Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「顔役」 1971年  監督・主演:勝新太郎

映画 「顔役」 1971年  監督・主演:勝新太郎

上

組1-00  この映画は、いわゆるやくざ映画や刑事ドラマとは一線を画す作品。

  大阪府警のベテラン刑事・立花(勝新太郎)は、長年にわたり暴力団対策担当。
  仕事人で熱血漢。署の官僚的風土や組織に馴染まない、一匹狼。
  怖いもの知らずで、部下の和田(前田吟)を連れて、暴力団に立ち向かう。一方、あぶない輩と親しい付き合い。

  大淀組と入江組との縄張り争いが激化してきた。白昼、街中で死人が幾人も出る。署は暴力団根絶にいっそうの注力を注ぎ始める。
  大淀組は、ある信用金庫支店長(藤岡琢也)の内部不正をネタに支店長をゆすり、継続的にヤミ資金を調達しているが、本人自身の不正が明るみになってしまうこと、また暴力団への恐怖から、支店長は警察に届けを出せないでいる。この事実を知った署は、これを突破口に大淀組を抑え込みにかかる。担当は立花刑事になった。
  大淀組の若衆頭・杉浦(山崎努)を捕まえたが口を割らない。その間、支店長は家族ドライブの最中に、事故に見せかけたやり方で家族全員殺された。立花は執拗に大淀組を捜査し始めた。
  だが、縄張り争いは依然収まらない。大淀組の組長・尾形(山形勲)が襲われる事件が起き、それぞれの組のチンピラが殺され、挙句の果てには入江組の事務所が爆破される。
  そんなさ中、突然に捜査中止の指令が出る。上司の西野(大滝秀治)は、立花の行き過ぎた行動がその理由と言うが、大淀組が持つ政治家ルートからの圧力なのか。
  さらには、大親分星野(若山富三郎)の仲介で、大淀組、入江組間で手打式が打たれた。これで一件落着か。
  
  立花は、その後の聞き取り調査ということで、大淀組の組長・尾形をひとり、署に呼ぶことにした。立花は、警察の車ではなく、組長の車を運転し緒方を署まで同行させる。しかし、車は埋め立て地へと向かった。そして、尾形組長を車に閉じ込めたまま、埋め立て地にある大きな穴に、車ごと落下させた。そして生き埋めにしてしまう。バニシング・ポイント(消失点)。
  アメリカ映画「バニシング・ポイント」も「顔役」も、1971年製作の映画。

  
  大阪を舞台に個性ある俳優が登場する。みんな若い。生きいきしている。分けても、大淀組の若衆頭・杉浦役の山崎努が鋭い!
  また、立花刑事と親しい危ない輩のひとり・赤松役の伴淳三郎や、立花の上司役の大滝秀治、支店長の藤岡琢也の3人がいい。ゴツゴツした役柄が多い中、この3人はどことなく とぼけた風の渋い演技。これが光ってます。
  この映画は、いわゆるやくざ映画や刑事ものとは一線を画する。いかにもヤクザです、私は刑事ですといったパターン化されて来た演技は無い。殺しのシーンも、一瞬で終わり呆気ない。従来ものでよく有る様な、ここは見せ場ですという演出は無い。加えて、冒頭の賭博シーンのヤクザ達やストリップ劇場の踊り子たちは、すべて本職とのこと。リアルを追及し成功している。俳優じゃ、できない。
  とにかく全編に渡り、俳優や製作陣の一生懸命さと、緊張感が伝わってくる。いいね。


中  チョイ役だが、若き太地喜和子が彩りを添える。なんともキュート!
  音楽は、ソウルフルなサウンド。ドラム、ベースにギター、サックスにB-3風オルガン。ただ、ちょっと拙くて・・・う~ん1971年だからこんなもんか。
     
 アメリカ映画「バニシング・ポイント」のレビューは、こちらからどうぞ


下監督:勝新太郎|大映|1971年|98分|
脚本:菊島隆三、勝新太郎|撮影:牧浦地志|
出演:立花良太(勝新太郎)|杉浦俊夫(山崎努)|滝川真由美(太地喜和子)|栗原支店長(藤岡琢也)|赤松(伴淳三郎)|尾形千造(山形勲)|和田(前田吟)|西野(大滝秀治)|吉川(織本順吉)|筒井 (深江章喜)|トルコ風呂の女(横山リエ)|沢本(蟹江敬三)|入江健次(江波多寛児)|星野(若山富三郎)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

   女優名から探す。 (新登場)

   邦画の題名から探す。  監督名から探す。       洋画の題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1108-e54116dc
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「顔役」 1971年  監督・主演:勝新太郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「顔役」 1971年  監督・主演:勝新太郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top