FC2ブログ

一夜一話

Archive2018年09月 1/1

一夜一話の “今日はソウルだよ” アレサ・フランクリン (2)

 アレサが死んだ。 亡くなったとか逝去とか、そんな言い方は何か、よそよそしい。 76歳、今どき若いよ。まだまだ歌えたのに。 アレサ・フランクリンのアルバム、良いのは色々あるけど、今日は1973年の「Hey Now Hey」。(当時アレサ31歳) 選んだワケは、ふたつ。 一つ目は、アレサがエンジェルになっているから。 (アルバムを開くと、右のイラストが現れて、右端に白い翼のアレサがマイク持って立っている) それと、も...

  •  0
  •  0

映画「ミツバチのささやき」  スペイン映画   監督:ビクトル・エリセ

 主人公の少女、アナの愛くるしさと、1940年の静かな田園風景に浸るのもいいだろう。 これが物語の土台であり、いにしえの良きスペインを表わそうとしているのだから。 そのうえで、セリフ僅かなこの映画は、いくつかのシーンでいくつかの話をしようとします。 例えば、まだ若いアナの母親が手紙を書いています。(老いた夫とは歳の開きがある) 彼女が抱く密かな愛と、変わりゆく世の中への絶望感を、行方不明の愛しい人宛て...

  •  0
  •  0

映画「10話」  監督:アッバス・キアロスタミ

アミンと母親 この映画は、イランの首都テヘランに住む女性たちを登場させ、女性ならではの諸問題を、リアルに時にコミカルに描き出そうとする、素晴らしい作品です。 特徴は、ドキュメンタリー風な、さらりとした描写と、斬新な映像表現です。 特に、映画のすべてのシーンは、主人公が運転する自動車車内に限られ、かつ助手席に座る人との会話シーンだけで話は終始します。【 登場人物と10の話 】  映画は、題名「10話」が示...

  •  0
  •  0

アニメ「話の話」  監督:ユーリー・ノルシュテイン

「話の話」は、4つのキャラクターデザインで話が構成されています。 「話の話」は、物語の先へ先へと、急いでいるかのように語って行く流行のアニメとは、まったく違うスタンスです。そして、ザワザワした環境で観ないほうがいいです。 例えば一枚の絵画をみて、その絵は何を語ってるのか、何が描かれているのか、絵の向こうで何が起ころうとしているのか、そういう「何」に正解はない、絵の横の説明パネルや展示会パンフレット...

  •  0
  •  0

映画「フランコフォニア ルーヴルの記憶」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ

 この映画は、ルーヴル美術館についての作品ですが、収蔵品に関して芸術うんぬんを語るのではなく、時の王室・政府や第二次世界大戦を主題に据え、ルーヴル美術館の遍歴を(大河小説のように)描こうとします。 映画は、昔のモノクロ映像や、絵画に描かれた館内のかつての様子、そしてもちろん、「モナ・リザ」、「サモトラケのニケ」やエジプト・コレクションなど著名な絵画彫像の映像を取り入れたドキュメンタリー形式ではあり...

  •  0
  •  0

気になる映画 65  《これから上映の映画》

「ポップ・アイ」シンガポール8/18- ユーロスペース 「ジョージア映画祭」ジョージア(グルジア)10/13-26 岩波ホール 「テル・ミー・ライズ」イギリス(1968年制作)8/25- イメージ・フォーラム...

  •  0
  •  0

1年前・3年前・5年前の9月、一夜一話。(2017年9月・2015年9月・2013年9月の掲載記事)

◆1年前の9月に掲載した映画です。  映画の画像をクリックしてお読みください。  1年前の9月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。<2017年9月 Archive>「朧夜の女」監督:五所平之助飯塚敏子、徳大寺伸 「或る女」監督:渋谷実田中絹代、佐野周二 「カフェ・ブダペスト」監督:フェテケ・イボヤハンガリー 「ヴィンセントが教えてくれたこと」監督:セオドア・メルフィアメリカ 「青いドレスの...

  •  0
  •  0

一夜一話の “今日はメンフィス・ソウルだよ” アン・ピーブルス

 今日の一枚は、メンフィスソウルの名門レーベル、“Hi Records” から、アン・ピーブルスのアルバム「Straight From The Heart」だよ。 なんたって、このアルバム、Hi の一番いいとこ、この1枚に凝縮、テンコ盛り。 どの曲聴いても、文句なし。 ああ、これ以上ことばにするのが、アホらしくなるほど。今日はもう何も言わない。 まずは、3曲目「What You Laid On Me」を聴いとくれ。 https://www.youtube.com/watch?v=TU7xJR...

  •  0
  •  0

閲覧回数の多い映画記事、ベスト10

No image

 直近で、よくご覧いただいている映画記事のベスト10です。 こちらから、のぞいてください。 とは言え、日々変わっています。瞬間風速みたいな感じです。  ...

  •  0
  •  0

気になる映画 66  《これから上映の映画》

「悲しみに、こんにちは」スペイン9/23- 東京都写真美術館ほか 伴淳三郎と三木のり平昭和に愛されたふたりの喜劇人9/29-11/2 神保町シアター ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京201810/6-26 K's cinema FUN!FUN! ASIAN CINEMA「細い目」監督ヤスミン・アフマド「告別」監督:デグナー10/9、11/5 アテネ・フランセ...

  •  0
  •  0

映画 「さらば青春の光」  映画音楽に魅せられて  監督:フランク・ロダム

モッズ(族)。仲間と薬、スクーターとアメリカン・ポップスとモッズファッションと。主人公ジミーもモッズだ。 ザ・フーやモッズ、パンク、スティングに思い入れがあるわけじゃないが、この映画、1960年代のイギリスの若いのに愛された音楽が出てきます。 ですがロックファンじゃなくとも楽しめる映画です。 お話の方は、1960年代半ばを舞台にして、労働者層の息子ジミー・クーパーという青年を中心に、労働者階級の若者達の切...

  •  0
  •  0

一夜一話の “今日はElectronic, Rock, Funk / Soul だよ”  シュギー・オーティス

 今日の一枚は、シュギー・オーティスの「Inspiration Information」だよ。 これ、知らなかった。私の人生をスルーしてました。出会えて感激! スゲーかっこいいクールなサウンドです。 何がって、1974年の録音ってことが信じられない、そんなサウンドです。 つまり、当時としては斬新過ぎた。 どんなサウンドか? それは外国のサイトによると、Electronic, Rock, Funk / Soul。 えって思うかもしれないけれど、聴けば分か...

  •  0
  •  0

2年前・4年前・6年前の9月、一夜一話。(2016年9月・2014年9月・2012年9月の掲載記事)

◆2年前の9月に掲載した映画です。  映画の画像をクリックしてお読みください。  2年前の9月の掲載記事全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。  <2016年9月 Archive>「風の又三郎」監督:島耕二映画音楽に魅せられて 「イン・ザ・プール」監督:三木聡 オダギリジョー松尾スズキ、市川実和子 「泥の河」監督:小栗康平田村高廣、加賀まりこ 「舞妓はレディ」監督:周防正行上白石萌音、富司純子 <...

  •  0
  •  0