Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」 監督:ダーネル・マーティン

映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」 監督:ダーネル・マーティン

上






1-0_20150720132824764.jpg









  1950年代からはじまる、ブルースやロックンロール、ソウルのスターたちの誕生秘話。
  マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、チャック・ベリー、ハウリン・ウルフ、エタ・ジェームズ、みなビッグヒットをかっ飛ばし大スターとなった。
  そしてこの映画は、キャデラック・レコードというレーベルを立ち上げ、彼らを発掘しスターダムに押し上げた、実在の音楽プロデューサー、レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)のサクセスストーリーでもある。
  映画ではキャデラック・レコードという名にしているが、実はチェス・レコードのこと。※注
 
  みどころは、それぞれビッグスターに扮する俳優たちが、自ら歌い演奏していること。これが素晴らしい。ブラックミュージックに詳しい人でも十分に耐えられる実力あるプレーが楽しめる。
  田舎から出てきたばかりで、みすぼらしい姿のマディ・ウォーターズ役が演奏するアコースティックのスライドギターや歌、リトル・ウォルター役が演奏するブルースハープ(ハーモニカ)、チャック・ベリー役の歌とギターそしてあのダックウォーク。そして極みは、女性ソウルシンガー、エタ・ジェームズ役のビヨンセ・ノウルズのソウルフルなボーカルだ。ビヨンセはきっとアレサ・フランクリンなんかが好きだったんだろう。グッときます。特にビヨンセが歌う、チェスとの別れのスタジオ録音シーン。
  ちなみに、エタ・ジェームズ本人の声は押しつぶしたような実に独特なものですが、そんなこと置いといてビヨンセのボーカルを楽しみましょう。

  この映画、一応、史実に沿ってはいるが、省くところは省き、また伝説のベールはベールとして尊重している。
  何回もあるスタジオ録音のシーンは、ブラックミュージックの歴史の重みを感じます。ビヨンセはいままで聴いた事は無かったのですが、これを機に聴いてみようか。ただし、曲の作りやバック演奏や録音方法が今風で、私はきっと聴いてがっかりするかもしれない。
  ブラックミュージックの歴史やミュージシャンに対する人種差別にふれる映画に、ニューオリンズのR&Bやソウル音楽ドキュメンタリー「メイク・イット・ファンキー」がある。こちらからどうぞ。
  
chess.jpg  ※チェス・レコード (Chess Records)は、米国のブルース、R&B系のレコード・レーベル。シカゴに設立し、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリー、エタ・ジェイムズなどの主要な作品を多く送り出した。その影響はブルースに留まらず、ロックンロールの歴史にも大きな影響を与えたと言われている。


下オリジナル・タイトル:Cadillac Records
監督・脚本:ダーネル・マーティン|アメリカ|2008年|108分|
撮影:アナスタス・ミチョス
出演:レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)|マディ・ウォーターズ(ジェフリー・ライト)|エタ・ジェームズ(ビヨンセ・ノウルズ)製作総指揮も担当|リトル・ウォルター(コロンバス・ショート)|チャック・ベリー(モス・デフ)|レベッタ・チェス(エマニュエル・シュリーキー)|ウィリー・ディクソン(セドリック・ジ・エンターテイナー)|ジェニーヴァ・ウェイト(ガブリエル・ユニオン)|ハウリン・ウルフ(イーモン・ウォーカー)|タミー・ブランチャード|ノーマン・リーダス|





【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1249-3ca47c0b
Listed below are links to weblogs that reference
映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」 監督:ダーネル・マーティン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」 監督:ダーネル・マーティン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top