Home > 一話 > 「(続) 非・京都観光ぶらり街歩き、そして貴船の川床」  貴船? それって ド観光じゃ ありませんか!  

「(続) 非・京都観光ぶらり街歩き、そして貴船の川床」  貴船? それって ド観光じゃ ありませんか!  

  • Posted by: やまなか
  • 2014-08-03 Sun 06:00:00
  • 一話
1. 非・京都観光ぶらり街歩き ~ 寺町御池から三条界隈   (7/24掲載済み。こちらからご覧ください)

上
2. 貴船の川床 ~ それって ド観光じゃ ありませんか!
  出町柳駅から貴船口駅まで、叡山電鉄はゆっくり走って30分。
  貴船口駅に近づく頃には、箱根登山電車のように緑の谷あいを走り、渓流を下に見ながらの光景になる。

  ホームは、緑に覆われている。やはり街中より涼しい。
  電車には結構な人数が乗っていたが、そのほとんどが、ここで下車。みんな川床に行くんだ。そう、弟も私も、ド観光客。(笑)


中
  駅前には、川床のお店から、各々送迎バスが迎えに来ている。対向車ギリギリの狭い道を抜け数分で到着。
  途中、左手に貴船神社がある。道に沿って右側、数メートル下に川が流れてる。どの店も、川に床を設置している。
  案内されて階段を下り、川床へ。
  貴船川床、私は今回が初めて。ちょっと新鮮。

組1-00000  床にはまだ誰もいない。いま電車で来た一群が今日最初の客。
  座ると、床の下を流れる渓流のせせらぎだけが聞こえる。 川上からは、涼風が絶え間なく吹いてくる。
  なるほど、別世界だ。
  見上げると道側は、よしずで目隠しされている。山側は、川を覆う木々の幹や大きな岩や木の根っこが見える。すなおに言えば、海水浴場の海の家を少し上等にした感じ。

中2  きれいな姉さん方は、みな涼しげな和服姿。
  まずはビール。クハーッ! 良い。
  料理は、ゆっくりしたペースで運ばれてくる。大瓶2本飲んで、日本酒ぬる燗に切り替えた。

  貴船の川床は、そもそも京都庶民の行楽地の催しであったのかもしれない。
  例えば、貴船のお隣の八瀬遊園や伏見桃山城の遊園地で遊ぶ、比叡山でスキー、琵琶湖や木津で泳ぐ、そして叡山や貴船の茶屋で避暑。
下0  その貴船の茶屋が、今や全国ベースの観光地となり、中には温泉旅館の体裁をとる店もあるくらいだ。だから、いい値段をとる。とるがその料理は正直がっかりなもの。ただし、そんな値段なんだから、美味しいんだと自分に言い聞かせることができる人には、問題ない。
  鴨川の川床(つまり、「ゆか」)も、そんなに美味しくはないが、ま、川面に漂ってる先斗町の色香も値段に入っている。
  貴船は、緑と川風を楽しむのが基本。だから、あの値段に緑と川風が含んでいるんでしょう。

  帰りはもちろん叡電。 
  前回、「寺町通り」の話をした時に出てきた お寺 「妙満寺」が、途中駅の木野駅にある。
  出町柳に着くと、ああ暑い暑い。貴船さまさまでした。

地図0






 この記事の前半は、こちらからご覧ください。
 「 1. 非・京都観光ぶらり街歩き ~ 寺町御池から三条界隈」


  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1038-5513f841
Listed below are links to weblogs that reference
「(続) 非・京都観光ぶらり街歩き、そして貴船の川床」  貴船? それって ド観光じゃ ありませんか!   from 一夜一話

Home > 一話 > 「(続) 非・京都観光ぶらり街歩き、そして貴船の川床」  貴船? それって ド観光じゃ ありませんか!  

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top