Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「天使」(1982)・「海辺にて」(1992)  監督:パトリック・ボカノウスキー

映画「天使」(1982)・「海辺にて」(1992)  監督:パトリック・ボカノウスキー

  深夜に放映されている魚やサンゴの海中映像を、ぼんやりながめるのが好きです。
  どちらの映画も、そんな気分で観るのがいい。
「天使」 オリジナル・タイトル:L'Ange1-0_2015061814513627f.jpg


  実験映像。アートと科学が未分化だった時代を懐かしむかのような映像だ。それぞれの短編を各章に収めてみせてくれる。
  たぶんに工房的。秘密のラボラトリーで製作されたかのように感じる。
  陰鬱なシーンもあるが、一方でひょうきんさを忘れない。 
  映像は、時に写真的で、また時に抽象絵画のよう。
  繰り返しの映像シーンが多用されるがミニマル的な反復ではない。 
  光と影。ラストはホワイトアウトする。

  バックグラウンドミュージックが残念。どれも映像に添えました的な音で、TVドラマの効果音響の域を出ない。優れた映像作品なだけに、いわゆる現代音楽として、もっとしっかり作曲された上質な曲が欲しいところだ。


監督:パトリック・ボカノウスキー|フランス|1982年|70分|
撮影:フィリップ・ラヴァレット|音楽:ミシェル・ボカノウスキー|特殊効果:クリスチャン・ダニノス、パトリック・ボカノウスキー|



2-00.jpg「海辺にて」 オリジナル・タイトル:La Plage


  海辺の映像を、当時の技術を駆使して加工した短編作品集。
  つまり、非・デジタルなエフェクト効果を効かせた、まどろむような映像。
  感触が柔らかくあたたかい。
  ストーリー性は皆無。ただただ、心地よく眺めていられる。
  第3章の映像は、カメラレンズの前に、不規則な凹凸のある透明ガラスと、模様のある色ガラスを組み合わせた板ガラスを置いて撮影された感じがする。まるで抽象絵画が動く感じ。人がペンギンにみえるのも可笑しい。


監督:パトリック・ボカノウスキー|フランス|1992年|14分|
音楽:ミシェル・ボカノウスキー|

  どちらの映画も、あまり難しく言わない方がいい。
  言ってしまうと、それがフィルターとなって、知識で観てしまう。観る目が曇る。すなおに観ましょう。  

  パトリック・ボカノウスキー Patrick Bokanowski 1943年生まれ。
  絵画、写真、光学、化学を学び、1982年に発表した長編第一作「天使」でアヴァンギャルド映画作家として知られるようになる。画家としても活躍しているらしい。(なるほど) ミシェル・ボカノウスキーは彼の妻。


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 






関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1229-09d65b36
Listed below are links to weblogs that reference
映画「天使」(1982)・「海辺にて」(1992)  監督:パトリック・ボカノウスキー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「天使」(1982)・「海辺にて」(1992)  監督:パトリック・ボカノウスキー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top