Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「OPEN HOUSE (オープンハウス)」   監督:行定勲

映画 「OPEN HOUSE (オープンハウス)」   監督:行定勲

上上2

  一人住まいの女がふたり。
  夢に向かってここまで来たけれど未だ夢に届かない女と、
  愛する夫を目の前にしながらも いつしかその愛を見失ってしまった女、この二つの話。

  それぞれに、この先を逡巡している。諦めと、いささかの苛立ちが混じる。
  ミツワ(椎名英姫)はモデルをしているが、一向に芽が出ない様子。
  ユイコ(南果歩)は離婚して間もない女。

組1-0  不意に、それぞれの前に、男が現れる。
  通りがかりの男・トモノリ(川岡大次郎)が、泥酔していたミツワを家まで送って、彼はそのまま一泊した。
  何もなく朝になる。昨夜、男は泊まるところさえなかった。
  トモノリは、現実を避ける存在感のない空気のような男。だからか、いつの間にか、なんとなく野良猫みたいに居つき始める。
  関係は、今もって何もない。ミツワは、自身のいらだちを彼にぶつける時もある。

  突然ユイコの前に、別れた夫の知り合いが現れる。  
  ミヤケ(村田雄浩)は、執拗に彼女に付きまとい始める。彼は以前からユイコが好きだったと言う。ストーカーだ。

  そして、ミツワの前にもう一人の男が現れ、ユイコの前に女が現れる。
  ミツワのそれは、かつて父親を裏切った部下であった。ある雑誌の専属モデルにしてくれると言う。 ユイコのそれは、元夫がいま付き合っている愛人であった。

  抑制されたドラマ。ラストも控えめなハッピーエンドか。監督の若きころの感性が味わえる。

  地味な話なので、受けは良くないだろう。出来はイマイチだが、こういう映画を大切にしておきたい。
  収益第一に考える映画は、受け第一に作るから、誰でも分かる分かりやすさ、楽しさを第一に考える。そんな映画ばかりじゃ、売るも作るも観るもみんなして飛行高度を下げていく。下がった高度が普通と思うと、受け第一主義は安易に加速する。その渦中で観る者の観る力は育ちようもなく萎えていく。萎えていくと、売れやすい作りやすい。高度を下げゆくスパイラル。

下監督:行定勲|1997年|114分|
原作:辻仁成|脚本:行定勲、白川多喜子、樽谷春緒|撮影:篠田昇|
出演:ミツワ(椎名英姫)|ユイコ(南果歩)|トモノリ(川岡大次郎)|ミヤケ(村田雄浩)|マキ(川越美和)|ユイコの母親トキコ(加藤登紀子)|ミツワの父親の元部下(小木茂光)|



下0

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。     洋画の題名から探す。                                    国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1158-539f9263
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「OPEN HOUSE (オープンハウス)」   監督:行定勲 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「OPEN HOUSE (オープンハウス)」   監督:行定勲

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top