Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ニッポンの、みせものやさん」  監督:奥谷洋一郎

映画 「ニッポンの、みせものやさん」  監督:奥谷洋一郎

上     上2

  日本中で、ここだけとなった見世物小屋、大寅興行社一座のドキュメンタリー。
  この一座は、見世物とお化け屋敷で全国各地を巡業している。

  まだ見世物小屋がたくさんあった頃・・・・
  神社境内の小屋の前で、呼び込みのタンカ。
  「ああ恐ろしや、親の因果が子に報い、上半身は普通の人間だが、下半身はタコ」
  「我が子だ他人の子だと思わずに、見てやってください。あの可愛らしい17歳の娘、ハナちゃん」
  すると、幕の端からちらりと顔をのぞかせる、何年経っても17才の女がニコリ。
  小屋の前で通り行く客に呼びかける「呼び込み」は、隣りの小屋へ入りそうな客足を、呼吸ひとつでこっちに向ける魔力があるらしい。この呼び込みは、小屋ごとに特徴があり、この映画でもその話がでてくる。

  昭和20年代。こんなことを言っている。
  サーカスは別として、その興行内容があまりにインチキなため、都会では次第に人気を失いつつある見世物が、ドサ廻りの劇団などと同様、娯楽が乏しい地方では依然として人気があり、見世物がかかる祭礼の日を人々は待ち焦がれている。※  その後、あまりのインチキは影をひそめたらしい。

  大寅興行社は、こういう見世物興行全盛期の波乱万丈な時代を生き抜き、今に至る。
  そして、今を生き抜くために、大寅興行社の出し物は日々進化している。
  思い返せば、映画がシネマトグラフと呼ばれた明治30年ごろ、映画は見世物であった。

  ※「浅草 その黄金時代のはなし」 より 浅草の見世物  
    編者:高見順 英宝社より昭和30年に出版 (のちに新評社で1978年発行)

下監督:奥谷洋一郎|2012年|90分|
撮影:江波戸遊土、遠藤協、奥谷洋一郎、早崎紘平、渡辺賢一|
出演:大寅興行社および関係者の方々

奥谷洋一郎のドキュメンタリー映画
  「ソレイユのこどもたち」  こちらからレビューをご覧ください。


一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。          洋画の題名から探す。   国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1118-5094c7d4
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ニッポンの、みせものやさん」  監督:奥谷洋一郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ニッポンの、みせものやさん」  監督:奥谷洋一郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top