Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「薄氷の殺人」  監督 :ディアオ・イーナン  2014年 中国映画

映画 「薄氷の殺人」  監督 :ディアオ・イーナン  2014年 中国映画

上

  クリーニング店の女と、元刑事の男との、サスペンスをはらんだミステリアスなラブストーリー。

組1-0  店の女・ウー(グイ・ルンメイ)は、見るからに はかなげで孤独な印象の女。
  そして、謎の女。この女に近寄り過ぎた男が相次いで殺される事件が起きた。それも、猟奇じみたバラバラ殺人だ。

  この話を元刑事のジャン( リャオ・ファン)は、かつての同僚刑事から聞いた。そしてジャンは、自分が5年前に担当した、バラバラ殺人事件と類似点があまりに多いのに驚いた。興味を持った。そして、その女・ウーに近づく。
  客を装ってクリーニング店に出向いたジャンに、ウーは言う。私に近づかないで。さらには、女への興味を強めていくジャンに同僚刑事から、事件に深入りするなと言われる。

  ジャンは思い切ってウーをスケートに誘った。意外にも彼女は断らなかった。この女、どういう気なのか?ジャンは強引にキスをした。この夜から、ふたりの関係が始まる。深まって行く。そのうちウーは、ジャンが元刑事であることを知る。

  そんなふたりを遠くから見つめる男が2人いた。そのひとりは、ジャンの同僚刑事。だが、この刑事が惨殺された。刑事が残したメモを頼りに、ジャンは犯人を捜し始める。

組2-0  一方、もうひとりの男は依然としてジャンの前に姿を現さなかった。
  だが、ジャンは執拗な追跡を続け、この男を見つけ出し、5年前の猟奇殺人と同一犯だと特定した。同時に、ウーの隠された過去をも知るに至る。それをウーに話すジャン。凛として口を閉ざすウー。
  ついにその夜、犯人を追跡する警察捜査陣の前に、男はウーと並んで現れたのであった。そして・・・。

  サスペンスの仕掛けは複雑ではないが、語り口の展開が凝っているので、入り組んだ話にみえるかもしれない。
  また、「薄氷の殺人」を、例えば2013年のジャ・ジャンクーの「罪の手ざわり」と似た感触の映画と感じる向きもあるかと思う。拳銃の発射音など効果音の低域を誇張し、今風な音作りになっていたり。また、どちらの映画も、物語の背景が荒涼としている、登場人物が押し黙っているといったように共通点が多い。
  大きな違いは、ジャ・ジャンクーは現代中国が抱える矛盾をあぶり出していることだ。だからといって、「薄氷の殺人」が良くない作品と言うつもりはない。どっしりとした重量感を感じさせながらも、楽しめる、しっかりしたエンターテイメント作品になっている。ただし、中国映画のハリウッド風を期待する向きには、そぐわないだろう。

下オリジナル・タイトル:白日焰火|
英語タイトル:Black Coal, Thin Ice|
監督・脚本:ディアオ・イーナン|中国、香港|2014年|106分|撮影:トン・ジンソン|
出演:元刑事のジャン( リャオ・ファン)|クリーニング店の店員で謎の女・ウー(グイ・ルンメイ)|ウーの元夫・リアン(ワン・シュエピン)|クリーニング店の店主・ロン・ロン(ワン・ジンチュン)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 洋画の題名から探す。   国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1147-60f47660
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「薄氷の殺人」  監督 :ディアオ・イーナン  2014年 中国映画 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「薄氷の殺人」  監督 :ディアオ・イーナン  2014年 中国映画

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top