Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「濡れた赫い糸」  監督:望月六郎

映画「濡れた赫い糸」  監督:望月六郎

上

組1-0  喜劇です。
  この映画、一言で言うと、玄人受けする映画だ。
  大した物語性もないスカスカな話だし、いかにも低予算で製作されている。だが、味のある作品。

  世の中をとっくに諦めたあとの、けだるい空気が映画を抱きしめている。そこには、生まれつき世間から外れた者の慎ましさ、持て余し、もてあそぶ長生きしたくない人生、一時の享楽、時に狂気が、丹念に描かれている。それが観えるか観えないか。
  
  忍川という駅を降りた、この街が舞台だ。
  街のはずれにある忍山新地、どうしようもない連中が吹き溜まっている、場末の売春街。客引きのおばちゃんが、薄暗い路地を行く男たちに声をかけている。「にいちゃん、あれしよ。」 来る客層も世間からはぐれたおっさんか、学生。

  茂という男が一目惚れした女、一美が言う。「どこでもいいから、連れてって。」 誰もが、こんな日々から、いつか抜け出したい。一美は忍山新地の女であった。
  茂は一美のツレとなって、忍山新地の旅館組合の一員となった。だが、一美のパトロンの組長が出所して、ふいと茂の前から消えて、一美は元のさやに納まった。
  次に出会った小柄な女は、援交で食っている恵利。この女が、茂を手玉にとる。とられて、恵利の魔性にはまった茂は、兄のようにふるまう。だが、生活が行き詰り、ふたりは忍山新地で生きることになる。このことが、のちに忍山新地を揺るがすことになるのであった。
下
  恵利役の、吉井怜の魔性が光る。映画を陰から渋く支えるのが、足を洗ったヤクザで 忍山新地の三人の女のヒモで 旅館組合の組長・奥田瑛二。

監督:望月六郎|2005年|103分|
原作:山之内幸夫・『実録・女師 遊廓 信太山エレジー』|脚本:石川均|撮影:田中一成|
出演:北村一輝:茂|高岡早紀:一美|吉井怜:恵利|奥田瑛二:中沢|佐倉萌|諏訪太朗|大浦龍宇一|








【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1020-a16d1573
Listed below are links to weblogs that reference
映画「濡れた赫い糸」  監督:望月六郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「濡れた赫い糸」  監督:望月六郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top