Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ソウルガールズ」  監督:ウェイン・ブレア  2012年 オーストラリア映画

映画「ソウルガールズ」  監督:ウェイン・ブレア  2012年 オーストラリア映画

上

  ’60年代のソウルミュージックが、ギッシリつまってる、ご機嫌な映画。
  そして、オーストラリア先住民のことを少し知ることができる映画でもある。

中 880  長女ゲイルと妹のジュリー、シンシアの3人が、地元の歌自慢コンクールで歌うシーンが冒頭にある。のちに彼女たちのマネジャーになる男・デイヴが、フェンダー・ローズ (エレクトリック・ピアノ)で、おもむろに伴奏し始める。 ここが良い! 
  歌の途中から、軽~く ローズの甘いフレーズが寄り添う。ぐっと来る。これがソウルへいざなう導火線。ここん所で、あなたの魂に火が付けば、楽しい限り。
  ただし、この歌自慢コンクールは、白人主催で出演者も観客も白人ばかり。我々は、このシーンで有色人種差別の現場を見ることになる。ゲイルたちは、徹底的に無視される。観客は帰り出す。ただ、デイブだけは、違った。彼は、ゲイルたちの歌唱力に惚れた。
  どうでもいいことだが、デイブが弾くこのピアノ「Fender RHODES」 の、ロゴ(金属製エンブレム)が取れてネジ穴だけになっているところが凝ってる。(写真)

  ソウルガールズは、4人の女の子たちのこと。ゲイルの三姉妹に、プラスあと1人は、従妹のケイ。
  実は彼女たちは、オーストラリア先住民で、街からずっと離れた居住地域に住んでいた。小さいころから、この4人は歌うことが何より好きで、居住地区の仮設ステージ(トラックの荷台)で歌い、みんなを楽しませていた。

組1-0  1960年後半のころから話は始まる。
  当時、ベトナム戦争真っ最中の米軍が、戦地で兵士慰安のコンサートに出演・巡業する慰問団(ミュージシャン)を募集していた。この広告を見たゲイル三姉妹は、従妹のケイを誘い、押しかけマネジャー兼音楽プロデューサーのデイヴの助けを借りて、米軍のオーディションに挑戦。結果、みごとパスし、サイゴンに向かった。グループ名はサファイアズ。
  彼女たち4人とデイヴそして楽団は、サイゴンを振りだしに、戦場の各地を巡って思いっきり歌うことになる。その間、兵士たちとの出会いと恋があり、リードボーカルのジュリーがスカウトされアメリカ行を打診されたり、慰問団の安全を確保する武装ガードが打ち切られたり、南ベトナム解放民族戦線の奇襲攻撃を受けたり・・・。とりわけ、当初から反目し合っていたゲイルとデイヴが、恋に落ちる。(奇襲攻撃シーンは、音響効果がリアル。ヒュンヒュンと銃弾が耳をかすめる。戦場にいるようで怖い。)
  戦場での野外コンサートは、小さな仮設ステージであったり、無数の兵士を前にしての夜の大ステージであったり、また傷病兵たちを慰問するためベッドサイドでも歌った。

  ここで、従妹のケイの話。彼女だけ肌の色が白い。(上の写真の左から2人目)
  ケイが少女のころ、警察官など白人たちによって彼女は拉致される。そして白人社会に適応させるため、強制的に白人家庭に引き取られ育てられた。
  ケイのような「混血のオーストラリア先住民は白人に近い存在」という考えで、国は幼い子供たちを「保護」し、キリスト教化した。これはアポリジニ保護隔離と同化政策。つまり、白豪主義的な人種差別政策である。 
  ちなみにオーストラリア先住民の市民権は1967年になってようやく認められた。この映画は、そんなころのお話。
  拉致されてから10年、ケイは親や友人たちから引き離され、街の白人家庭で白人として育てられ、現在はその家から病院に通勤し清掃婦をしている。
  次のシーンも印象に残る。戦地で瀕死の重傷を負った白人兵士に応急手当てをしようとしたケイは、その兵士に言われる。「黒い手で触るな、黒犬!」 だが、そう言いいながら兵士はすぐに息を引きとった。

組2-0
  演奏シーンや挿入歌の多くは、ジュリー役のジェシカ・マーボイが実際に歌っている。だから、そのサウンドは、’60年代を尊重しながらも現代的。ドラムなんか、かっこいい。
  白豪主義:オーストラリアの白人最優先主義とそれに基づく有色人種への排除政策。
中2

  





上左から時計回りで、ジュリー、ゲイル、シンシア、ケイ。


下オリジナル・タイトル:The Sapphires
監督:ウェイン・ブレア|オーストラリア|2012年|98分|
原作:トニー・ブリッグス|脚本:キース・トンプソン、トニー・ブリッグス|撮影:ワーウィック・ソーントン|音楽プロデューサー:ブライアン・ジョーンズ|
出演:デボラ・メイルマン(ゲイル)|ジェシカ・マーボイ(ジュリー)|ミランダ・タプセル(シンシア)|シャリ・セベンズ(ケイ)|クリス・オダウド(デイヴ)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。
   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1055-38393254
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ソウルガールズ」  監督:ウェイン・ブレア  2012年 オーストラリア映画 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ソウルガールズ」  監督:ウェイン・ブレア  2012年 オーストラリア映画

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top