Home > 書評 > 最近読んだ本から、ピックアップ。 「ジャーナリズム崩壊」   「報道の脳死」   「ショック・ドクトリン」

最近読んだ本から、ピックアップ。 「ジャーナリズム崩壊」   「報道の脳死」   「ショック・ドクトリン」

  • Posted by: やまなか
  • 2014-07-14 Mon 06:00:00
  • 書評
 ◆ 最近読んだ本から、3冊をピックアップしました。

「ジャーナリズム崩壊」  上杉隆・著     幻冬舎新書089 2008年発行
「報道の脳死」       烏賀陽弘道・著  新潮新書467  2012年発行

  以前から既にそうかもしれないが、こと3.11以降や第2次安倍内閣になってからの、新聞・テレビの報道に、大いなる違和感を感じている方々にお勧めです。
  なんだか日本のマスコミは、やばいと薄々感じていたが、この本を読んで、「報道のウラで、報道人が何をやっているのか」 が、ハッキリして来て、すごく憤りを覚えます。
  上杉隆氏が本の冒頭で言う、ジャーナリズムとワイヤーサービスの違いや、日本と海外マスコミの記者の仕事の違いをまず知ってから、この2冊を読むといいです。また、烏賀陽弘道氏の本を読んで、マスコミ各社の横並びの記事内容、政府お膳立てセレモニー記事、ニュースリリースのリライト記事など、記者の問題意識はどこに行ったんだろうか、と思います。
  なお、上杉隆氏はNHK、ニューヨークタイムズ東京支局を経験、烏賀陽弘道氏は朝日新聞を経験した記者であり、現在はともにフリー。上

<目次>
「ジャーナリズム崩壊」
第1章 日本にジャーナリズムは存在するか?
第2章 お笑い記者クラブ
第3章 ジャーナリストの誇りと責任
第4章 記者クラブとは何か
第5章 健全なジャーナリズムとは

「報道の脳死」 
第1章 新聞の記事はなぜ陳腐なのか
第2章 「断片化」が脳死状態を生んだ
第3章 記者会見は誰のためのものか
第4章 これからの報道の話をしよう
第5章 蘇生の可能性とは
「ショック・ドクトリン  惨事便乗型 資本主義の正体を暴く」  ナオミ・クライン・著  岩波書店:2011年発行  原著:2007年発行

  市場原理主義や新自由主義という手法は、どういうものなのか、何ゆえに批判されるのかを知る本。
  著者が批判するのは、シカゴ大学の経済学者フリードマン率いるシカゴ学派が、1970年から30年以上にわたって世界各国で行って来た反革命運動。社会福祉政策を重視し、政府の介入を是認する「ケインズ主義」に反対し、いっさいの規制や介入を排して、自由市場のメカニズムに任せれば、自ずから均衡状態が生まれるという考えに基づく改革運動。著者はこの手法をショック・ドクトリンと呼ぶ。
  シカゴ学派の経済学者は、ある社会が政変や自然災害などの危機に見舞われた時、人々がショック状態に陥って、なんの抵抗も出来なくなった時こそ、「市場原理主義」に基づく経済政策を一気に導入する最大のチャンスと捉え、この手法をこれまで世界各地で実践してきた。
  フリードマンのこの過激な自由市場経済は、市場原理主義、新自由主義と呼ばれている。軍事までも含めた徹底した民営化と規制撤廃、自由貿易、福祉と医療などの社会支出の削減を柱とする。この経済政策は、大企業や多国籍企業、投資家の利害と密接に連携するものであって、貧富の格差拡大やテロ攻撃等の社会的緊張増大につながる悪しきイデオロギーだと著者は言っている。
  ショック・ドクトリンの実際の適用事例として、チリのクーデターをはじめとする70年代のラテンアメリカ諸国、サッチャー政権時、ポーランドの連帯後、鄧小平の自由主義経済導入と天安門事件、アパルトヘイト後の南アフリカ、ソ連崩壊時、アジア経済危機、9.11後の米国とイラク戦争、スマトラ沖津波後、米国南部を襲ったハリケーン・カトリーナ後など、種々の例をあげて、ここ30年の現代史に沿って各ケースを検証する。
  自由と民主主義の美名のもとに語られてきた、復興・改革・グローバリゼーションの裏に、暴力的破壊的ショック・ドクトリンが存在したことを暴いている。
  ぜひ、読んでいただきたい。目からうろことは、このことだ。今の政治や経済がはっきりと見えてきた。

<目次>
上巻目次                            ◆下巻目次
序 章 ブランク・イズ・ビューティフル               第五部 ショックの時代――惨事便乗型資本主義複合体の台頭
第一部 ふたりのショック博士―研究と開発              第14章 米国内版ショック療法
  第1章 ショック博士の拷問実験室                  第15章 コーポラティズム国
  第2章 もう一人のショック博士                 第六部 暴力への回帰―イラクへのショック攻撃
第二部 最初の実験―産みの苦しみ                  第16章 イラク抹消
  第3章 ショック状態に投げ込まれた国々              第17章 因果応報
  第4章 徹底的な浄化                         第18章 吹き飛んだ楽観論
  第5章 「まったく無関係」                    第七部 増殖するグリーンゾーン―バッファーゾーンと防御壁
第三部 民主主義を生き延びる―法律で作られた爆弾        第19章 一掃された海辺
  第6章 戦争に救われた鉄の女                    第20章 災害アパルトヘイト
  第7章 新しいショック博士                       第21章 二の次にされる和平
  第8章 危機こそ絶好のチャンス                終 章 ショックからの覚醒
第四部 ロスト・イン・トランジション―移行期の混乱に乗じて
  第9章 「歴史は終わった」のか?
  第10章 鎖につながれた民主主義の誕生
  第11章 燃え尽きた幼き民主主義の火  第12章 資本主義への猛進
  第13章 拱手傍観
上巻目次     
  第13章 拱手傍観


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1023-1cb8950a
Listed below are links to weblogs that reference
最近読んだ本から、ピックアップ。 「ジャーナリズム崩壊」   「報道の脳死」   「ショック・ドクトリン」 from 一夜一話

Home > 書評 > 最近読んだ本から、ピックアップ。 「ジャーナリズム崩壊」   「報道の脳死」   「ショック・ドクトリン」

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top