Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ラ・ジュテ」  監督:クリス・マルケル

映画「ラ・ジュテ」  監督:クリス・マルケル

上




0_20150521195910425.jpg






  どういう戦争だったのだろうか。
  第三次世界大戦なるものが勃発し、そして勝利を手にした者も敗者も、極わずかな人々が生き残った。
  核戦争だったのか、パリの街は壊滅状態。生き残りはパリの地下に避難している。

  敗者となった人々は、ある実験のモルモットになった。
  その実験とは、タイムトラベルだ。だが、実験はうまく行かず、発狂する者が後を絶たない。
  ある日、ある男が選ばれた。その男は実験に耐え、過去のパリを散策できた。
  そして、男は過去のパリでひとりの女に出会う。実験が繰り返される度に、男はその女と出会えた。ほのかな愛が生まれる。

  研究者たちは、この男を未来へ行かせることにした。未来から、医療品とエネルギーを持ち帰ること。これは、この実験のそもそもの目的であった。
  そしてその日、未来に行った男は、ある場面に遭遇する。それは・・・。

  映画製作の1962年といえば、冷戦の時代。当時、ことは緊迫していて、核戦争による第三次世界大戦がまるっきり架空のこととは思えぬ時代だった。1962年秋、キューバ危機の折、明日核戦争が起きるかもしれないと日本でも不安な日々があったと、そんな話を聞いたことがある。
  それから50年以上経った現在、創作上のこととは言え当時ほどには、そうそう簡単に第三次世界大戦なんてことは言わない。それより今、問題はより複雑になった。
  ま、それはともかく、映画は第三次世界大戦の戦後からはじまるが、ストーリーは意外にも、男の過去未来、個人の話で終始する。よって戦闘場面などは無い。いわゆるSFを期待しないこと。
下  最後に。野暮を承知で言うが、実験はどうも脳内でのタイムトラベル実験のようだ。なのに、どうやって未来から医薬品を持ち帰れるんだろう? 加えて、エネルギーって、持ち帰れるものなの?

  この映画は全編、動画じゃないです。写真がスライドショーのように次々に現れて話を進めます。でもそれぞれの写真には力があります。そして静かな映画です。
  本作の2年後に、スタンリー・キューブリックによる 「博士の異常な愛情」というシリアスな喜劇映画があった。この映画は、米ソによる回避努力むなしく、核戦争に突き進ん行くその一瞬へと話が進むストーリー。その翌年製作の「アルファヴィル」は、ジャン=リュック・ゴダールの作。電脳化した未来社会を描いて、ソ連や全体主義を批判している映画だった。この二作も冷戦時代の映画です。 「博士の異常な愛情」の記事へは、こちらから。「アルファヴィル」はこちらから、どうぞ。

オリジナル・タイトル:La Jetée
監督・脚本:クリス・マルケル|フランス|1962年|29分|
撮影:ジャン・チアボー、クリス・マルケル|
出演:エチエンヌ・ベッケル|リジア・ボロフチク|ジャック・ブランシュ|ヘレーネ・シャトラン|ジェルマーノ・ファチェッティ|



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1213-1e81dc2b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ラ・ジュテ」  監督:クリス・マルケル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ラ・ジュテ」  監督:クリス・マルケル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top