Home > クラシック音楽 > ギョーム・ド・マショー (1300-1377) 「ノートル・ダム・ミサ」  ヴォーカル・アンサンブル カペラ定期公演  

ギョーム・ド・マショー (1300-1377) 「ノートル・ダム・ミサ」  ヴォーカル・アンサンブル カペラ定期公演  

上
  14世紀初頭の人、ギョーム・ド・マショー、15世紀のオケゲム、15~16世紀のジョスカン・デ・プレなんか好きですね。一時は、CDを聴きまくってました。
  このルネサンス時代(ジャンル?)のCDには、anonymousの標記、つまり作者不明の曲が結構入っている。曲だけが、後世に伝わっている。 まだまだ未解明な領域があるようです。
  合唱曲は基本、アカペラ。あわせて伴奏付世俗歌曲(当時のポピュラーソング)も作曲しています。合唱曲は、なにも知らないで聴くと、現代音楽のように聴こえる曲もあり、不思議。
  でも、このジャンルのコンサートは、なかなか無い。   

  ヴォーカル・アンサンブル カペラは、今回初めて聴きました。
  歌に、しなやかさや抑揚を加えて、優雅さ、情緒性を表現しようとしているように感じた。ちょっと残念。
  もっと張りのある、力強い声を維持しながら、声と声が互いに接触し微妙な響きの多声が、教会の大きな空間で音響反射(リバーブ)して、ダイナミックに音楽になる。そんなことを期待していたのですが、こじんまりとした女性的な演奏でした。

  教会でのコンサートも初めてです。
  聖アンセルモ・カトリック目黒教会も初めて入りました。
  こうした古い教会音楽が好きなのに、教会という宗教的空間に行くことに、今までは いささかの違和感がありました。しかし、これを機会に今後は行くことにします。
  この教会は、2階席が比較的良い響きです。はじめ1階うしろで聴いていましたが、その辺の席ではリバーブ音のお尻が妙に変化します。
  教会で聴く経験は、ほかに無いですが、もっと響きのいい教会はありそうに思いました。

 お聴きになるなら、CDは多数あります。
  ナクソス(NAXOS)といえば廉価版というイメージもあるかと思いますが、演奏家が有名でないだけで、演奏はいいものが多いです。ギョーム・ド・マショーはじめNAXOSのアーリー・ミュージック・ジャンルの品ぞろえは豊富です。NAXOS以外では国内版より輸入盤がはるかにたくさんありますね。下記に少し挙げます。

1-1_2014072411572152f.jpg     1-3_20140724115721c18.jpg     1-2_20140724115721630.jpg
マショー(NAXOS)           マショー                 マショー

1-4_20140724115721534.jpg     1-5.jpg       1-7.jpg     
オケゲム(NAXOS)          オケゲム・ジョスカン(NAXOS)     ジョスカン

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1036-79681108
Listed below are links to weblogs that reference
ギョーム・ド・マショー (1300-1377) 「ノートル・ダム・ミサ」  ヴォーカル・アンサンブル カペラ定期公演   from 一夜一話

Home > クラシック音楽 > ギョーム・ド・マショー (1300-1377) 「ノートル・ダム・ミサ」  ヴォーカル・アンサンブル カペラ定期公演  

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top