Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「てなもんや東海道」  監督:松林宗惠

映画「てなもんや東海道」  監督:松林宗惠

上

1-0_2015043019075147f.png  その昔、「てなもんや三度笠」という人気のコメディTV番組があって、本作はその映画バージョン。

  とにかく全編おおらか、アホで行こう、気楽に行こうだ。
  藤田まことと言えば、必殺仕置人、剣客商売かもしれないが、もとはコメディアン。珍念役の白木みのるとは絶妙なコンビ。
  ラストのチャンバラ・シーンは大勢の出演で野外ロケ、豪勢。
  また配役も豪華だ。チョイ役も伴淳三郎ら大物揃い。クレージー・キャッツの面々や漫画トリオやらも。下記の出演者一覧を見ているだけでも楽しい。浜美枝、梓みちよと女優陣もいい。ドリフターズからは、加藤茶が瓦版売りの役。

  たまには、こういう映画も観てみよう。できたら映画館で観たい。


監督:松林宗惠|1966年|92分|
原作:香川登志緒|脚色:長瀬喜伴、新井一、沢田隆治|撮影:鈴木斌|
出演:あんかけの時次郎(藤田まこと)|珍念(白木みのる)|清水次郎長(ハナ肇)|大政(藤木悠)|小政(なべおさみ)|石松(長沢純)|安濃徳次郎 (伴淳三郎)|吉良の仁吉(犬塚弘)|早川の佐太郎(谷啓)|神戸の長吉(石橋エータロー)|鼠小僧次郎吉(南利明)|丹下完膳(左膳)(田中春男)|角井門之助(阿部九洲男)|漫太(横山ノック)|漫次(横山フック)|漫三(上岡龍太郎)|浪人権太夫(天本英世)|風天仙人(上田吉二郎)|般若の政(世志凡太)|太物商卯兵衛(小杉義男)|番頭久松(安田伸)|おきく(中真千子)|お袖(沢井桂子)|お染(梓みちよ)|奴の小万(浜美枝)|おみつ(野川由美子)|茶店の亭主仁平(若月輝夫)|夫婦ゲンカの夫(南都雄二)|夫婦ゲンカの妻(塩沢とき)|中風の老婆(平参平)|宿の番頭五助(原哲男)|女中お春(高橋紀子)|孫娘(浅川美智子)|瓦版売り(加藤茶)|



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1201-faef4d6f
Listed below are links to weblogs that reference
映画「てなもんや東海道」  監督:松林宗惠 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「てなもんや東海道」  監督:松林宗惠

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top