数の少ないベース演奏を従えてのバラードなソロ。 何か、闇に潜む根源的な原初を感じる。 そう感じながらも、キラリと弾ける鋭い閃光、そして孤独なつぶやき、次に途端に来る饒舌さ。 緊張と緩和の妙。飽きない名演奏。 2曲目「Bewitched」から、カルテット演奏になる。 この「Bewi...

  •  0
  •  0

映画「剣侠江戸紫」  監督:並木鏡太郎

 なかなかの時代劇、特に脚本がよく書けている。 実在の人を素材にした映画。113分最後まで観せます。 時は17世紀、江戸時代前期のころ。 当時、(将軍家直属の家臣である)旗本のひとり、水野十郎左衛門(嵐寛寿郎)という侍は、為政者側の身でありながら、江戸市中において「旗本奴」というやくざ集団を組織し、その頭であった。 旗本奴の中でも白柄組は特に乱暴者ぞろいで、彼らは旗本を笠に、日々悪行狼藉を働いていた。...

  •  0
  •  0

映画「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」  監督:石井裕也

 慎二(池松壮亮)と美香(石橋静河)の、とても純なラブストーリー。 それは繊細な男女の物語。恋することを怖がる美香の話でもある。 とは言え、映画は今を生きるシンドさを、時間をとって描いている。 特に慎二の周辺の登場人物は底辺であえぐ人が多い。心に重荷を抱いて、それでもなんとか今日一日分の、心のバランスを保とうとしている。  舞台は東京。 慎二と美香が出会う渋谷新宿の、作られた眩さと、人気のない街は...

  •  0
  •  0

映画「大いなる休暇」  監督:ジャン=フランソワ・プリオ

 カナダはケベック州の沖合にある、島民120人の小さな離島のお話。 心温まるストーリーで、少しドタバタ喜劇です  島民はかつて漁業で生計を立てていたが、今は皆、廃業して一様に生活保護を受けている。 しかし支給金の月額では、2週間分の生活費しかまかなえない。 働き甲斐を無くした島民は、ただただ、ぼんやりした毎日を過ごす。(なぜ漁業を辞めざるを得なかったかは映画は語らない) そんな折、ある会社がこの島に工...

  •  0
  •  0

1年前・3年前・5年前の5月、一夜一話。(2017年5月・2015年5月・2013年5月の掲載記事

◆1年前の5月に掲載した映画です。  映画の画像をクリックしてお読みください。  1年前の5月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。<2017年5月 Archive>「憲兵とバラバラ死美人」監督:並木鏡太郎中山昭二、三重明子 「君と歩こう」監督:石井裕也目黒真希、森岡龍 「ションヤンの酒家」監督:フォ・ジェンチイ中国 「ブルース・ブラザース」監督:ジョン・ランディスアメリカ 「GO NOW」監...

  •  0
  •  0

映画「シンプルメン」  監督:ハル・ハートリー

兄ビル、弟デニス、謎のエリナ、人妻ケイト  とてもシンプルなお話。 主要な登場人物から脇役に至るまで、誰もが実にシンプルな人々だ。 彼らは単純な人。 良く言えば、偽りや飾りのない、ありのままの感情で生きる、率直な人。 それは我々の日常では、ありえないほどのシンプルさ。阿呆にみえるかもしれない。 こういう設定だから自ずと、このお話は喜劇。 喜劇でありながら、この映画は、我々が日ごろ、いかに自身の...

  •  0
  •  0

映画「ブリキの太鼓」  監督:フォルカー・シュレンドルフ

 3歳にして「大人の世界」を忌み嫌い、その後も幼児のように生きたオスカルという男の話です。 この作品は、観る者の興味、視点の違いで、異なって見える映画かも知れない。そんな二面性いや三面性があります。 そのうちの一面は、ストーリーのバックグランドとして配置されている、物語当時のポーランドの時代性、これを冷徹に語る側面。 それは第二次世界大戦へ突き進むナチスドイツに対するポーランドの有り様と、そして当...

  •  0
  •  0

映画「赤ちょうちん」 監督:藤田敏八  主演:秋吉久美子

 飾り気をえぐり取った殺伐とした荒い感触と、この先を見失った時代の、いかにも1970年代前半の映画といった趣きの作品です。 熊本県天草から出てきた17歳の幸枝(秋吉久美子)と、二十歳そこそこの政行(高岡健二)との、不安定な幸せの道筋を描く。 時は冬、ふたりの幸せは政行が住む、中央線大久保・東中野駅間の高架脇の、一間のアパートで始まった。 話は引っ越しを繰り返す場面展開で進み、その中で映画は、幸枝と政行の...

  •  0
  •  0

映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」  監督:ランディ・ムーア

 妻子を連れてディズニーランドに来た男ジムの不幸な顛末。 家族四人、前日に、ディズニーランドを目の前にしたホテルに一泊しての、次の朝。 さあ、これからディズニーランドへ!という時に、ジムの携帯が鳴った。(休暇中に会社から電話が来るのは嫌なものだ) この電話で、働き盛りのジムは、勤め先の友人から(会社の決定だと前置きされて)突然の解雇を言い渡された。 だが、家族でこれから楽しい時を過ごそうという、こ...

  •  0
  •  0

映画「ストロベリーショートケイクス」  監督:矢崎仁司

 恋に悩む東京の女4人、それぞれの生きざまドラマ。 その、それぞれの生きざまは、世の中、こんな女がいるだろう、と思われる女性像を、意識的にデフォルメして、美しく標本化し、花のイラスト図鑑のように仕立ててある。 恋に悩む女4人は、二組のペアになって登場する。(つまり映画は、4人個別の恋物語で、同時に二組の物語でもあります) 里子(池脇千鶴)と秋代(中村優子)。 このふたりは、ちょっと高級なデリバリーヘ...

  •  0
  •  0