Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「鴛鴦歌合戦 (おしどり)」  監督 :マキノ正博

映画 「鴛鴦歌合戦 (おしどり)」  監督 :マキノ正博

上    上2

  時は江戸時代。
中1 70  好きよ嫌いよ、男2人に娘3人、ラブコメディな ジャズ・オペレッタ。

  おとみ(服部富子)が、江戸の街を歩いてる。 
  オペレッタの始まりだ♪♪
  可愛い彼女に言い寄る男ら五人、リズムに乗って歌って ついて行く。
  だけど、おとみは、全くつれない。私は、あの人に会いに行く。


中3  さて、ここは江戸近郊。  
  長屋の住人、浅井(片岡千恵蔵)は、壁一枚隔てた隣のお春(市川春代)が大好き。
  お春の父親、志村狂斎(志村喬)も浪人で、傘張りをして父娘二人で暮らしてる。 (睦まじい父娘の唄の掛け合い)
  そして浅井は、隣の別荘の、おとみも好き。
  その父親は、豪商・香川屋宗七だ。

組1-0  ある晴れた日。
  長屋前の空き地で、お春は父が張った日傘を干してると、そこへ別荘にいる父を訪ねて、おとみが現れた。
  でも、それは言い訳で、おとみの気持ちは、浅井に会いたい恋心。
  さあここで、お春とおとみの恋の鞘(さや)当てが、唄に乗せて始まった。
  外がそんな事とはつゆ知らず、浅井がのっそりぼんやり出て来た。

中4  そして、これまた間が悪い。
  浅井の許嫁(いいなずけ)、藤尾(深水藤子)がひょっこり現れて、いきなり浅井に寄り添った。
  藤尾は、父の遠山満右衛門とふたりでやって来た。この遠山なる人物は、浅井の叔父さん。叔父は浅井にそっと言う。「いつまでも先延ばしにはできないぞ。そろそろ日取りを決めよじゃないか。」
  こんな場面を目の当たりにして、お春とおとみは、それぞれに、ぷいと家に入ってしまう。

  さてさて、浅井の家の中。
  叔父は藤尾を脇に置き、浅井になにやら苦言をたらたら言っている。それを壁越しに聞いているのは、お春の父親・狂斎だ。  「お春や、こりゃ困ったことだぞ。」

組2-0  ちょうどその時、通り雨。
  おお、この場を逃げるにゃ今だと、叔父の話を振り切って、浅井は干してる日傘をしまいに駆けだす。お春もあわてて飛び出て、ふたりで日傘をしまいこむ。そのうち雨が上がって、空き地の真ん中、ふたりはちょっといいポーズ。
  それ見て、今度は藤尾とおとみが嫉妬する。
  
  そのあと、お春は浅井の家に上がり込み、浅井の気持ちを探りに来たが、お春の話をぬらりぬらりと、はぐらかす。
  「もう、あんたなんか嫌い!」とは言ったものの、乙女の不安は募るばかり。
  一方、嫉妬続きの勝気なおとみは、指をくわえてはいられない。
  「今日は私の誕生日」と、浅井を別荘に強引に連れて行き、にぎやかに大宴会。 浅井は、今度はお春を置いて、すっぱり行っちまった。
  当の藤尾は、恋わずらい、ついに床に伏してしまい、父の遠山、娘が不憫で不憫でしかたない。
 
中5  男1人に娘3人の話に、ここへ加わる男がなんと、お殿様。それは、いつもニヤニヤの峯澤丹波守(ディック・ミネ)だ。
  家来従え江戸の街、大手を振って歩いていると、おとみの唄う姿は艶姿(あですがた)、それを見て聴いて、ああ一目惚れ。  さっそく、家来をおとみの家に遣わすが、けんもほろろに断られ、「側室として身請けしたい」じゃ、今の娘はNO!

  ここで、ちょいとサブ・ストーリー。
  通り雨をいいことに浅井に逃げられた遠山の、次のスケジュールは、殿(丹波守)と一緒に買い物のお供であった。
  丹波守は大の骨董収集家、街の骨董屋によく出向く。一方、お春の父・狂斎も骨董好きで、店で三人が出くわした。
  この時、計った遠山の悪企み。お春を亡き者にすれば、娘はすんなり浅井と夫婦になれる・・・。
中6  で、店先で、殿と狂斎の間を取り持ちながら、誰もが絶品唸る掛け軸、狂斎の目の前でちらつかせ、高値で手が出せないところで、「どうです殿、ここは目の高い狂斎さんに、五十両、出してあげれば?」 
  お人よしの丹波守は、そうだなってことになり、狂斎とマニアックに意気投合し、そのまま彼の家まで押しかけて、出会う相手は、可愛いお春。またもや娘を見初める丹波守。 「好みのタイプだ!」 なるほど、殿を知る遠山の悪企み。
  そこですかさず遠山は、「五十両と引き換えに、娘のお春は当家で引き取るぞ。」
  「えっ! 今さら何を言う!」 と狂斎、言ってはみたが、掛け軸よりも娘が大事。明日、軸を店に返しに行こう。
  翌あさ、店を訪ねると、あるじ曰く、「実は掛け軸、ニセモノだった。」 店のあるじは、遠山の言いなりだ。 ニセモノだから買い取り価格はたったの三両。 狂斎、家にあるコレクション、全部売っても、到底足らぬ。このままでは、お春は丹波守のお屋敷に捕らわれてしまう。 
  「私が悪かった、夜逃げしよう」と、父はお春に涙ながらに言うのであった。

