Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「365日のシンプルライフ」  監督:ペトリ・ルーッカイネン  2013年 フィンランド映画

映画「365日のシンプルライフ」  監督:ペトリ・ルーッカイネン  2013年 フィンランド映画

上
  北欧、フィンランドのヘルシンキ。
  ある夜、素っ裸で走る男がいた。 

  一人住まいのこの男、持ち物のすべてを、パソコン、スマホはもちろんパンツ1枚まで全~部、近所のトランクルームに預けてしまったのだ。
  こんなことを考えるきっかけは、彼女に振られたからだが、彼は常々、たくさんのモノに囲まれた生活が、嫌になっていたらしい。

組1-0  本当に必要最低限のモノとは、一体なんなのか?
  要らないモノをリストアップするという、引き算思考で考えていては、必要最低限のモノが見えてこない。

中  そんな訳で、とりあえず、持っているモノすべて、全部をトランクルームに運び入れた。
  文字通り裸一貫、身ひとつになってみる実験。ただし、正確には、トランクルームのキーだけは、持っている。
  さて、これから始まるゲームのルールは、一日一個だけ、トランクルームからモノを出せる。

  預けたその夜、裸で、がらんとした部屋にいる。寒さが身に染みる。
  まずは、最初のひとつ、何が必要か・・・、考えた。その結果はコートだった。毛布の代わりにもなるし、外出できなくもない。
  で、人目を避けてその夜、トランクルームまで、まっしぐらに突っ走った。裸で。寒いよね。
  それから毎日、一個ずつ、モノが増えていく。さてさて、このお話、その先どうなりますやら。

組2-0  この映画は監督が以前に実際に行ったことを、自作自演で映画にした作品。
  ある程度までモノが身の周りに戻してしまうと、もうトランクルームから何も引き出さなくなる。その時点で、最低限度必要なモノが何かが分かった、というお話。それにしても一番分かったことは、家と彼女は絶対必要、という事かもしれません。
  監督が実際にやった時に、その様子を毎日 YouTube からライブで流した方が、面白かったでしょう。
  ま、レンタルになったら観ましょう。

オリジナル・タイトル:Tavarataivas (=モノ天国)
監督:ペトリ・ルーッカイネン|フィンランド|2013年|80分|
出演:ペトリ・ルーッカイネンほか、彼の家族と友人たち

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   邦画の題名から探す。  監督名から探す。       洋画の題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1064-536709dc
Listed below are links to weblogs that reference
映画「365日のシンプルライフ」  監督:ペトリ・ルーッカイネン  2013年 フィンランド映画 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「365日のシンプルライフ」  監督:ペトリ・ルーッカイネン  2013年 フィンランド映画

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top