Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「不思議惑星キン・ザ・ザ」  監督:ゲオルギー・ダネリア

映画 「不思議惑星キン・ザ・ザ」  監督:ゲオルギー・ダネリア


キンザザ4-2








組1-1  ソ連の男ふたりが、ふとしたことで瞬間移動し、遙か彼方の惑星に迷い込んでの珍騒動を、ゆっくりした展開で牧歌的に描いた喜劇。

  その惑星とは、キン・ザ・ザ星雲にあるプリュクという星。チャトル人とパッツ人が住む。
  チャトル人(図のオレンジ)が、パッツ人を完全支配している。また、チャトル人のなかで厳然とした階級がある。プリュク星に来たソ連の男ふたりは、最下級のパッツ人とみなされたから、さあ大変。

  この階級間の緊張をあざ笑う語り口が、観る者の笑いを誘い、話に驚くほどの展開の無い分を補って余りある。
  チャトル人の頂点には、PJ様という男が座る社会。特権階級たちは、プリュク星において最も希少価値ある「火薬(マッチの発火成分)」の所有量によって、赤いステテコをはける人々と、黄色いステテコの人々、そして持たない一般大衆に分かれる。
組2-0  パッツ人はチャトル人に出会うと、儀礼的挨拶をしなければならない。それは"KOO"と発しながら腰をかがめ両手を広げる、屈辱的姿勢。その上、ステテコをはいたチャトル上層階級の前では、"KOO"を2回言わねばならない。 さらには、チャトル人と言えど、赤ステテコ以上の御前では"KOO"を言わねばならない。
  どこの世界にも警官がいる。この星ではエツィロップと呼ばれる。尖がりがある帽子をかぶっている彼らは、警察権力をかさに私利私欲を貪っている。

  さて、ソ連の男ふたりは、建築技師で中年ロシア人のウラジミールと、グルジア人学生のゲデバン。星に着いた当初、このロシア人ウラジミールは、自身の文明的優越観でもって星の人々を見下す。がしかし、ふたりに与えられた地位は、最下層であった。ウラジミールに比べて、グルジア人のゲデバンは、ニュートラルである。
  監督はグルジア人。監督が感じるところの、グルジアから見たロシアや○○スタン諸国の構図や、ソ連崩壊前の混迷期のソ連共産党特権階級と官憲に対する批判を読み解きながらも、話は奇天烈で可笑しいシーンでゆるく笑える映画です。


オリジナル・タイトル:Kin-Dza-Dza
監督:ゲオルギー・ダネリア|ソ連|1986年|134分|
脚本:レヴァス・カブリアゼ、ゲオルギー・ダネリア|撮影:パーヴェル・レーベシェフ|
出演:スタニスラフ・リュブシン|エフゲニー・レオーノフ|ユーリー・ヤコヴレフ|
下






















関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1132-fbc70fcf
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「不思議惑星キン・ザ・ザ」  監督:ゲオルギー・ダネリア from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「不思議惑星キン・ザ・ザ」  監督:ゲオルギー・ダネリア

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top