Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「イロイロ ぬくもりの記憶」  監督:アンソニー・チェン  2013年シンガポール映画

映画 「イロイロ ぬくもりの記憶」  監督:アンソニー・チェン  2013年シンガポール映画

ジャールとメイドのテレサ
上




組1-0





  シンガポールに住む中国系の一家の話。
  小学生のジャールーは一人っ子。両親は共働き。父母それぞれに仕事上の問題を抱えていて、日々いっぱいいっぱい。疲れが溜まっている。おまけに夫婦仲は、ぎくしゃくだ。
組2-0  ジャールーはというと、まだまだ甘えたい年頃なのに親は構ってくれない。多感なジャールーだけに、学校でも家でも、いい子に振る舞う一方、悪がき三昧、その揺れ幅が大きい子。
  ある日、テレサという名の、フィリピンのメイドさんが来た。すぐにはこころ開かぬジャールーだったが、徐々にテレサを慕うようになる。時に母親が嫉妬するくらい。

  さて、父親が勤め先をクビになったが、妻に言い出せずに時が過ぎる。職を探すが見つからない。ついに夜間の倉庫警備の仕事に就くが、慣れずに辞める。男として社会に居場所が無くなり うな垂れる父親、そんな夫を腹立たしく思う勝気な母親。そして、夫は起業を思案し、妻は新興宗教に騙される。もう、うんざりだが、かすかに残る夫婦の愛が、最後の最後で支え合う。

  シンガポールの社会情勢に翻弄されるジャールーの両親、フィリピンから出稼ぎに来たテレサの母国での境遇、メイドに対するジャールーの母親の厳しい態度と、優しく接しようとする父親の対比。ジャールーとテレサと母親の三角関係。これらのテーマが織りなす物語。行き届いた演出がいい。


下  シンガポール共和国では、多くの家庭で外国人メイドを雇用しているらしい。雇い主は、メイドの給料よりも高い額のメイド税を支払う義務がある一方、就業している女性が外国人メイドを雇用した場合、所得税控除の優遇措置があるらしい。フィリピンから見ると女性の出稼ぎであり、外貨獲得だ。

  一夜一話でこれまでに取り上げたフィリピンのメイドさんが登場する映画。
  「リトル・チュン」(香港)は、チュンという香港の男の子が主人公の映画。「母と娘」(フィリピン)や2013年の東京フィルメックスで上映の「トランジット」(フィリピン)こちらのページの中ほど は、フィリピンから見たメイドさんの物語。そして「ジェリーフィッシュ」(イスラエル)ではイスラエルに出稼ぎのメイドさんが登場する。

  ある家庭を語る映画となると、エドワード・ヤンの 「ヤンヤン 夏の想い出」 の右に出るものは無い。「イロイロ ぬくもりの記憶」が中国系の家庭を描いているので、どうしても この台湾の映画 「ヤンヤン 夏の想い出」 を思い出してしまう。ぜひ、見比べてください。
 
オリジナル・タイトル:爸媽不在家|Ilo Ilo|
監督・脚本:アンソニー・チェン|シンガポール|2013年|99分|
撮影:ブノワ・ソレール
出演:ジャールー:コー・ジャールー(許家楽)|テレサ(テリー):アンジェリ・バヤニ|ジャールーの母親:ヤオ・ヤンヤン(楊雁雁)|ジャールーの父親:チェン・ティエンウェン(陳天文)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。          洋画の題名から探す。   国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1133-04ced653
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「イロイロ ぬくもりの記憶」  監督:アンソニー・チェン  2013年シンガポール映画 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「イロイロ ぬくもりの記憶」  監督:アンソニー・チェン  2013年シンガポール映画

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top