Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「銀河 」    監督:ルイス・ブニュエル

映画「銀河 」    監督:ルイス・ブニュエル

上

道  キリスト教の歴史? 「わかんない・・・」と思うと先が無い映画。
  中世ヨーロッパ観光味の混じった、ドタバタ現代劇と思うといいかも。

  フランス各地の街から始まり、スペイン北部をひたすら西に向かう「地の果て」の地に向かう、キリスト教徒巡礼の道。
  無数の人々が、キリスト教の聖地、サンティアゴ・デ・コンポステーラの街を目指して来た。1000年以上の歴史ある道筋は世界遺産に登録されている。四国のお遍路さんのように、道筋沿いにはお遍路さん向けの気遣いや施設がある。

教会  フランスから巡礼を始め、途中で知り合ったピエールとジャンは、この映画の主人公。高速道沿いを歩いて、できるだけヒッチハイクでラクしたいふたりだが、車はなかなか止まってくれない。フトコロも寂しい。たき火して野宿する。なかなかワイルドだ。ふたりとも、映画の挿入シーンに付き合えるぐらいの暇は十分あるらしい。

シーン

  ピエールとジャンの道すがら、映画はキリスト教の異端裁判やら宗教の陰のさまざまを、挿入シーンで見せる。そして、ピエールとジャンは、これらのシーンに巻き込まれドタバタする。現代を中心にタイムスリップする感じだ。
  
  ●なんで題名が「銀河」なんだ?
  「コンポステーラ」は星の平原という意味らしい。
   よって多くの人々が、星降る道、銀河の道を歩み巡礼するということになっている。
十字架  ●サンティアゴは?
  「聖ヤコブ」のスペイン語らしい。フランス語読みではサン・ジャック。 


原題:La Voie Lactee

監督:ルイス・ブニュエル|フランス、イタリア|1968年|102分|
脚本・台詞:ルイス・ブニュエル、ジャン=クロード・カリエール|
撮影:クリスチャン・マトラス、ベルナール・ノワゼット|
出演:ピエール(ポール・フランクール)|ジャン(ローラン・テルジェフ)|黒マントの男(アラン・キュニー)|レストランでは支配人(J・べルトー)|死の天使(ピエール・クレマンティ)|イエズス会の神父(G・マルシャル)|ヤンセン派の伯爵(J・ピア)|16世紀サラマンカ大学生、ロドルフ(D・マニュエル)・フランソワ(C・ブルック)|娼婦マリア(デルフィーヌ・セイリグ)|

20110116150431d9ee.jpg・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
巡礼の映画 「サン・ジャックへの道」 ~ 一夜一話からピックアップ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  レンタルショップで何を借りようかな~と、あてが無いならコレお薦めします。見終って、さわやかです・・・。ハッピーエンドな話。 
  仲の良くない兄弟3人が、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ目指して巡礼します。 ・・・・「サン・ジャックへの道」へ。   

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
  題名で探す   こちらから
  国名で探す   こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
  題名で探す   こちらから
  監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/115-5f3c85db
Listed below are links to weblogs that reference
映画「銀河 」    監督:ルイス・ブニュエル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「銀河 」    監督:ルイス・ブニュエル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めてはや9年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top