Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「時計じかけのオレンジ」  監督:スタンリー・キューブリック

映画「時計じかけのオレンジ」  監督:スタンリー・キューブリック

上1 70                       上0

  原作が1962年、映画が1971年。当時としては、衝撃的だったんだろう。
  そもそもが、お上品なテーブルの上で構築された お話だから、それゆえに今の眼で観ると、なんとも可愛らしい。

組0  ロンドンに住む、中流のいい家の子・アレックス15歳と、彼の手下3人の男の子たちのワル・グループ。時は、そんなに遠くないイギリスの未来の話らしい。
  舞台はロンドン郊外、敵対するグループとの縄張り争い、婦女暴行、ホームレス殺し、窃盗、仲間割れ。そして、アレックスは金持ちのおばさんを殺し、刑務所行き。

中0  ナチス的な雰囲気の刑務所で、アレックスは好色な視線を浴びながら、模範的いい子であった。
  ここから話は大きく展開するが、アレックスは残る刑期と引き換えに、ある実験モルモットになることを志願する。特別な薬剤を注射された後に、まぶたを閉じることが出来ぬ状態で、暴行のシーン、強姦のシーン、ナチスドイツ軍パレードを長時間、何回も見せられる。結果、彼が乱暴しようとすると、吐き気がして乱暴できない、そういう精神状態を作り出す実験であった。実験は成功し、時の政府は刑務所に服役中の犯罪者たちに対して、この療法を実施し全員を出所させ、替わりに空いた刑務所を政治犯収容に当てる計画。  この療法の成功はマスコミを賑わし、政治家や反政府な人々までもが、アレックスを大いに利用した。
  出所したアレックスは、ホームシックな気持ちで自宅に帰ったが、彼の居場所はすでに無かった。さらに、彼を待ち構えていたかのように、かつての手下やホームレスから仕返しを食らう。悲観したアレックスはついに、窓から飛び降りるのであったが・・・。
  反ユートピアを描いている映画だが、銃が出てこないことは、いいことだ。
  先がとがった物がダメな、先端恐怖症の方には、痛い映画!

下70オリジナル・タイトル:A Clockwork Orange|
監督・脚本:スタンリー・キューブリック|アメリカ|1971年|136分|
原作:アンソニー・バージェス|撮影:ジョン・オルコット|
出演:アレックス:マルコム・マクダウェル|ディム:ウォーレン・クラーク|ジョージー:ジェームズ・マーカス|ホームレス老人:ポール・ファレル|ビリー・ボーイ:リチャード・コンノート|ミスター・フランク:パトリック・マギー|ミセス・アレクサンダー:エイドリアン・コリ|キャットレディ:ミリアム・カーリン|デルトイド:オーブリー・モリス|トム:スティーヴン・バーコフ|バーンズ看守長:マイケル・ベイツ|刑務所の牧師:ゴッドフリー・クイグリー|女医:マッジ・ライアン|下0 80

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。
   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1007-de6e7ca5
Listed below are links to weblogs that reference
映画「時計じかけのオレンジ」  監督:スタンリー・キューブリック from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「時計じかけのオレンジ」  監督:スタンリー・キューブリック

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top