Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「チョン・ウチ  時空道士」   監督:チェ・ドンフン

映画 「チョン・ウチ  時空道士」   監督:チェ・ドンフン

上


        上2






組1  楽しい映画。
  500年前の天界で起きたある事件が発端で、人に姿を変え人間界に降りた二匹の妖怪とそれを追う仙人たちは、一管の笛をめぐって道士たちを巻き込みながら、時空を越え現代のソウルで大暴れするお話。
  VFXとワイヤーアクションによる、お約束のシーンに加え、ここはという勘所を押さえたユーモア。いい感じです。

組2  天界の笛を奪い自由を得えて下界に降りた妖怪。妖怪封じと笛を取り戻すため、下界に向かった間抜けな仙人たち。妖怪と闘う力のない仙人たちは、強い力を持つ道士・ファダム(キム・ユンソク)の協力を仰ぐが、笛の魔力に魅せられたファダムは、いつしかその血が緑に染まって行く。

  一方、主人公のチョン・ウチ(カン・ドンウォン)は飄々とした男で、ファダムに匹敵する道士・チョングァン大師の元で修行中の身。でもチョン・ウチは、酒と女と、道力で悪さをするのが大好きな男。
  こんなチョン・ウチが、おとうと弟子の(元は犬だった)チョレン(ユ・ヘジン)と共に、一連の騒動に巻き込まれ、話はコンガラガッテいきます。
  そして話は進みチョン・ウチは妖怪と戦い、ついにファダムと一戦を交えることになります。
  さて、その結末はいかに、観てのお楽しみ。

  女優イム・スジョンが、500年前の女と、その女にそっくりなスタイリストの女、この二役を演じます。
  チョン・ウチは、その500年前のイム・スジョンに片思いし、時を越えてスタイリストに出会います。この恋の行方が気になります。

道士ファダムと、天界の笛をくわえるチョレン
0000.jpg  娯楽映画と言えども、話の展開をしっかり追って行かないと、アクションシーンだけが記憶に残ることになります。
  それにしても、笛の力やファダムの心変わりのことが、イマイチ分かりづらい。
  物語のベースとなっているのは、李氏朝鮮時代の小説「田禹治(チョン・ウチ)伝」だそうですが、ネイティブであれば、例えば「番町皿屋敷」のお皿のように、説明されるまでもなく分かっているものなんでしょうかね。
  
オリジナル・タイトル:전우치
英語タイトル:WOOCHI
監督:チェ・ドンフン|韓国|2009年|136分|
脚本:チェ・ドンフン (李氏朝鮮時代の小説「田禹治(チョン・ウチ)伝」をモチーフとする)|撮影:チェ・ヨンファン|


出演:チョン・ウチ(カン・ドンウォン)|強い道力を持つ名の知れた道士・ファダム(キム・ユンソク)|500年前の女、スタイリストの女・ソ・インギョ(イム・スジョンが二役)|元は犬だったチョレン(ユ・ヘジン)|天界の仙人であり500年後僧侶に身をやつす(ソン・ヨンチャン)|同様に占い師(チュ・ジンモ)|同じく牧師(キム・サンホ)|チョン・ウチの師であるチョングァン大師 (ペク・ユンシク)|女優(ヨム・ジョンア)|


一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る 下
  掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

邦画の題名から探す。   監督名から探す。

女優名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

洋画の題名から探す。   国名から探す。
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1191-392a31cd
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「チョン・ウチ  時空道士」   監督:チェ・ドンフン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「チョン・ウチ  時空道士」   監督:チェ・ドンフン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top