Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「過去のない男」  監督:アキ・カウリスマキ

映画 「過去のない男」  監督:アキ・カウリスマキ

上2
組1-0
  記憶喪失で過去を失くすことと、それまで築き上げてきた人生を捨てることは次元の異なることだ。
  記憶喪失後に妻と会った、過去のない男(マルック・ペルトラ)は、互いが不仲であったこと、妻に愛人がいること、離婚は成立していることを知る。そして、過去のない男は、それまでの職、溶接工の職も戸建の家も社会的地位も、元妻も過去の自分も捨てた。
  何がどうだったかはわからないが、列車に乗ってヘルシンキに来て辻強盗に殴られ記憶喪失になった。
  所持金もなく底辺生活を送るうちに、救世軍の職員イルマ(カティ・オウティネン)に出会い恋に落ちる。つまり、過去のない男は記憶喪失を機に、底辺の生活者になるのを覚悟で過去を捨て、イルマとの愛を得る。住む家は、空き地にある錆び付いたコンテナ、それも貸家だ。

  アキ・カウリスマキ独特の語り口に共振する人々は、そう多くないかもしれないが、本作はそこんところを改善している。例えば、こんなシーンがある。
  過去のない男が、若い男たちに殴られ瀕死の重傷で集中治療室に運び込まれるが、治療の甲斐なく心肺停止。医師も看護師も去った後に、男はICUのベッドからむっくり起き上がり、身体に付いた管やコードを、まるでフランケンシュタインのように引きちぎる。分かりやすく笑いを誘うが、一方、このシーンが挿入されて目障りと言うこともない。このあたりが巧い。もちろん、こんなシーンが無くても、本作に影響は全くないのだが。
  過去のない男・役のマルック・ペルトラは、悪くはないが、やはりマッティ・ペロンパー(故人)のほうが味が出る。


底辺の人々が集まる救世軍主催の食事会。ブリューゲルの絵のようだ。
左奥に、イルマと過去のない男がいる。

下オリジナル・タイトル:Mies Vailla Menneisyyttä
監督・脚本:アキ・カウリスマキ|フィンランド|2002年|97分|
撮影:ティモ・サルミネン|
出演:マルック・ペルトラ(過去のない男)|カティ・オウティネン(イルマ)|アンニッキ・タハティ(救世軍のマネージャー)|ユハニ・ニユミラ(ニーミネン)|カイヤ・パリカネン(カイザ)|サカリ・クオスマネン(アンティラ)|マルコ・ハーヴィスト&ポウタハウカ(救世軍バンド)|


 アキ・カウリスマキ監督作品 ~ 一夜一話から

「カラマリ」       「パラダイスの夕暮れ」       「ル・アーヴルの靴みがき」
「カラマリ・ユニオン」             「パラダイスの夕暮れ」            「ル・アーヴルの靴みがき」

「真夜中の虹」       201409031418218f1_2014121314280222d.jpg       「GO!GO!L.A. 」
「真夜中の虹」                 「愛しのタチアナ」             「GO!GO!L.A.」 
                                                監督の実兄・ミカ・カウリスマキ監督作品
                                                ヴィンセント・ギャロ、ジュリー・デルピーが出演
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1124-1a1b02ca
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「過去のない男」  監督:アキ・カウリスマキ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「過去のない男」  監督:アキ・カウリスマキ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top