Home > 映画 > 1年前・2年前の11月、一夜一話。 (2014年11月・2013年11月掲載記事)

1年前・2年前の11月、一夜一話。 (2014年11月・2013年11月掲載記事)

  • Posted by: やまなか
  • 2015-11-18 Wed 00:00:00
  • 映画
1年前の11月掲載記事の全文をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。 (2014年11月 Archive)

掲載記事タイトル・リスト
  個別に指定の映画記事を ご覧になるには、下記の映画タイトル名をクリックしてください。

1鴛鴦歌合戦     2箱入り息子の恋     3穴
鴛鴦(おしどり)歌合戦」   「箱入り息子の恋」     「
 監督:マキノ正博       監督:市井昌秀       監督:市川崑
 片岡千恵蔵、ディック・ミネ  夏帆            京マチ子

4顔役
顔役
監督・主演:勝新太郎

5タラデガ・ナイト オーバルの狼     6記憶が私を見る     7グロリア
タラデガ・ナイト オーバルの狼」 「記憶が私を見る」    「グロリア」1980年
 監督:アダム・マッケイ     監督:ソン・ファン     監督:ジョン・カサヴェテス
 アメリカ            中国           アメリカ

8バニシング・ポイント     9呼吸     10扉の少女
バニシング・ポイント」    「呼吸」          「扉の少女
監督:R・C・サラフィアン 監督:カール・マルコヴィックス 監督:チョン・ジュリ
 アメリカ           オーストリア         韓国

11生きる
生きる
監督:パク・ジョンボム
韓国

もう1年前402年前の11月は、13本の邦画・洋画を掲載しています。
 1ヶ月分の全文記事は、こちらからご覧になれます。 (2013年11月 Archive)
 また、個別にその映画記事だけをご覧になりたい方は、下の映画名をクリックしてご覧ください。



1スチャラカ社員1   2日本列島2   3ビューティフルサンデー3
「スチャラカ社員」       「日本列島」        「ビューティフルサンデー」
 監督:前田陽一       監督:熊井啓         監督:中島哲也
 ミヤコ蝶々長門勇      宇野重吉、芦川いづみ     永瀬正敏

4豚と軍艦4   5サーカス五人組5       6八日目の蝉6
「豚と軍艦」         「サーカス五人組」       「八日目の蝉」
 監督:今村昌平       監督:成瀬巳喜男        監督:成島出
 長門裕之、吉村実子                     永作博美、井上真央

7M/OTHER7     8土8      9僕は天使ぢゃないよ9
「M/OTHER (マザー)」  「土」           「僕は天使ぢゃないよ」
 監督:諏訪敦彦        監督:内田吐夢        監督:あがた森魚
 三浦友和、渡辺真起子

静かな映画
静かな映画 邦画編 
心静かな時に観る映画ピックアップ

10ジェリーフィッシュ10      11デタッチメント 優しい無関心11       12わが友イワン・ラプシン12
「ジェリーフィッシュ」     「デタッチメント 優しい無関心」  「わが友イワン・ラプシン」 
イスラエル                             ロシア
監督:エトガー・ケレット他   監督:トニー・ケイ        監督:アレクセイ・ゲルマン

13M13.jpeg
「M 」  
監督:フリッツ・ラング


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1311-bb9cdb70
Listed below are links to weblogs that reference
1年前・2年前の11月、一夜一話。 (2014年11月・2013年11月掲載記事) from 一夜一話

Home > 映画 > 1年前・2年前の11月、一夜一話。 (2014年11月・2013年11月掲載記事)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top