Home > 映画 > 3年前・4年前の8月、一夜一話。 (2012年8月・2011年8月掲載記事)

3年前・4年前の8月、一夜一話。 (2012年8月・2011年8月掲載記事)

  • Posted by: やまなか
  • 2015-08-30 Sun 06:00:00
  • 映画
3年前の8月掲載記事の全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2012年8月 Archive

掲載記事タイトル・リスト
  個別に指定の映画記事を ご覧になるには、下記の画像をクリックしてください。

写真
「ひとりぼっちの二人だが」
監督:舛田利雄
吉永小百合
写真
「教祖誕生」
監督:天間敏広
北野武 萩原聖人 岸部一徳
写真
「居酒屋ゆうれい」
監督:渡邊孝好
室井滋 萩原健一 山口智子
写真
「誰も知らない」
監督:是枝裕和
柳楽優弥 YOU
写真
「夜の河」
監督:吉村公三郎
山本富士子
写真
「愛より強く」
監督:ファティ・アキン
ドイツ、トルコ
写真
「バグダッド・カフェ」
監督:パーシー・アドロン
西ドイツ
写真
「モーツァルトとクジラ」
監督:ピーター・ネス
アメリカ
写真
「動くな、死ね、甦れ!」
監督:ヴィターリー
  ・カネフスキー(ロシア)
写真
「光の旅人 K-PAX 」
監督:イアン・ソフトリー
アメリカ
写真
「青いパパイヤの香り 」
監督:トラン・アン・ユン
フランス ベトナム
写真
「父、帰る 」
監督:アンドレイ
    ・ズビャギンツェフ
写真
「勝手にしやがれ」
監督:ジャン=リュック
        ・ゴダール
写真
「家の鍵」
監督:ジャンニ・アメリオ
イタリア
写真
「にがい米」
監督:ジュゼッペ
     ・デ・サンティス


201551eb_2015082820481311e.png4年前の8月は、16本の邦画・洋画を掲載しています。
1ヶ月分の全文記事は、こちらからご覧になれます。 (2011年8月 Archive
また、個別にその映画記事だけをご覧になりたい方は、下の画像をクリックしてご覧ください。



写真
「Peace」
監督:想田和弘
ドキュメンタリー映画
写真
「鉄塔武蔵野線」
監督:長尾直樹
伊藤淳史
写真
「スナッチ」
監督:ガイ・リッチー
イギリス
写真
「京義線」
監督:パク・フンシク
韓国
写真
「スウィート・スウィート
        バック」

アメリカ
写真
「アントニア」
監督:マルレーン・ゴリス
オランダ
写真
「人生、ここにあり!」
監督:ジュリオ・マンフレドニア
イタリア
写真
「グッド・ハーブ」
監督:マリア・ノバロ
メキシコ
写真
「ロック、ストック&トゥー
 ・スモーキング・バレルズ」

監督: ガイ・リッチー
写真
「秘密と嘘」
監督:マイク・リー
イギリス
写真
「マリア」
監督:アレクサンドル
      ・ソクーロフ
写真
「明るい瞳」
監督:ジェローム・ボネル
フランス
写真
「ナイト・オン・ザ
       ・プラネット」

監督:ジム・ジャームッシュ
写真
「ゴーストワールド」
監督:テリー・ツワイゴフ
アメリカ
写真
「普通じゃない」
監督:ダニー・ボイル
イギリス
写真
「鏡」
監督:アンドレイ
    ・タルコフスキー
写真
鬼海弘雄写真展
「東京ポートレイト」
東京都写真美術館


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら

直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽   

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1273-8b3310ec
Listed below are links to weblogs that reference
3年前・4年前の8月、一夜一話。 (2012年8月・2011年8月掲載記事) from 一夜一話

Home > 映画 > 3年前・4年前の8月、一夜一話。 (2012年8月・2011年8月掲載記事)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top