Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「下妻物語」 監督:中島哲也 主演:深田恭子、土屋アンナ

映画「下妻物語」 監督:中島哲也 主演:深田恭子、土屋アンナ

上





1-0_20151025163443c88.jpg










 ご存じの「下妻物語」。
 下っ端やくざの娘・桃子(深田恭子)と、実は良い家庭の娘・イチゴ(土屋アンナ)のふたりが織りなす、おかしなお話。

 桃子はロリータファッションに夢中で、ファンタジーの世界にひとり浸るおとなしい子。孤独を愛し友達を作らない高校生。
 イチゴは良い家庭環境のもとに生まれたが、今じゃレディース(暴走族)でヤンキー。でも、元はいじめられっ子で、ある夜、レディース・チームのボス・亜樹美(小池栄子)に出会い、言葉を掛けられて、自分の生きる道を知った。

 こんなふたりが、ふとしたことで出会い、あれやこれやがあって、互いに引き寄せられていく。
 ラストのケンカシーンでは、関西系ヤクザの子として育った桃子の本性が発揮される。

 久方ぶりに観てみましたが、いいですね。映画に骨がある。昨今のヤワな邦画たちを蹴散らす出来です。
 本作監督の中島哲也の作品のうちこれまでに、「ビューティフルサンデー」をあげています。この記事はこちらから、どうぞ。これも好きな映画です。

監督・脚本:中島哲也|2004年|102分|
原作:嶽本野ばら 小説「下妻物語」|撮影:阿藤正一|
出演:深田恭子(竜ヶ崎桃子)|土屋アンナ(白百合イチゴ)|宮迫博之(桃子の父)|篠原涼子(桃子の母)|阿部サダヲ(一角獣の龍二)|岡田義徳(BABY, THE STARS SHINE BRIGHT の社長)|小池栄子(亜樹美)|矢沢心(ミコ)|荒川良々(八百屋の若旦那)|生瀬勝久(パチンコ屋店長)|本田博太郎(組の兄貴分)|樹木希林(桃子の祖母)|
下













一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る 
  掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

邦画の題名から探す。   監督名から探す。    女優名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

洋画の題名から探す。   国名から探す。
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
 


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1297-7c029e32
Listed below are links to weblogs that reference
映画「下妻物語」 監督:中島哲也 主演:深田恭子、土屋アンナ from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「下妻物語」 監督:中島哲也 主演:深田恭子、土屋アンナ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top