Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「川下さんは何度もやってくる」   監督:いまおかしんじ  2014年製作

映画 「川下さんは何度もやってくる」   監督:いまおかしんじ  2014年製作

上

  生活は貧しく頼り甲斐いないが、仲間に思いやりある、あったかい男たちの、おバカでお下劣で物悲しい喜劇映画です。

  先輩の川下(佐藤宏)の通夜。ことは、その夜更けに起こった。
  コップ酒片手にひとり、寝ずの番をしていた今西は、突然のことに驚いた!
  先輩が棺桶から、むっくり起き上がったのだ。
  そして叫んだ。 「セックスがしたい!」
  マジかよと思いつつも、現前の事実を飲みこんだ今西は、川下を連れ、真夜中の街へナンパに出かけるのであった。

  そんなことで始まるが、この映画、エロは極力抑え、川下、今西ら30代後半の男三人のショボさを愛情持って描いている。
組1-0  とりわけ、川下役の佐藤の怪演ぶりは最高だ。この人の演技は、映画撮影の枠に収まらない。そして、セリフの数より豪快な笑いのほうが多い。

  とにかく、川下は、車の中の練炭自殺だったが、風俗じゃない女と「セックスしたい」という未練がこの世に残った。
組2-0  話を通夜の夜に戻そう。
  ナンパに出かけたが、夜更けに女はいなかった。
  川下は今西に言った。「以前入院していた時の看護師(倖田李梨)に、今、も一度会いたい!」 というわがままで、この真夜中に今西は、看護師の住むマンションのチャイムを鳴らし女を呼び出した。彼女、川下にまんざらじゃない様子。結果、車の中で、口でしてくれた。
  ことが済んで川下は家にもどり、自ら棺桶に収まって、通夜の夜は明けた。

  一年経った、命日の日。川下は、ふたたび今西らの前に現れた。
  三回忌にも川下は現れた。もちろん、この世にナンパしに。
  そのたびに、互いに再会を喜び、酒を呑みバカを言い合い風呂にも入りカラオケをし、そして川下お目当てのナンパをした。例のあこがれの看護師ともセックスできた。
  川下は、あの世に帰って行く。来年もきっと現れる。「川下さんは何度もやってくる」 のだ。
  
  ナンパされたその子(星咲優菜)は、舞踏家の田中泯(たなか みん)に心酔する女、という設定は意表を突く。真夜中の街頭で、顔を白く塗ってみんなで舞踏するシーンは、いい。
  看護師の女性の言う事から推測すると、川下が生前、入院していた病院は精神科らしそうだ。自室に多量の薬が残されていた。
  もうひとつ、今西らは映画を作る志を抱く男たちらしい。このふたりに、「いい映画を作れよ」という川下のセリフを吐く時だけ、俳優・佐藤宏がマジに見えるのが可笑しい。
  とにかく、佐藤宏の映画である。楽しんでほしい。ただし、男性本位の話です。  
  
下
  
監督・脚本:いまおかしんじ|2014年|82分|
撮影:道川昭如
出演:水澤紳吾|佐藤宏|櫻井拓也|倖田李梨|星咲優菜|守屋文雄|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
   掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 ◆洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

 邦画の題名から探す。   監督名から探す。          洋画の題名から探す。   国名から探す。

 女優名から探す。 
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1175-c66f10a0
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「川下さんは何度もやってくる」   監督:いまおかしんじ  2014年製作 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「川下さんは何度もやってくる」   監督:いまおかしんじ  2014年製作

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top