Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 韓国映画 「コインロッカーの女」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

韓国映画 「コインロッカーの女」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

左から2人目がヤミ金の女ボスにして養母、その右がイリョン。
手前の若い3名はイリョンと同様、幼い頃に連れて来られて、
女ボスに「非情な借金取り立て屋」として育てられた。
右から2人目の男は、債務不履行で殺された者から臓器摘出する医師。
「コインロッカーの女」  Coin Locker Girl上2
 
韓国 / 2015年 / 111分
監督:ハン・ジュニ (HAN Jun-hee)
出演:キム・ゴウン(イリョン)|キム・ヘス(ヤミ金融の女ボスでイリョンらの養母)|ほか


1-0_2015113011184918b.jpg



 バイオレンスな裏の世界と、短く はかない初恋を描くアクション映画。
 仁川でヤミ金融業を営む女(キム・ヘス)は、浮浪児を集めて養い、借金回収の仕事をさせていた。要領の悪い子は、まるで不要な脇芽を摘み取るように容赦なく捨てられた。

2-0_2015113011303752e.jpg 主人公のイリョン(キム・ゴウン)は、へその緒が付いたまま、駅のコインロッカーに置き去りにされていた。だが幸運にも、その泣き声で周囲の浮浪者たちに見つけ出され、その一員として育てられていた。そして4、5歳のころに、この女ボスの家に連れてこられた。
 いま、女の元にいるイリョン含め4人の若い男女は、脇芽として摘み取られずにどうにか生き残った子たちであった。彼らは、女と家族同然の暮らしを続け、そして情け容赦なく借金回収する子分として育成された。

 ある債務者の男が多額の返済を滞らせ、息子を残し海外へ逃亡、行方不明となった。この案件がイリョンの担当となる。イリョンは残る息子に脅しをかけるため、ナイフ片手に彼が住むマンションへ向かった。
 ところが、彼は穏やかな優しい男であった。イリョンは今までこういう人種に会ったことがない。そして、いい男。イリョンは生まれて初めて、うかつにも男に惚れてしまう。(男勝りの彼女が、女の表情を見せるシーン。) 
 
 イリョンの異変にボスの女も仲間も気付いた。ボスは債務者のその息子を殺すため、手下をマンションに送った。これを察したイリョンは仲間うちと争い、男を逃がそうとする。しかし、殺されてしまう。その死体をすぐ持ち帰り、臓器を取り出そうとする仲間たち。イリョンも殺されかかったが、ボスが止めた。
 (埠頭のコンテナの中に多数の女がいるシーン)売られていく商品たちだ。その中にイリョンがいた。だが彼女は隙を見て逃亡できた。後日、イリョンは女ボスの家に現れる。ボスは彼女を待っていた。イリョンはボスの前でナイフを突き出した・・・。

3-0_2015113013204709b.jpg 拾われてきた浮浪児たちにとって、女ボスは養母とも言えるが、子たちをヤミ金の戦士に育てた鬼。だが、女ボスには僅かに人間の心が残っている。それに魅かれる(使い捨ての)戦士たち。映画は、この微妙なところをうまく表現している。
 また、イリョンはじめ拾われてきた4人の仲間たちはそれまで兄弟姉妹のようだったが、イリョンの初恋をきっかけに、イリョンに殺されかかった仲間は彼女を殺そうとする。一方イリョンをかばう仲間の思いに彼女は助けられる。この辺りの人物設定やストーリー展開もうまい。

4-0_20151130132844c20.jpg 最後まで飽きさせないエンターテインメント作品。しっかりした構成、よく書き込まれた脚本。ハン・ジュニ監督のパワフルなデビュー作。





下



【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              



関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1321-d100a86e
Listed below are links to weblogs that reference
韓国映画 「コインロッカーの女」 ~第16回東京フィルメックス上映作品 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 韓国映画 「コインロッカーの女」 ~第16回東京フィルメックス上映作品

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top