Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「白線秘密地帯」 監督:石井輝男 主演:三原葉子、宇津井健

映画「白線秘密地帯」 監督:石井輝男 主演:三原葉子、宇津井健

取り調べ中にウィンク。
トルコ嬢の三原葉子と、若手刑事の宇津井健

上2


1-0_20150922203737742.png









 昭和33年の東京、猥雑なワイルド感が楽しめるサスペンス群像劇。

 当時の街に紛れ込んだように感じさせる野外ロケ、リアルな高揚感。
 上野御徒町のトルコ風呂(ソープランド)、売春防止法施行直後、どの店も閉店し閑散とした元・遊郭(洲崎パラダイス)、ごった返す中山競馬場(千葉県船橋)、下町・三河島界隈など、まだ若い戦後東京を活写する。
 新たな売春ビジネスを模索するやくざ、勧誘される若い女たち、秘密会員に入会する成り上がりの上客たち、殺人事件、奔走する刑事たち。

 石井輝男監督の地帯((ライン)シリーズは五作あるが、第一作の「白線秘密地帯」(1958)と第四作の「セクシー地帯」(1961)が気に入っている。以前に書いた「セクシー地帯」の記事はこちらからどうぞ。

 昭和33年
 売春防止法施行、東京タワー公開、巨人・川上哲治選手引退、長嶋茂雄選手デビュー、王貞治投手の巨人軍入団決定、皇太子・明仁親王と正田美智子の婚約発表、聖徳太子の新1万円札発行、チキンラーメン発売、日本初の缶入りビール発売、スーパーカブ発売、東海道本線国鉄初の電車特急「こだま」運転開始、ブルートレイン「あさかぜ」運行開始、関門トンネル開通、東京通信工業がソニーに社名変更、後楽園ホールの前身・後楽園ジムナジアム開場、第1回日劇ウエスタンカーニバル開幕

2-0_20150922210234076.png


 
監督:石井輝男|1958年|71分|
脚本:内田弘三|撮影:吉田重業|
出演:宇津井健(田代刑事)|三原葉子(トミ)|近衛敏明 須藤|天知茂 久保木|若月輝夫 岸本|大江満彦 佐伯|荒川さつき 宇田川政子|葉山由紀子 志津江|吉田昌代 みどり|瀬戸麗子 和美|筑紫あけみ お時|中村彰 捜査主事|鳥羽陽之助 谷田部刑事|倉橋宏明 捜査一課長|真木裕 川村刑事|中島一豊 酒井刑事|守山竜次 小泉|九重京司 トルコ風呂の客・松崎|国創典 宮本刑事|大友純 河津|佐伯一彦 (殺し屋・フックの鉄)|菅原文太 (その子分・伍東)|菊川大二郎 関口|小林猛 競輪場の紳士|宮田文子 友子|三宅実 キャンディー屋|浅見比呂志 偽刑事|万代裕子 旅館の女将|沢恵子 旅館の女中|岡竜弘 帽子屋|信夫英一 婦人相談員|













【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              





関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1283-014a42a7
Listed below are links to weblogs that reference
映画「白線秘密地帯」 監督:石井輝男 主演:三原葉子、宇津井健 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「白線秘密地帯」 監督:石井輝男 主演:三原葉子、宇津井健

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top