Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「祇園囃子」  監督:溝口健二  主演:若尾文子、木暮実千代

映画「祇園囃子」  監督:溝口健二  主演:若尾文子、木暮実千代

上        上2

  木暮実千代35歳、若尾文子20歳の映画。
  祇園の芸者が馴染みの客から、商談成立の道具として、つまり 「女」として有無を言わさず利用されることになるが、抵抗しながらも、ことの成り行きを受け入れるしかない。映画は、祇園で生きていくより他に生活の糧が無い、芸者の悲哀と明日への勇気を描いている。

組1-0  祇園で一流のお茶屋「よし君」の女将、お君(浪花千栄子)のもとで世話になっている美代春(木暮実千代)は、未だに旦那を持たずに、ひとり身。 女将に毎度小言は言われるが、「旦那になる人は好きな人」 と決めて今まで過ごしてきた。もちろん、美代春についている客は、みな旦那候補になるような羽振りのいい常連さんばかり。
  その美代春のかつての常連客・沢本(進藤英太郎)の娘が、舞妓(まいこ)になりたいと言って、美代春の家に転がり込んできた。話はここから始まる。
  娘の名は、栄子(若尾文子)。 美人で姿もいいと、美代春の見立てで舞妓修行が始まり、一年経って筋の良い舞妓になった。
  栄子の母親は上七軒の芸者だった。彼女は、その血筋を引いているのかもしれない。だが不幸にも最近、母親が他界し、生活苦で荒れる父親との生活が耐えきれず、家を飛び出して美代春のもとに来たのであった。

組2-0  さて、栄子が舞妓・美代栄として祇園でデビューするにあたっては、着物や帯やとお金が要った。美代春は女将に頼み込んで30万円を用立てた。だが実は、女将の手元にもまとまった金は無く、30万円はお茶屋「よし君」の上客で会社専務の楠田から、女将が調達したのだった。このことがのちに、美代春を不幸にすることになる。

  楠田専務は、8000万円の納入がかかった大仕事を抱えていた。客は役所で、発注窓口責任者は神崎課長という男であった。楠田の部下・佐伯は、神崎課長の接待を仕切り、神崎と楠田専務と共に、社用で馴染みの「よし君」の座敷にいた。座敷には、美代春ほか多数の芸者がいる。その中に美代栄もいた。ちょうどその晩は、美代栄のデビュー(見世だし)の日であった。 
  佐伯は、神崎が初対面の美代春に一目惚れしたのを、目ざとく感じ取った。
  彼はすぐさま座敷を抜け、女将のお君にことの次第を確かめに階下に降りて行った。

  神崎:女将!
  お君:なんどす?
  神崎:今、美代春(木暮実千代)に、旦那は有るのか無いのか?
  お君:専務さんが聞いておやすの? 阿呆くさ 今さらなんどんね。
  神崎:違う違う、専務は妹の方や。 (妹=美代栄・若尾文子)
  お君:・美代栄どっか?
  神崎:そや。
  お君:ま~あ、専務さん、癖の悪い。見世だしの晩から何ゆうておやるの。
  神崎:それは、ええけどな。 今、美代春に旦那が有るのか無いのか。
  お君:旦那どっか? おへん。
  神崎:ほんまやね。
  お君:・ほんまどすがな。
   <しばらくの間>
  お君:なんどんね
  神崎:大作戦をこねてるとこや。 (と、神崎は天上を見上げて、上の座敷にいる神崎対策に思いを巡らせる。)  
  (一方お君は、美代栄に誰か良い旦那を世話しようと思うようになる。)

  さてある日、この8000万円の発注にあたって神崎は、根回しのため上京し本庁に出向くこととなった。
  お供として、楠田専務に佐伯そして、佐伯に誘われて美代春がこれに付いた。彼女は、馴染みの専務と連れだって「遠出」のつもりであったのだろうか・・・。のちに彼女は、芸者の分別について女将から苦言されることになる。
  さらに佐伯は、東京を見たことがない美代栄に誘いをかけた。若い美代栄は、東京見学できることを喜んだ。

