Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「極道ペテン師」  監督:千野皓司  主演:フランキー堺

映画「極道ペテン師」  監督:千野皓司  主演:フランキー堺

上

組1-0  濃いコメディーだ。
  ペテン師、詐欺師に、詐話師、いかさま師。
  この題材、大阪を舞台するのがよく似合う。
  同類の大阪映画、一夜一話ではこれで3本目。(下に映画リスト) 

  なにしろ、楽して儲けようという男たち。
  楽して儲けるには、儲けのタネを見つけ出し、汗水たらし頭使って仕掛けをして・・・ああ結構楽じゃない。
  生駒のぼろ寺・珍大寺の和尚(曽我廼家明蝶)を騙して、新興宗教まがいをおっ立て教祖を演じ、おばちゃん信者をぎょーさん集めて、寺は大繁盛。喜ぶ和尚! その隙に、この寺の不動産を売り飛ばす。
  MHK集金人(殿山泰司)が、時の大臣にそっくりなのを利用した。ほんとの大臣が、ある企業の工場視察をするのを聞き入れた。当日、視察に向かう車を迷わせ、その隙に、偽大臣一行が先回りして工場視察。工場から大臣への献金を、まんまと横取り。 

組2-0  詐欺グループの若きリーダー・カンパイ(フランキー堺)は、工場視察の最中に、工場に勤める八重(朝丘雪路)に再会した。戦時中に、ふたりは出会い、淡い恋をした仲であった。そして、八重には子がいた。ラスト近くでわかるが、八重は、この子を人の良いカンパイに預けたかった。
  それでだ。「父ちゃん、父ちゃん」と、やたらしつこく付いまわる子供が突然、カンパイの前に現れた。もちろん、身に覚えは無い。何も知らないカンパイは、暇に任せて母親探しを始めるが、見つからない。
  しかし、この子、口達者でませている。男たちの仕事現場まで付いて来て邪魔をする。それがあまりに酷いので、殺したろか!が、段々本気になろうとするころ、子は空き地にあった不発弾で爆死してしまう。さあ、これからは観てのお楽しみ。

  ま、この他にも、いろんなエピソードをつなぎ合わせてるので散漫さはある。が、喜劇ですから、そこそこスピード感ありますから、これくらいの数のエピソードがあってトントン話が進まないと、逆につまらない。
  で、たぶん、この映画の一番の見どころは、金と女とブルーフィルムに、安酒とホルモン焼きを、こよなく愛す男たちの、軽くて深~い生きざまだ。

下85

  緑の古い阪堺線、濃緑のラインが走る南海電車、古枕木利用の線路柵、そんで堺の美々卯! ・・・どれも、いにしえ。


下0監督:千野皓司|1969年|93分|
原作:野坂昭如「ゲリラの群れ」|脚色:村井良雄、千野皓司|撮影:姫田真佐久|
出演:フランキー堺(カンパイ)|大辻伺郎(印鑑屋)|伴淳三郎(ブック)|南利明(挨拶屋)|世志凡太(葬式屋)|朝丘雪路(八重ちゃん)|川喜多純子(ユリ)|二宮博見(ケン坊)|島米八(キンちゃん)|曽我廼家明蝶(和尚)|松井康子(ミチコ)|梶芽衣子(アケミ)|清川虹子(オタケ)|殿山泰司(MHK集金人)|佐藤サブロウ(檀家総代)|福地トモ(挨拶屋の女)|尾名昭造(親分)|伝法三千雄(エロ事師)|丹羽志津(マンションの女)|臼井かつみ(へソナル電気社員)|

映画リスト

<大阪>
  「猫と鰹節  ~ ある詐話師の物語」  監督:堀川弘通  森繁久彌 、三木のり平、千葉信男、伴淳三郎、ミッキー・カーチス ほか
  「現代インチキ物語 騙し屋 (だましや)」  監督:増村保造  曽我廼家明蝶、伊藤雄之助、船越英二、犬塚弘 ほか

<大阪以外>
  スリ師  「白昼堂々」  監督:野村芳太郎  渥美清、倍賞千恵子、藤岡琢也 、有島一郎、フランキー堺 ほか
  偽物衣料の行商  「狐と狸」  監督:千葉泰樹  加東大介、小林桂樹、山茶花究、清川虹子、左卜全 ほか 

<新興宗教> 
  お薦めです。  「教祖誕生」  監督:天間敏広  原作:北野武  萩原聖人、北野武、岸部一徳 ほか


一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。
   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1044-8dc87667
Listed below are links to weblogs that reference
映画「極道ペテン師」  監督:千野皓司  主演:フランキー堺 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「極道ペテン師」  監督:千野皓司  主演:フランキー堺

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top