Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「時代屋の女房」  監督:森崎東  主演:夏目雅子、渡瀬恒彦

映画「時代屋の女房」  監督:森崎東  主演:夏目雅子、渡瀬恒彦

上2

組1-0  夏目雅子26歳の映画。
  なんと言っても、夏目雅子がすばらしい。彼女の巧まざる魅力が溢れている。これを愛でる映画。

  話自体は、どうということはない。
  東京の下町、品川区大井の商店街周辺の街。
  アンティークショップというよりも、古道具屋 「時代屋」のあるじ・ヤス(渡瀬恒彦)の店に、身ひとつでふらりと現れ、その日からヤスの女房風になる真弓(夏目雅子)。ヤスと真弓は、その一瞬から愛し合うこととなった。
  真弓は店の手伝いや家事、また東北への古道具買い付けの旅と、いつもヤスと一緒に過ごした。だが時折、何処かへ行ってしまうこと数回。ふらりと来たんだから、またどこかへ行ってしまう。その度にヤスは、一喜一憂気もそぞろ、仮想の相手に嫉妬したり、失恋事態に陥ったり。だが、真弓はケロッとして帰って来て、ふたりはまた日常に戻るのであった。

上0  物語は、過ぎ去った過去への哀愁をにじませている。これを感じれるか、どうか・・・。(
  つまり、時代屋のヤス(渡瀬恒彦)や、近所の喫茶店のマスター(津川雅彦)の、生きる中途半端さは、過ぎ去った’60~’70年代の同時代的な空気への、漠とした愛着と憂いを、未だに引きずっているが故。明日を模索する、その一歩手前で踏みとどまっている男の生きざまだ。
  物語はさらに、どこからともなくやって来て、一つ所にとどまらない風来坊な女を主役に据える。自らの出自や過去を語らず、何の前触れなく街に現れる女。そんな女の素敵に魅かれる風の時代がある。1960~70年代がそうだったような気がする。

  だから要するに、’60~’70年代に培われた同時代観に共鳴できないと、この映画、夏目雅子を除いては、味もそっけもない映画にしかみえないだろう。また、風来坊な女を、蓮っ葉な女、よそ者というように良く思わない向きにも、不向きな映画だろう。

  今は、ファッションインテリアとして普通になってしまったアンティークだが、’60年代後半くらいからかな、若いのが集まってライブをやったり、ブルースのレコード聴かせたり、詩人が来たり政治を語ったりの喫茶店や飲み屋に、それまで誰も見向きもしなかったアンティークな品々がドライフラワーと共に店内に置かれるようになっていた。こんなことも、時代屋という店の背景にある。


  ()ヤスの出自と喫茶店のマスター
  実は、この映画、幾つものエピソードが散らかっているため、ぼーっと観てると、話がよく分からない。
  なので、ヤスと喫茶店のマスター、この二人の男に注目して観るといい。
  ヤスの父親は業界の重鎮か政治家なのか? 死亡記事が朝刊に載った。病死であった。父親がまだ入院中のある日、後妻の菊池松江(朝丘雪路)がヤスを訪ねて来て、余命わずかであることを告げる。この女は、ヤスの乳母であった。なるほど、いい家の子なのだ。そのヤスは長い間、父親と会っていなかった。そして父は逝った。ヤスの反抗の青春に寄り添ったのは、’60~’70年代の抵抗の時代の風であった。
  近所で喫茶店をやっている、好色なマスター(津川雅彦)は、今もって独身でふらりふらりの身過ぎ世過ぎ、ヤスとは飲み友達だ。若いころは60年安保闘争に燃えていた。少年期は、闇市の中で育ったらしい。

中0監督:森崎東|1983年|97分|
原作:村松友視|脚本:荒井晴彦、長尾啓司、森崎東|撮影:竹村博|
出演:名のある人物の倅。生来、骨董好き、時代屋のあるじ・ヤス(渡瀬恒彦)|主人公の真弓(夏目雅子)1957 - 1985|高卒で東京に出て来て化粧品会社に就職し6年目。結婚を控え明日実家に帰る、美郷(夏目雅子・・・一人二役)|少年時代は闇市で育った喫茶のマスター、60年安保闘争に加わっていたらしい(津川雅彦)|同店で働くユキちゃん(中山貴美子)|同じく渡辺クン(趙方豪)|15歳の時、駆け落ちに失敗した。線路わきのクリーニング店の今井さん(大坂志郎)|古いトランクを時代屋に売りに来たクリーニング店の奥さん(初井言栄)|飲み屋トン吉のおやじ(藤木悠)|卍がための、トン吉のおかみ(藤田弓子)|ヤスの乳母&父親の後妻さん・菊池松江(朝丘雪路)|真弓と出会った自殺しようとしていた若者(沖田浩之)|美郷と結婚する鈴木健一(この頃は、まだまだ若く元気だった平田満)|東北弁の平野旅館主人(坂野比呂志)|


 夏目雅子主演の映画「魚影の群れ」 (監督:相米慎二)のレビューは、こちらから、ご覧ください。

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。
   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1043-91128e5a
Listed below are links to weblogs that reference
映画「時代屋の女房」  監督:森崎東  主演:夏目雅子、渡瀬恒彦 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「時代屋の女房」  監督:森崎東  主演:夏目雅子、渡瀬恒彦

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top