Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「マンハッタン」  監督:ウッディ・アレン   ニューヨーク、1979年。

映画「マンハッタン」  監督:ウッディ・アレン   ニューヨーク、1979年。

上
トレーシーとアイザック

  トレーシー17歳とアイザック(ウディ・アレン)に、彼の友人エールと奥さんの4人が、賑わうレストランにいるところから映画は始まりました。 
  店を出て帰宅途中にエールは、メリー(ダイアン・キートン)という女性と一緒になりたいという思いをアイザックに打ち明けます。  
  ある日、美術展に来ていたトレーシーとアイザックは、そのメリーを連れたエールに出会います。見栄っ張りで若いメリーとアイザックは、てんで気が合いませんでした。しかし後日、偶然にメリーとアイザックは出会い、意外と意気投合。

組1-0  さてアイザックは、トレーシーが好きでしたが、歳があまりに離れすぎています。若い男の子を見つけなさいと、ことあるごとに言うアイザックに、トレーシーはいつも、あなたが好きだと言い返すのでした。 
  そんなトレーシーの気持ちを知りながら、アイザックはトレーシーに一方的な別れを言い、メリーとの関係を始めます。
  もちろん、このことはエールの了解を得ていました。つまり、エールとメリーは上手く行かなかったのです。それは妻帯者エールを本当に好きになれないメリーの気持ちでした。ところがのちにメリーから、「やはりエールが忘れられない」発言があり、アイザックは突如、ひとりとなってしまう。
  そしてその時やっと、アイザックは気づくのであります。自分はトレーシーが好きなんだと。
  彼はトレーシーのもとへ、ニューヨークの街中を年甲斐もなく走りました。彼女のアパートに着くと、彼女は旅立とうとしていました。ロンドンへ行く。踏みとどまってこの街にいよう。いや、1年だけの短期留学だから。
  そんな会話のあと、アイザックは彼女を見送るのでした。
  
  ご存じ、ウッディ・アレンの「Manhattan」。
  かれこれ、35年前の映画になりました。(2014年-1979年=35年)
  いいですね、この頃のウッディ・アレンとニューヨークにガーシュウィン。
  加えて、トレーシー役のマリエル・ヘミングウェイ。(→)
  いま観ても、洒落てます。古くならない映画です。
  しっかし、話の方は、まったくもって大したこと無いくだらん展開なんですがね・・・。
  
オリジナル・タイトル:Manhattan
監督:ウッディ・アレン|アメリカ|1979年|96分|
脚本:ウッディ・アレン、マーシャル・ブリックマン|
撮影:ゴードン・ウィリス|音楽:ジョージ・ガーシュウィン|
出演:アイザック(ウディ・アレン)|メリー(ダイアン・キートン)|アイザックの友人エール(マイケル・マーフィー)|17歳の女子学生トレーシー(マリエル・ヘミングウェイ)|アイザックの2度目の妻ジル(メリル・ストリープ)|エールの妻エミリー(アン・バーン)|
組2-0


下2

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   邦画の題名から探す。  監督名から探す。       洋画の題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1072-e4e24671
Listed below are links to weblogs that reference
映画「マンハッタン」  監督:ウッディ・アレン   ニューヨーク、1979年。 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「マンハッタン」  監督:ウッディ・アレン   ニューヨーク、1979年。

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top