Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「孤独な声」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ  “  レンフィルム ペレストロイカ以前/以後  ” から

映画 「孤独な声」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ  “  レンフィルム ペレストロイカ以前/以後  ” から

川崎市市民ミュージアムにて、シネマテーク・コレクション 「レンフィルム ペレストロイカ以前/以後」 から、次の作品を観て来た。  
  (川崎市市民ミュージアム公式サイト:http://www.kawasaki-museum.jp/
  ペレストロイカとは、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動。


上1     上2

  戦争で精神的な後遺症(心的外傷後ストレス障害)を患った青年ニキータと、彼を愛し彼と共にその障害を乗り越えようと苦悩する村の女性リューバとの、ビターなラブストーリー。

組1-0  赤軍兵士として戦争に加わったニキータが復員し、実家に戻って来た。
  帰りを待っていた父親が驚くほどに、彼は五体満足だった。
  復員してまもなく、ニキータは幼なじみのリューバに出会う。しばらく見ぬ間に美しい女性になっていた。
  学生の彼女は、母を失いひとりだった。収入が無く、その上、続く食糧事情の悪化で彼女は食うに困っていた。
  ふたりの愛は、急速に進んだ。
  彼女の卒業を機に、ふたりは婚姻手続をし一緒に住み始める。住まいは、リューバの家。夢のような日々が始まった。
  しかし、幸せなはずのニキータだが、なぜかどうしても、この幸せを受け入れることができない。不安、無感動、疲労感、鬱、自己嫌悪、現実逃避。そして不能。順調に見えた愛に影が差しはじめた
 
  苦悩する彼は、ついに黙って家を出る。自殺も試みた。街に出てひとりで生活し始める。
  何も知らされず事情がわからないリューバも湖に身を投げたが、助けられてしまう。
  これを聞いたニキータは、我に返り急いでリューバのもとへ。

  一言で言えば、青臭い処女作。
  セリフは、ほぼ無いといっていい。監督が抱く映像イメージが先行し、観る者は追おうとするストーリーと展開される映像との乖離に苦労する。
  ただ、村の春の爽やかな風景、リューバの楽しげな仕草、ニキータが苦悩する精神世界、それぞれは心にストレートに届く。すなおに作品と向き合い、監督の若き感性を楽しみましょう。
  ちなみに、ソクーロフを信奉するあまりか、必要以上に本作を祭り上げるのはどうかな。

下
  
オリジナル・タイトル:Одинокий Годос Человека
英語タイトル:Man's Lonely Voice
監督:アレクサンドル・ソクーロフ|ソ連|1978年|86分|
原作:アンドレイ・プラトーノフ|脚本:ユーリー・アラボフ|撮影:セルゲイ・ユリズジツキー|
出演:アンドレ・グラドフ(ニキータ)|タチャイナ・ゴリャチョワ(リューバ)|V・デグチャリョフ(ニキータの父)|L・ヤコヴレワ(リューバの母)

レンフィルム関連のソ連映画  
  
  一夜一話からピックアップしました。(題名をクリックしてレビューをお読みください。)

アレクサンドル・ソクーロフ
「マリア」 1975-88年            「日陽はしづかに発酵し・・・」 1988年
「セカンド・サークル」 1990年       「エルミタージュ幻想」 2002年       

アレクセイ・ゲルマン
「道中の点検」 1971年           「戦争のない20日間」 1976年     
「わが友イワン・ラプシン」 1984年    「フルスタリョフ、車を!」 1998年  

次の2作品は、こちらからどうぞ

コンスタンチン・ロプシャンスキー  「ミュージアム・ヴィジター」 1989年
ディナーラ・アサーノワ  「パッツァーニ」  1983年  


一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。          洋画の題名から探す。   国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1140-b7247dde
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「孤独な声」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ  “  レンフィルム ペレストロイカ以前/以後  ” から from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「孤独な声」  監督:アレクサンドル・ソクーロフ  “  レンフィルム ペレストロイカ以前/以後  ” から

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top