組3-0  一同は東京の旅館で神崎の帰りを待っていた。
  本庁との一回目の根回しは不調だったが、専務らは神崎をねぎらおうとした。
  部下の佐伯は美代春に、神崎と一夜を共にしろと押し殺した声で強要した。前もって聞いてもいないことに彼女は戸惑いを隠せない。おろおろするその時、隣室から悲鳴が聞こえてきた。
  それは美代栄の悲鳴であった。美代栄の身体を求めた専務に抑え込まれた彼女は、思い余って専務の舌を思いきり噛んだのであった。結果これで、佐伯の心ない計画は霧散し、美代春は助かったのである。

中2  後日、この事件は噂として祇園中に面白おかしく広がった。
  神崎に顔向けできない専務と佐伯は、顔を潰された女将に何とかしろと迫る。女将は言う。「今度は何とかします。」
  女将は、美代春を呼びつけて、例の30万円は専務から借りた金だと初めて言った。「あんた、あの30万円、返せるか?」
  ことは明快であった。「返します」と言い返した美代春に、その晩を境に祇園中のお茶屋からお座敷がかからなくなった。もちろん、美代栄もである。それほどに、「よし君」の女将、お君は祇園で絶大な力を持っていた。
  唯一、心配してくれる他人は、美代栄が通った舞妓修行の同窓生たちだけであった。

組4-0  この八方ふさがりの中、美代春は考え込んだ。
  彼女は親兄弟がおらず、これまでひとりで生きて来た。しかし、今は身近に美代栄がいてくれる。この美代栄が自分を気遣ってくれる。この嬉しさが、美代春にとっては何物にも代えがたいものであった。
  いつしか、ふたりに親子のような感情が生まれる。 「あんたの旦那はあたし」と美代春は言う。彼女は、美代栄との生活を守るため、ついに決心するのであった。
  その晩、佐伯と女将が用意したお茶屋で待つ神崎。美代春は、そのお茶屋へ向かった。
  翌朝、帰宅した美代春を美代栄は責めたてた。
  だが、芸者ふたりにできることは他に無い。
  現金なことに、この日の晩から美代春と美代栄に、ふたたびお座敷がかかるようになった。
  ふたりは並んでお茶屋に向かう。京都は祇園祭であった。

中3


  祇園の芸者は、客の自由にならぬものと思っていたが、この映画ではそうではないらしい。  
  接待のために女を使う、それも祇園の芸者を使うともなれば大接待なのだろうが、こんなことに頼るようなビジネス・スタンスなら楠田の会社の先はないし、役所の権威を笠に着て、金や女を求める神崎はげすな男だ。
  映画のストーリーには、事業が上手く行かい美代栄の父親のエピソードが絡んでくるが、このエピソードは取って付けた感じがぬぐえない。東京行の夜行列車にこの父親がひょっこり現れるシーンは失笑。  
  
  祇園には、ふたつの街があったらしい。祇園甲部と乙部。
  映画の舞台は、祇園甲部。乙部は、自由になったらしい。
  同じく祇園を舞台にした溝口映画 「祇園の姉妹」のレビューの最後のコメントもご参考に。こちらからどうぞ

下英語タイトル:Story of Two Geisha Girls|
監督:溝口健二|1953年|85分|
原作:川口松太郎|脚本:依田義賢|撮影:宮川一夫|
出演:木暮実千代(美代春)|若尾文子(栄子・美代栄)|河津清三郎(楠田専務)|進藤英太郎(栄子の父親・沢本)|菅井一郎(専務の部下・佐伯)|田中春男(小川)|小柴幹治(役所の神崎)|浪花千栄子(「よし君」の女将・お君)|石原須磨男(幸吉)|志賀廼家弁慶(助次郎)|伊達三郎(今西)|毛利菊枝(女紅場の教師)|柳恵美子(かなめ)|小松みどり(お梅)|小林加奈枝(髪結)|大美輝子(八重)|橘公子(菊春)|小柳圭子(芸妓)|前田和子(女中)|種井信子(舞妓)|三田登喜子(舞妓)|上田徳子(舞妓)|不二輝子(小女)|久松京子(小女)|岩田正(富坂)|牧龍介(崎谷)|


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1079-440378ba
Listed below are links to weblogs that reference
映画「祇園囃子」  監督:溝口健二  主演:若尾文子、木暮実千代 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「祇園囃子」  監督:溝口健二  主演:若尾文子、木暮実千代

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top