Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「最愛の夏」  監督:チャン・ツォーチ

映画「最愛の夏」  監督:チャン・ツォーチ

上                 上2
アビンとカンイ

  穏やかな日常描写と、不幸な出来事とのバランスを取りながら、カンイの淡い恋と、姉思いの弟と、彼女を心配するアビンや父親の霊魂とを、ファンタジーに描いている作品。

  夏休みで、台北から帰省した女の子・カンイのひと夏の物語。
  舞台は、台北の東北にある港町・基隆(キールン)。貿易・物流で栄えている。夜市でも有名。台北から、そんなに遠くない。
組1-1 65  その下町にある実家は、「純盲人按摩」という看板の治療院。父親と全盲の義母が、アパートにある自宅で店を営んでいる。家族はほかに、祖父と知的障がいを持つ、やんちゃな弟・アギィがいる。食事時は、治療院で働く全盲のマッサージ師数人が加わり、とても賑やか。
  こういう何でもない日常シーンを、ていねいに描く映画。だから、話の先を急がず、台湾の家庭の日常生活を、その家の臭いまでをも、ゆっくり味わえる気持ちがあるか否かで、映画に対する印象が変わってくる作品。

組2-0  父親はかつて交通事故にあい 不幸にも全盲となったが、やくざの親分の無償の世話で治療院を開設できた。
  その親分の手下が、カンイが住む同じアパートに住んでいて、そこへ一人の男の子が引っ越して来た。名はアビン。
  アビンは、この親分率いる組に入った新入りで、手下の家で居候することになったらしい。カンイとアビンの出会いである。

  一方、アビンの幼なじみが、以前からカンイに片思いで、会えば「俺の彼女になれ」と言う。でも彼女には、まったくその気はない。しかし、この幼なじみというのが、やくざの息子。それも、カンイの父親が世話になった親分と競り合う、敵対勢力の組長の息子なんで、話がややこしくなって行く。

  だが、カンイとアビンとに芽生えた淡い恋は育ち始める。
  弟のアギィは、どこで覚えたのか、何かに付けて 「姉さんは、Fall in love だからね」 と言うようになる。片や、幼なじみの男は、一方的に三角関係に悩む。

  アビンを預かるやくざが、相手の組員に呼ばれる。「カンイにアビンといった子供のもめごとには関与しない」と言う彼は、普通に見識があったが、相手の組員は聞く耳を持たない。相手の組長は、幼なじみの母親、つまり女親分。一人息子なんだろうか、話が粘っこくなってくる。かつ、この女親分は地元警察にも通じていて、その勢力は街では一枚上手のようだ。

組3-0  そんなある日、双方の組員たちは、それぞれの組長に言われたことをして、互いにカッとなり勢い余って、ついに乱闘に。その場にいたアビンは、乱闘に巻き込まれて殺されてしまう。
  続いて、カンイの悲しみに追い打ちをかけるように、健康を害していた父親の容体が急変し、入院先で亡くなる。

  葬儀も終わり、悲しみに沈むカンイの家は静か。
  港に面した窓辺にいた弟・アギィに、電話がかかって来た。
  「アビン兄さん? どこからかけてるの? 姉さんだけど、泣くなって言ってよ。ずっと泣いてる。僕とも遊んでくれない。いつ帰ってくる? 明日?」 というところで電話が切れてしまう。ただし、彼の愛用の携帯電話は、おもちゃ。

  悲しみを抱えつつも、家族の日常は日常として朝を迎え、朝食や洗濯・掃除と日々は淡々と過ぎる。
  その日も、夕飯時を迎えていた。
  義母やアギィと一緒に、夕食の準備をしていたカンイが、ふと、何かに誘われるようにして、窓辺に向かう。
中  外は花火。港で花火が上げられている。それをじっと見入っていたカンイの心が、なぜか次第に穏やかになって来た。
  急に玄関の方から人の声がし、窓辺の彼女は室内の方へ振り返った。
  父親が旅行から帰って来たのだ。
  土産がどうのこうのと言いながら、アギィはじめ家族やマッサージ師ら、みんなが嬉しそうに、お帰りと言って父を迎えている。カンイもみんなのところへ。そこに、アビンの姿が。
  どうしたの、というカンイに、父親は、「アパートの前で、アビンに会ったから連れてきた。」と。
  「田舎に帰ってた。俺に会いたかった?」 と言うアビンは、カンイに穏やかにほほ笑む。
  カンイは、アビンを家族らが集まる夕食のテーブルへ誘うのであった。
  
下  とつとつと語る、こういう地味な映画もあるんです。
  例えば絵画作品が自分自身を説明しないように、自ら進んで説明しない、こういう不親切な映画もあるんです。
  誰でもが簡単便利に理解できるように作った「説明十分な映像」に慣れた眼で観ると、この映画は分かりづらく、よって退屈な映画の部類となってしまう。

オリジナル・タイトル:黒暗之光
英語タイトル:DARKNESS & LIGHT
監督・脚本:チャン・ツォーチ|台湾|1999年|102分|
撮影:チャン・ツァン|
出演:カンイ(リー・カンイ)|アピン(ファン・チィウェイ)|父アシュウ(ツァイ・ミンショウ)|アギィ(ホー・ホァンジ)|義母バオフェイ(シイェ・バオフェイ)|祖父 (ルー・イン)|ソン(リャオ・チィド)|アミン(チャン・ミン)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   邦画の題名から探す。  監督名から探す。       洋画の題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1070-4751becf
Listed below are links to weblogs that reference
映画「最愛の夏」  監督:チャン・ツォーチ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「最愛の夏」  監督:チャン・ツォーチ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top