Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「夫婦フーフー日記」 監督:前田弘二 主演:永作博美、佐々木蔵之介

映画「夫婦フーフー日記」 監督:前田弘二 主演:永作博美、佐々木蔵之介

赤ちゃんを抱え、遺影を持つ夫と、ハンバーガーを食う妻の幽霊。
上







01.jpg





  とても明るくカラッとした、コメディです。
  あらすじは一見、とても悲しいのですが、これが実にいい喜劇に仕立ててあるんです。必見、観てのお楽しみ!!

  20歳代の浩太(佐々木蔵之介)には、飲み屋でわいわい騒ぐ、同世代の楽しい友達がたくさんいたが、あっという間に30歳が過ぎ、やがて30歳も半ばを越すと、クシの歯が欠けたように、呑み会に集まる人数はぐんと減って行った。
  そんなわけで、浩太含め、もう40歳目前になってしまったメンバーが、吹き溜まりのようにテーブルを囲む中に、相変らず優子(永作博美)は常連でいて、やはり相変らず酔っぱらって意味不明な大口をたたいている。
  つまり、互いに知り合ってからのこれまでの17年間、浩太と優子は互いに友達以上のことはなかったのです。

  なかったのですが、ふと、にじみ出るように愛が生まれ、浩太と優子が結婚。そしてすぐ、妊娠が発覚。ふたりは喜んだ。
2-0  しかし、幸せ絶頂のさなか、ヨメ・優子の直腸に悪性腫瘍が見つかる。そして出産、育児が始まる。同時に闘病生活も始まり、ついにヨメが入院するとダンナ・浩太は育児に奮闘する。さらに、そして、治療の甲斐なく、ヨメはあっけなく他界する。
  つまり優子は、浩太と17年間友達で、1年ちょっと夫婦で、そして9か月だけ母親だった。

  そして・・・。
  ヨメの実家で葬儀が行われようとしている。親戚一同が集まった。
  ところが、控えの間にいたダンナの前に、突如ヨメが現れた。ヨメはいたって元気で、笑顔。
  驚くダンナは大声でヨメに話しかける。すると、ダンナの大きな独り言に周囲がびっくり、気が動転してるのね、かわいそう。
  そうなんです。ダンナと観客にしかヨメの姿は見えないのです。
  さあ、ドラマはここら辺から主題に入って行きます。

  ストーリーは、余命あと何日的な仕立てですが、展開にひねりがあります。
  つまり、普通は死ぬまでのあれこれの経過を追う筋立てですが、本作は映画冒頭で新妻・永作博美はすぐにあっけなく死んでしまう。観客の意表を突きます。
  そして、ヨメの死後からの展開は、ダンナと「幽霊になったヨメ」との現在進行のシーンと、ふたりについてのさまざまな回顧シーンとが、交互に入れ替わりながら話は進みます。つまり、現在・過去のシーンのカットバック(切り返し)で、話は進む。このカットバックの冴えが一番の見どころです。
  回顧シーンの様子は、現在のダンナと幽霊のヨメが、過去の自分たちがいるその時へ、タイムスリップします。そして、自分たちの過去の様子(画面合成している)を前にして、ふたりは客観的に眺め語り合い、時に言い争いもします。
  
  何といっても、永作の演技力が映画を引っ張って行きます。さらに、映画を注意して観ていれば、想定外のどんでん返しかと、ハッとさせるトリックが用意されています。これは観てのお楽しみ!! いい映画です。

15_20150603090530785.jpg


監督:前田弘二|2015年|95分|
原作:川崎フーフ|脚本:林民夫、前田弘二|撮影:伊藤寛|
出演:ダンナ・清水浩太(佐々木蔵之介)|ヨメ・清水優子( 永作博美)|エリ(佐藤仁美)|ギテー(通称)・ヨメの弟(高橋周平)|ギフ・ヨメの父親(並樹史朗)|ギボ・ヨメの母親(梅沢昌代)|ダンナの父親(大石吾朗)|ダンナの母親(吉本選江)|佐藤(ダンナとヨメの友人)(宇野祥平)|山下(ダンナの職場の上司)(小市慢太郎)|KZO(杉本哲太)|



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1216-4bd630cb
Listed below are links to weblogs that reference
映画「夫婦フーフー日記」 監督:前田弘二 主演:永作博美、佐々木蔵之介 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「夫婦フーフー日記」 監督:前田弘二 主演:永作博美、佐々木蔵之介

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top