組3-0  さて、話をメインに戻そう。
  お春は、別れを言いたくて浅井を探して隣のおとみの別荘へ。
  ところが、おとみの企み。出てきた奉公人は浅井の代弁をする。 「帰ってくれ。浅井は、おとみの婿養子に決まったぞ。」
  ダブルの悲しみ背負って、お春は父と旅姿。 

中7  さあ、大団円を迎えよう。
  遠山率いる丹波守の侍どもが、お春を捕えようと、大勢押しかけて来た。
  外の騒ぎに気付いた浅井。おとみの別荘二階から、身を乗り出して、「何ごとぞ!」 と下を見る。
  屋根から飛び降りた浅井は、侍どもをなぎたおし、愛しいお春を救い出す。

  しかし、これではまだまだ問題解決しない。(ね、狂斎さん)
  お春がダメなら五十両返せ、が残ってる。あわせて、その五十両、どう工面しよう。
  ちょうどその時、骨董屋のあるじが急に顔を出し、「あんたの持ってる、その壺その壺。それは千両万両の価値!」
  さすがの狂斎さんも、にわかに信じがたく。 「でも、ホントだよ。」
  それを聞いたお春も舞い上がる。浅井に「あたしたち、大金持ちよ!」
  それを聞いた浅井は「俺は金持ち成金は嫌いだ。」と、別荘見ながら捨て台詞を吐き、ひとり長屋へ帰ろうとする。
  それ見て、お春、一生の一大事。持っていた万両の壺を地面にたたき付けて粉々に割る。ああっ!父も皆も驚いた。
  駆け寄るお春。浅井とお春のふたりを、大勢が取り囲む。よかったよかった。
  しかし待て。まだ問題が残ってる。そうそう、藤尾とおとみは、ついにふたりの仲を許します。これでめでたし。めでたし。
  
組4-0  いい映画。
  作り手たちが楽しんでいるのが、観て伝わってきますか?
  エイやで製作したのかもしれないが、今も全く古びない、この軽快感と斬新さが嬉しい。凄いことやってるわけじゃないが、70年以上経って、よもやこうなろうとは、当時の作り手たちは思いもしなかったろう。
  ゆるい4ビートに乗って、無理のないフレーズに、日本語歌詞が上手に乗ってます。作詞作曲がんばってます。歌については、御殿様のディック・ミネと、おとみ役の服部富子が巧いのは当然だけど、お春の父親の志村喬が巧いのにびっくり。ストーリー展開は、ジェットコースターに乗った様で、軽快なスピード感と想定外のアップダウンが気持ち良い。1939年(昭和14年)に娯楽映画として公開されたけど、当時としては結構斬新で、どれだけの客が楽しんだのだろうか。

下  この映画、カルトなの?! そう聞いて何となく避けて通る人もいれば、カルトなら観ようと言う人もいる。普通に観てちょうだい。 この映画、カルトのレッテル困り顔。

監督:マキノ正博|1939年|69分|
脚本:江戸川浩二|撮影:宮川一夫|オペレッタ構成・作詩:島田磬也|音楽指揮・作・編曲:大久保徳二郎|
出演:片岡千恵蔵 (浪人、浅井禮三郎)|ディック・ミネ (峯澤丹波守)|丹波守の家臣たち※1|
市川春代 (お春)|志村喬 (志村狂斎、お春の父)|
服部富子 (おとみ、香川屋の娘)|香川良介 (香川屋宗七)|小林三夫 (三吉、香川屋の奉公人)|おとみに言い寄る町の男たち※2|
深水藤子 (藤尾、浅井の許婚{いいなずけ}、遠山の娘)|遠山満 (遠山満右衛門、藤尾の父で浅井の叔父にあたる)|
尾上華丈 (骨董屋のあるじ六兵衛)|河瀬昇二郎 (医者、藤尾の「恋の病」を見抜く)|
※1 石川秀道 (松田松助)|楠栄三郎(杉浦)|近松竜太郎 (檜山)|福井松之助 (武林)|富士咲実 (柳川)|大崎史郎 (椿)|
※2 藤村平三郎 (炭屋の若旦那)|竹林大八郎 (小間物屋の若旦那)|嵐壽之助 (酒屋の次男坊)|阪東薪太郎 (米屋の息子)|石丸三平 (乾物屋の息子)|


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1099-c8fe73c2
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「鴛鴦歌合戦 (おしどり)」  監督 :マキノ正博 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「鴛鴦歌合戦 (おしどり)」  監督 :マキノ正博

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top