FC2ブログ

Home > 2018年11月02日

2018年11月02日 Archive

「カキフライが無いなら来なかった」, 「まさかジープで来るとは」 せきしろ, 又吉 直樹 (著) ・・最近読んだ本。

  • Posted by: やまなか
  • 2018-11-02 Fri 06:00:00
  • 書評
1_201810301431350e8.png




5_20181030154001b5c.jpg
 せきしろ, 又吉 直樹の両氏が詠んだ俳句の本。

 俳句と聞いて、即スルーしないで欲しい。
 例えば、本の題名、これがすでに俳句作品のひとつ。
 こういうのを、五七五の形式をとらないから、自由律俳句というらしい。

 どの句も、身の周りの断片を、普通の感覚ですくい上げている。
 「カキフライが無いなら来なかった」と、この句はつぶやく。
 すると何故か「ああ、そうだよね」と、思える。(話の前後の様子が分からないのに・・)
 これが魅力。
(共感し、ほっとする一瞬。ここがエンターテイメント)

 俳句は大きなフォントで表され、1ページに2句か3句、多くて4句。
 だから、ページが進む。
 そうすると、次々にいろんな情景が立ち現れ、ある種の疾走感。
 これが気持ちいい。
 そして心の底にある気持ちが、そっと騒ぐ。 


 
 思えば例えば、ある朝、着替えして、部屋を出、いつもの道を10分歩いて駅へ、電車に乗って30分、目的の駅で降り、ちょっと時間があるので牛丼屋で朝飯を食った、としよう。
 誰しも、この間に、道で、ホームで、車内で、店内で、何かを見て、一瞬何かを感じている。言葉にしないが・・。
 その言葉にしないが・・をこの本は、読者に代わって、巧みに「つぶやきの言葉」にしてくれている。 (悪口の「つぶやき」はありません)


 この2冊、図書館で見つけた。
 なんとなく、今風の詩か俳句か短歌が読みたくて、図書館の詩のコーナーに居たんだけれど・・。
 国語の授業で名を聞いた詩人俳人から俵万智あたりまで、たくさん本が並んでるが、手に取ってみると、どれも古臭く、特別な人の独特の世界観が面倒くさい。
 せきしろ, 又吉 直樹の句は、どちらかと言えば読者が新聞に投稿している川柳とかにに近い。
 しかし、その川柳は、型をなぞり、どこか気取っている感がする。

 取り上げた2冊は、両氏の撮った街風景の写真や散文も掲載されていて飽きさせない。
 気軽にどうぞ。どのページからでも読み始められます。



スポンサーサイト

Index of all entries

Home > 2018年11月02日

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top