Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「にっぽん泥棒物語」   監督:山本薩夫

映画 「にっぽん泥棒物語」   監督:山本薩夫

上
                    
林田と安東警部補は、腐れ縁の仲だった。  
上2  映画は実話を基にしているが、作りは喜劇仕立てになっている。
  時は1948年(昭和23年)の冬。連合国の占領下に入って3年が経った頃。
  国土は、まだ疲弊していた。

  さて、映画の舞台は東北の農村地帯。
  主人公の林田義助(三國連太郎)の表の商売は、ニセ歯医者だ。
  村々をめぐり農家の軒先で虫歯や抜歯の治療をする。村の近辺に歯医者がいないので重宝されている。彼がそれなりに治療ができるのは父親が歯医者だったから。器用にも見よう見まねで覚えたようだ。

  一方、裏の商売は泥棒だ。土蔵破りが専門。これが本職だ。手下は数人いる。
  林田は歯医者として怪しまれずに村々を巡り、お目当ての蔵のあるお屋敷を探しだすのだ。
  そして昼間に侵入経路を下調べし、また村人にそれとなく屋敷に住む人の家族構成を聞きだす。
  主に盗み出すのは、蔵の中の箪笥にある和服。高値で売れる。

組2-0  あるお座敷で、林田は芸者の桃子(市原悦子)と出会い、まもなく所帯をもった。
  しかし、林田が桃子に与えた着物を、彼女は盗品と知らずに換金したことから足が付いて、林田はお縄となり、これで前科4犯。
  この件の担当刑事は、林田が今までに何度も世話になっている顔馴染みの安東警部補(伊藤雄之助)であった。

  翌1949年に保釈となった林田は、性懲りも無く、すぐさま土蔵破りをした。
  それは今後、刑が確定し刑務所に入ってしまうと、その間、母親(北林谷栄)を養っていけない。親の生活費を稼ぎだすためだった。
組4-0  犯行は拘置所で知り合った庫吉(江原真二郎)との二人組で実行した。もちろん夜中である。

  だが失敗だった。物音で家人が気付き、ふたりは逃走。村人たちに追われ畔を走り林を抜けて、気付けば、人里離れた国鉄(JR)の線路際。
  そこで林田が物陰から見たものは、土地の者ではない男たちが、闇のなか、線路伝いに歩いて行く光景であった。時を同じくして、別の場所に身を隠していた相棒の庫吉も、この9人の男たちを目撃していた。

  夜が明け始める頃、村中の半鐘が鳴り出した。大勢の村人が集まりだし、林田もその場に駆け寄ると、なんと列車が転覆していた。このあと、林田と庫吉は落ち合い、9人の男たちのことを語り合った。これが、のちの二人の人生を大きく変えることになろうとは、当人たちはこの時、夢にも思わなかった。
  この列車転覆事件は、杉山事件と名付けられ全国に知れ渡る。映画は、この先、この杉山事件を語り出す。

  その頃、相棒の庫吉が安東警部補に呼び出されていた。土蔵破りの件ではなく、杉山事件に関する捜査の一環であった。彼は9人の男たちを見たことを語った。片や、杉山事件弁護団も庫吉に接触し、事件当夜の事情を聞き出していた。
  しかし林田と庫吉にとっては、自分たちを取り巻く状況の変化に戸惑い、また安東警部補の思惑が皆目分からず、ただ不審が募って行くばかりであった。

  結局、杉山事件裁判は、検察側の主張通り、犯行は共産党員の3名とされていた。
  そんななか、林田は懲役4年の判決を受け刑務所に入る。
組6-0  彼は刑務所内で杉山事件の犯人だという3人の男たちを見た。しかし一目見て、あの夜の男たちとは違うと感じた。もっとがっしりした体格の男たちだったし、そもそも犯人は9人いたはず。

  服役中に母を亡くした林田は、4年の刑期を務め終え出所。まともな人生を送ることを固く心に決め、ダムの工事現場で働いた。そこで林田は、はな(佐久間良子)と出会い、結婚。所帯を持ち子供も生まれた。だが自分が泥棒であったことは、はなに言わず日々は流れた。

組7-0  そこへ杉山事件弁護団(加藤嘉ら)が現れた。
  だが、林田はあの夜に見た男たちは、刑務所で見た3人であったと押し通した。もし9人の別の男たちだった事実を話し出せば、ことの仔細を語ることになり、結果、土蔵破りを白状することにもなる。そうすれば、静かに築き上げた はな との幸せは崩れる。安東警部補の顔も浮かんでくる。

  漠とした不安から逃れるため、彼は一家して見知らぬ町に引越しした。
  だが、その町に突然、安東警部補が現れる。そして警部補は、林田に「あの夜に見た男たちは3人であった」と強要し供述調書を取った。さらには、再び杉山事件弁護団が林田の前に現れた。弁護団の調査も進んでいる様だった。
  杉山事件死刑判決が冤罪であることを立証しようとする弁護団のたっての願いで、林田と相棒の庫吉は請われて上京する。そこで弁護団は警察の強要と、林田のこれまでの嘘の証言は家族をかばってのことであったことを知る。

  そして法廷のシーン。
  この先は、観てのお楽しみ・・・。


組8-0  映画で杉山事件としている事件は、御承知の通り、松川事件です。
  占領下の冤罪事件という重いテーマを、うまくひねって喜劇風味の映画に仕立てています。
  いい映画です。先入観を捨て肩ひじ張らずに観るのが、この映画を楽しむ一番いい方法です。
  下の出演者リストを見ていただければ分かるとおり、役者がそろっています。
  若き頃の佐久間良子や素顔の緑魔子も楽しめます。
  印象に残るのは、ニセ歯医者の三國連太郎に、歯を治療してもらう婆さん役の戸田春子。なんとも、いい味出してます。
 
 
  松川事件とは
    ウィキペディアの松川事件についての記事は、こちらから。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/松川事件
    外部リンクですので、今後リンク切れすることがあり得ます。
 

下080監督:山本薩夫|1965年|117分|
脚本:高岩肇 、 武田敦|撮影:仲沢半次郎|
出演:林田義助(三國連太郎)|林田の母(北林谷栄)|林田ふく子(緑魔子)|高橋はな(佐久間良子)|その母(五月藤江)|相棒の馬場庫吉(江原真二郎)|芸者の桃子(市原悦子)|安東警部補(伊藤雄之助)|林田の仕事仲間で弁護団に証言する菊池浩一(花澤徳衛)|菊池健二(山本勝)|木村信(鈴木瑞穂)|田島(山本麟一)|広川巡査(河合絃司)|かめや主人(吉田義夫)|川上(潮健児)|鶴岡質屋主人(沢彰謙)|藤本弁護士 (加藤嘉)|大木弁護士(千葉真一)|斎木記者(室田日出男)|石山支局員(岡野耕作)|大庭(北川恵一)|長谷川(杉義一)|ダム工事の人夫頭(打越正八)|ダム工事の人夫A(久地明)|林田に歯を直してもらう老婆(戸田春子)|検問所巡査A(杉狂児)|検問所巡査B(田川恒夫)|盗難調べの刑事(大木史朗)|若い刑事(今井健二)|差戻審の裁判長(永井智雄)|田村検事(加藤武)|高山検事(大村文武)|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る
  掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

邦画の題名から探す。   監督名から探す。

女優名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

洋画の題名から探す。   国名から探す。
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1186-e480a23a
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「にっぽん泥棒物語」   監督:山本薩夫 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「にっぽん泥棒物語」   監督:山本薩夫

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top