Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「やじきた道中 てれすこ」  監督:平山秀幸

映画 「やじきた道中 てれすこ」  監督:平山秀幸

上

  これぞ、娯楽映画、時代劇。いい乗りです。

  お話は、十返舎一九の滑稽本「東海道中膝栗毛」や落語の話やらをもとにしている。
  ストーリーは、ここで書くほどの内容ではないし、弥次さん喜多さんと「てれすこ」だから、おおよそ想像がつく。でも観てのお楽しみ。奇をてらわない、素がいい時代劇。何か、気分転換したいな時にも効きます。

  小泉今日子 (品川の売れっ子花魁・お喜乃)、十八代目中村勘三郎 (お喜乃に惚れてる新粉細工の弥次さん)、柄本明 (歌舞伎役者の喜多さん)、の三人が、いい仕事しています。これを愛でたい。
  宮藤官九郎の映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(2005年)を褒める向きは、観ない方がいい。

  脇役、チョイ役のベテラン俳優たちが、楽しそうに演技してます。
  いま、時代劇を作ってほしいな。

下監督:平山秀幸|2007年|108分|
脚本:安倍照雄|撮影:柴崎幸三|
出演:弥次郎兵衛:十八代目中村勘三郎|喜多八:柄本明|お喜乃:小泉今日子|
梅八:ラサール石井|お仙:藤山直美|沓脱清十郎:吉川晃司|清十郎の妻・菊:鈴木蘭々|与兵衛:笑福亭松之助|おさん:淡路恵子|奉行:間寛平|瓦版屋:南方英二|地廻りの太十:松重豊|地廻りの甚八:山本浩司|花魁・おみち:星野亜希|勘吉:島綾佑|亀:柿澤司|おさよ:中村まの|信吉:吉越拓矢|代貸:國村隼|お喜乃の父・杢兵衛:笹野高史|遊郭「島崎」の女将:波乃久里子|遊郭「島崎」の客:麿赤児|大山講中:大山法哲|羅宇屋:山上賢治|飯屋の女:青木和代|若旦那:加藤隆之|職人:嶋田豪|遊び人:崔哲浩|丁稚:持丸加賀|やもめの息子:柿澤紫音|漁師:綾田俊樹|役者:ベンガル|薬売り:六平直政|宿泊客:諏訪太朗|庄屋:左右田一平|村人:螢雪次朗|鯨岡:佐藤正宏|


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1126-b50dd3d9
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「やじきた道中 てれすこ」  監督:平山秀幸 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「やじきた道中 てれすこ」  監督:平山秀幸

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top