Home > 映画 > 1年前・2年前の9月、一夜一話。 (2014年9月・2013年9月掲載記事)

1年前・2年前の9月、一夜一話。 (2014年9月・2013年9月掲載記事)

  • Posted by: やまなか
  • 2015-09-15 Tue 06:00:00
  • 映画
1年前の9月掲載記事の全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2014年9月 Archive)

掲載記事タイトル・リスト
   個別に指定の映画記事を ご覧になるには、下記の映画タイトル名をクリックしてください。

1_2015091020152122e.png     2_20150910201522ef3.jpg     3_20150910201524b91.jpg
「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」「水の声を聞く」   「小早川家の秋」
監督:神代辰巳        監督:山本政志        監督:小津安二郎
原田美枝子          玄里

5_2015091020160384e.png     5_20150910201601c53.jpg  
「夢みるように眠りたい」   「祇園囃子」
監督:林海象         監督:溝口健二
佐野史郎           若尾文子、木暮実千代

11_20150910202824c2f.jpg     12_2015091020282592f.jpg     13_20150910202828268.png
「イーダ」         「365日のシンプルライフ」   「愛しのタチアナ」 一押し
監督:パベウ・パブリコフスキ 監督:ペトリ・ルーッカイネン 監督:アキ・カウリスマキ
ポーランド          フィンランド          フィンランド

14_20150910202921c1b.jpg     15_20150910202923d24.jpg     16_20150910202924e70.jpg
「最愛の夏」 一押し     「マンハッタン」        「黒いジャガー」と「スーパーフライ」
監督:チャン・ツォーチ    監督:ウッディ・アレン     監督:ゴードン・パークス親子
台湾             アメリカ            アメリカ

201551eb_20150910203032013.png2年前の9月は、11本の邦画・洋画を掲載しています。
1ヶ月分の全文記事は、こちらからご覧になれます。 (2013年9月 Archive)
また、個別にその映画記事だけをご覧になりたい方は、下の映画名をクリックしてご覧ください。



1いつか読書する日     2少年     3にあんちゃん
「いつか読書する日」     「少年」          「にあんちゃん」
田中裕子、岸部一徳      監督:大島渚         監督:今村昌平
4寝ずの番     5旅籠屋騒動     6裸の19才
「寝ずの番」 一押し     「旅籠屋騒動」       「裸の十九才」
中井貴一、木村佳乃     監督:森一生       監督:新藤兼人

モル     8指輪をはめたい
「モル」          「指輪をはめたい」
監督:タナダユキ       小西真奈美、真木よう子

11さすらい     12SWEET SIXTEEN     13天使が見た夢
「さすらい」        「SWEET SIXTEEN」     「天使が見た夢」
監督:ヴィム・ヴェンダース   監督:ケン・ローチ    監督:エリック・ゾンカ



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1280-19cc323d
Listed below are links to weblogs that reference
1年前・2年前の9月、一夜一話。 (2014年9月・2013年9月掲載記事) from 一夜一話

Home > 映画 > 1年前・2年前の9月、一夜一話。 (2014年9月・2013年9月掲載記事)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top