Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「世紀の光」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

映画「世紀の光」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

上






 つかみ所のない映画かも知れません。一貫するストーリーは見当たりません。
 ですが、いいです。映像は魅惑的です。
 アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の魔術を堪能できます。

 この映画には、相対的なありさまが、対になって幾つも出てきます。
 対比が一番大きく描かれるのが、自然豊かな地方と、都市化された都会。(地方のシーンが映画前半、都会が後半という映画構成になってます。) 
 ほかには、西洋と東洋の医学、自然と超自然、この世とあの世、田舎の愛・都市の愛、科学と非科学、自然の癒し・都会の憂いなどがあげられるでしょう。監督は理系の人ですね、対比できることに魅かれるのでしょうか。

1-0-1.jpg ただし、相対的なありさまは、互いに優劣を競うものとしては描かれていません。両者の境界線は、穏やかに馴染むまでの様相です。そして、映画全体は監督独特の「アジアの不思議のベール」で包まれています。
 あわせて、地方と都会のそれぞれのシチュエーションにおかれた人々の、出会いや愛を織り込んでいます。 
 かつ、話の舞台は、地方の簡素な病院と都会の大病院で、それぞれに医師や患者らが登場します。

 病院の裏手は一面田んぼという地方にある静かな総合病院。
 ここに勤務する若い女性医師が年老いた僧侶を診ています。ところが診察の最中に、僧侶が医師に言います。心が乱れていますね。(なるほど。医師に金を借りた男が期日までに金を返せないと言いに、ついさっき病院に来ていました) 
 また僧侶はこの薬を飲めば身体にいいと言って漢方薬になる乾燥させた植物を医師に渡します。さらには、そう言いながらも、寺の僧侶たちのために薬をくれと医師に言います。西洋医学と東洋医学(&仏教)の出会いです。

2-0-1.jpg この女性医師の回顧シーンがあります。
 以前に片思いで終わった男との出会い。男には好きな女性がいました。
 その女性と医師のふたりが自然に囲まれた沼のほとりで穏やかに会話しています。
 そして女性は、この沼に伝わる不思議な伝説を医師に語って聞かせる、そのシーンで映画は皆既日食を幻想的に見せます。
 一方、映画後半では、都会の大病院の一室のシーンで、不気味なダクトが緊張感を誘います。
 (何か通底する超自然な不思議感を表わしているのでしょうか)

 地方の病院に歯科医の若い医師がいます。
 この医師は患者の若い僧侶にシンパシーを感じます。ある夜、病院の敷地の一画で開催された祭りで、医師はこの僧侶に会い、立ち話をし、血縁関係でもないのに何故かシンパシーを感じることを伝えます。現世と前世・来世の中での、不思議な出会いを語り合います。

 男女の愛のエピソードを地方と都会で短く描きます。
 先ほど登場した女性医師は、院内で地元の男から突然に求婚されますが、医師はその男とちゃんと向き合い、その気がない事を穏やかに伝えます。
 一方、映画後半で、都市の大病院に勤務する男性医師は付き合っている彼女から、郊外に建設される巨大なプラント施設に就職できたので一緒に引っ越ししようと、熱烈なキスのさなかに突然に言われます。現地にも医師の働き口はあるからと彼女は言いますが、医師は顔をそむけて無言で窓の外を見ています。

 この男性医師が同僚と一緒に大病院の地下にある部屋に入ります。
 そこには年老いた女性医師がいて、青年の患者に対してシャーマニズムな民間医療を施しています。男性医師らは、これをじっと見つめています。(科学と非科学の対比)

 切りないですが、最後に。先ほどの女性医師がある男性医師を採用面接するシーンが映画冒頭にあります。
 映画後半で、この女優は大病院でも同じ役で登場し、同じく男性医師を面接します。そして、この男性医師役も同じ男優で、それぞれ二人は二役で登場します。同じことでも生活環境や社会背景が違うと、人は違う反応をするという事らしいですが、いかがでしょうか・・・。

 とにかく、映像がものを言う映画です。文章表現では、なかなか魅力が伝わりません。
 ちなみに、地方の病院で行われた祭りで、小さなライブがあった。ギターを伴奏に歌う歯科医。この曲が実にいい。タイの現代ポップス。 

【アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の映画】  ・・・これまでに記事にした監督の作品です。
 以下のタイトル名をクリックして記事をお読みください。

 「真昼の不思議な物体」 (2000年)
 「ブリスフリー・ユアーズ」 (2002年)
 「アイアン・プッシーの大冒険」 (2003年)
 「トロピカル・マラディ」 (2004年)
 「世紀の光」 (2006年、日本公開は2016年)
 「ブンミおじさんの森」 (2010年)
 「メコンホテル」 (2012年)
 「光りの墓」 (2015年、日本公開は2016年)

オリジナル・タイトル:Sang Sattawat
英語タイトル:Syndromes and a Century
監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン|タイ・フランス・オーストリア合作|2006年|105分|
撮影:サヨムプー・ムックディープロム
出演:サクダー・ケァブアディーほか

下

一夜一話の歩き方・ガイド
◆TOPページ (総合案内) ここから見る 
  掲載映画人気ランキング・新着映画紹介・お薦め映画ピックアップを随時、掲載中。

◆ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます。)

邦画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。 

邦画の題名から探す。   監督名から探す。    女優名から探す。

洋画評だけ見る。(直近掲載50作) こちらから、どうぞ。

洋画の題名から探す。   国名から探す。
         
◆ 記事全リスト (All Archives)
   
 




関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1308-8e615273
Listed below are links to weblogs that reference
映画「世紀の光」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「世紀の光」 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top