Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「その夜の侍」  監督:赤堀雅秋 主演:堺雅人

映画「その夜の侍」  監督:赤堀雅秋 主演:堺雅人

上



上2


0_201510081246465fa.jpg






 ある日、木島(山田孝之)はトラック運転中に、自転車の女をはねた。周りは誰もいない田舎道。
 同乗の小林(綾野剛)は救急車を呼ぼうとしたが、木島はこれを制して、トラックはその場を去った。のちに、死亡ひき逃げ事故の犯人として木島は2年服役した。

 その自転車の女・久子(坂井真紀)は、町工場の主人中村(堺雅人)の妻であった。夫想いの妻であった。
 それからというもの、中村は電話をそばに置いて、久子からの最後の留守録を繰り返し再生しては、彼女の声を幾度となく聞くのである。久子の兄の青木(新井浩文)は、そんな中村を心配した。時が経ち再婚も勧めたが本人にその意思はなかった。今だに久子が忘れられないのだ。中村は密かに木島を尾行し、物陰から彼の行動を執拗に観察する日々が続いた。

 あの時から、そろそろ5年が経とうとする頃、木島に脅迫状めいた手紙が毎日届くようになった。「お前を殺して俺も死ぬ。決行まで、あと10日」と、決行の日を刻んでくる。木島は徐々に気が立ちはじめる。状況を察した中村の義兄青木は、木島と中村の間に入って、ことを穏便に済まそうとするが、ついにその日が来た。久子の命日である。

木島に反発しながらも、彼に魅きつけられる人々 
0000_20151008130042e68.jpg 町工場の工員役の高橋努、でんでんをはじめ、ホテトル嬢役の安藤サクラなど脇役が充実している。脇役の何気ないセリフや身振りが生きている。そんな中、堺雅人がいい味を出して崩れていく中村をうまく演じている。

 残念なのは木島役の山田孝之の演技。木島という男は根っからのワルだが、周囲の人間を何故だか魅きつけてやまない男。かつ、それを確信犯的に利用する男。だが演技はそう見えない。木島という存在が、この物語のもうひとつの重要な軸なのだが。
 また、中村と木島の対決シーンが頂けない。カメラを回せば回すほどに、シーンの締まりの無さが露わになってしまう。映画ならではの格闘シーンの立ち回りの技が欠けているとも言える。
 総じて、少し残念な映画ではあるが、原作と堺雅人の演技は魅力的だ。


監督・原作・脚本:赤堀雅秋|2012年|119分|
撮影:月永雄太|主題歌:UA|
中村(堺雅人)|木島(山田孝之)|中村の義兄青木(新井浩文)|木島と腐れ縁の小林(綾野剛)|中村の亡妻久子(坂井真紀)|星(田口トモロヲ)|昭子( 木南晴夏)|道路工事現場の警備バイト関由美子(谷村美月)|工場の工員久保浩平(高橋努)|青木の同僚で中村の見合い相手・川村幸子(山田キヌヲ)|ホテトル嬢・ミカ(安藤サクラ)|工場の工員佐藤進(でんでん)|スナックのママ(峯村リエ)|工場の工員谷稔(黒田大輔)|スナックの老人(小林勝也)|詩集を売る老人(三谷昇)|


下




一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る 
  掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

邦画の題名から探す。   監督名から探す。    女優名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

洋画の題名から探す。   国名から探す。
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
 

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1290-33836653
Listed below are links to weblogs that reference
映画「その夜の侍」  監督:赤堀雅秋 主演:堺雅人 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「その夜の侍」  監督:赤堀雅秋 主演:堺雅人

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top