Home > クラシック音楽 > 17世紀のスペイン教会音楽コンサート 「聖母マリアのカンティクム」  演奏:メディオ・レジストロ、カントゥス・アニメ

17世紀のスペイン教会音楽コンサート 「聖母マリアのカンティクム」  演奏:メディオ・レジストロ、カントゥス・アニメ

  合唱の指揮者、雨森文也が聴きたくて、このコンサートを予約していた。
  2008年に彼の指揮による 「古典の前衛」 というルネサンス時代の合唱コンサートを聴いて驚愕した。以来、 マショー、オケゲム、ジョスカンらを聴きまくった。だから、今回を期待していた。

  そして、雨森指揮する49名の合唱団、カントゥス・アニメがとても良かった。素直な演奏。  
  さらには、メディオ・レジストロという、リコーダー奏者・古橋潤一という人がリーダーの古楽グループがいい! この人のリコーダーの音色は、いままでに聴いたことがないほどに輝く。そして、西澤央子のチェロが全体を支える。客席には、残念ながらほぼ聴こえてこないんだが、リュートが味を出す。さらには、小太鼓が17世紀をカラダで聴けと言う。

  コンサートの始まりは、合唱団を背に、まずはメディオ・レジストロが演奏を始める。それが終わる頃を見計らって、雨森氏が舞台の左、下手から登場し、切れ目なく、合唱&器楽の演奏が始まる。終りは、メディオ・レジストロが演奏するなかを、合唱の面々がばらばらに時間差をつけて、観客に礼をして退場して行く。

  コンサート会場は、渋谷区桜丘町つまり246沿いのセルリアンタワーの裏、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール。このホールに入るのは初めてだった。響きは、少々デッド気味で自然だ。オペラシティの響きは、響き過ぎるのではないか、とふと思った。

  今日聴いた、この17世紀のスペイン教会音楽は、今から400年近く前の音楽。日本初演らしい。メディオ・レジストロのリーダー古橋潤一による再発見再評価だ。
  思うに、クラシックと呼ばれる音楽は、長い年月、無数の聴衆や演奏者の批評に耐えて生き抜いた音楽だ、と言える。そう考えると、日々聴こえて来るポップスや、ネット上で流通する音楽データや、いわゆる現代音楽やらは、100年後200年後に、どんな評価を得ることになるのだろうか。
  
d-03.jpg【指揮】 雨森文也
【演奏】 MEDIO REGISTRO(メディオ・レジストロ)、CANTUS ANIMAE(カントゥス・アニメ)
 メディオ・レジストロ・・・Rec:古橋潤一、細岡ゆき|Vn:川久保洋子、小野萬里|Va:天野寿彦|Vc、Org:西澤央子|Lu:高本一郎|Org、Hrp:能登伊津子|Perc:岩村茜|
【曲目】 S.A.de エレディア:「聖母マリアのカンティクム」より
         第4旋法8声、第1旋法8声、第1旋法2重合唱8声、第4旋法5声、第1旋法6声、           
      S.A.de エレディア:「第8旋法によるエンサラーダ」
      フランシスコ・コレーア・デ・アラウホ:「分割ストップによる第7旋法のティエント第5番」
      ファン・バウティスタ・ホセ・ カバニーリェス:「ガリャルダス第1番」、「皇帝の戦争」




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1128-04e18e7a
Listed below are links to weblogs that reference
17世紀のスペイン教会音楽コンサート 「聖母マリアのカンティクム」  演奏:メディオ・レジストロ、カントゥス・アニメ from 一夜一話

Home > クラシック音楽 > 17世紀のスペイン教会音楽コンサート 「聖母マリアのカンティクム」  演奏:メディオ・レジストロ、カントゥス・アニメ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top