Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > スリランカ映画 「白い光の闇」、タイ映画 「消失点」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

スリランカ映画 「白い光の闇」、タイ映画 「消失点」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

1-0_20151127151157a51.jpg「白い光の闇」  DARK IN THE WHITE LIGHT
スリランカ / 2015年 / 82分
監督:ヴィムクティ・ジャヤスンダラ (Vimukthi JAYASUNDARA)

 幼い頃から死を恐れ、同時に死に興味ある男が、医学部に入学したが大学では死について教えてくれなかった。男は失望し僧侶になった。そしてひとりの老僧から死についてのさまざまを学んだ。ある日、老僧は山の中、大きな岩のそばで静かに死んでいった。若い僧侶は、その老僧の傍らにいつまでも佇んでいた。
 街中に事務所を構える男は、臓器を買い上げる商売をしている。腎臓は二つある。事務所では、その一つを売りたい人たちが、彼のトークを静かに聞き入っている。ある日、金に窮した母親が、年ごろの娘の腎臓を売りに来た。男は前金を渡し、母親は娘を事務所に置いて帰って行った。
 この男を手下として使い、臓器ビジネスをしている医者がいる。だが医者は苦悩している。そしてその苦悩から逃避するため、彼はレイプを重ねる。病室の女に麻酔を嗅がせもする。ついに医者は人里離れた山の頂で焼身自殺した。それからというもの、付近の村人たちは、時々、山から獣のような呻き声を聞くという。医者が物の怪と化したと噂されている。
 時が経ち、あの若い僧侶は、風に煽られる荒涼とした草原へと、ひとり分け入っていく。
 スリランカの現代を生きる登場人物の、不安定で何か心もとない胸の奥を煽り立てるように、風は吹く。
 

1-0_2015112715224563f.jpg「消失点」  Vanishing Point
タイ / 2015年 / 100分
監督:ジャッカワーン・ニンタムロン (Jakrawal NILTHAMRONG)

 たぶん、今回、一番分からない作品。 
 ・ 林の中で行われている現場検証。修学旅行中の女子学生殺人事件の犯人が、刑事から犯行再現を要求されているが記憶が不確かで、刑事の言いなりに再現している。
 ・ 裕福な一家3人が食事をしているが、重たい沈黙が続く。母親は夫を憎んでいるようだ。娘も何やら悩んでいるようだが彼女は明日から修学旅行らしい。
 ・ 若い男が女を買いに行く。建物の中は怪しげな明かりだ。年増の女が男を誘い部屋に入る。二人はとりとめない話をしている。
 ・ 中年男性と若い女性は不倫関係のようだ。ドライブ中、男はこのあたりは内戦が激しかったと当時の事を女性に語り聞かせている。
 ・ 男は人生の相談をしに寺へ行き、境内で掃除をしている老僧に話しかける。老僧は、説教じみたことは言わずに、自身が見た夢の話をし始める。僧侶も人間である。生々しい話を男は聞いている。
 ・・・等々、たくさんのシーンが列挙されモザイクを形成している。ストーリーは無い。
 監督は百人百様の見方ができる作品だと言う。なんとも言いようの無い、現代美術の不思議なオブジェを見ている印象。








関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1316-5edb9c39
Listed below are links to weblogs that reference
スリランカ映画 「白い光の闇」、タイ映画 「消失点」 ~第16回東京フィルメックス上映作品 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > スリランカ映画 「白い光の闇」、タイ映画 「消失点」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top