Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「どついたるねん」  監督:阪本順治

映画 「どついたるねん」  監督:阪本順治

上

1-0_20151216173404e84.png 阪本順治監督のデビュー作。ナニワの娯楽映画。
 プロボクシング・チャンピオンの安達(赤井英和)が、イーグル友田にノックアウトされる。(映画はこのシーンから始まる)
 リング上で意識不明になり、救急車で搬送される。脳挫傷で急性硬膜下血腫となり開頭外科手術が行われたが、奇跡的に快復、退院した。医師(芦屋小雁)から、もう一度ボクシングをすれば生命の保証はないと宣告された。引退である。

 安達が所属するジムは、家電販売の店頭を改造したおんぼろ零細ジム。正規のリングサイズのスペースがない。ただし歴史はあるようだ。ジムのオーナーは、鴨井(麿赤兒)といい、娘の貴子(相楽晴子)と二人三脚でやっている。安達に続くボクサーはいない、やっとそこそこなのは若い清田(大和武士)だけ。
 安達は引退して(せざるを得なくて)選手を諦め、ジムを開くことにした。資金は北山(美川憲一)が出した。広々とした明るいジムが完成。トレーナーを募集し、元チャンピオンの左島という男(原田芳雄)が雇われた。

 安達のジムは、プロボクサーを目指す多くの若者が集まったが、やがて皆、辞めていった。安達持ち前のファイティング・スピリットがあまりに強く前に出て、皆、日々の指導について行けなくなったのだった。彼はジム経営に向いていないと悟る。

 自暴自棄の日々を越えて、安達は現役復帰する。鴨井のジムに戻ったのである。そして、左島トレーナーの元、貴子も鴨井も応援した。復帰する試合の対戦相手は、なんと!教え子の清田である。清田はこの間、力をつけていたのだった。さて、その試合は、いかに・・・。

◆ 【阪本順治の映画
 これまでに記事にした映画です。タイトル名をクリックしてご覧ください
 「ビリケン」、「愚か者 傷だらけの天使」、「
 
下監督・脚本:阪本順治|1989年|110分|
撮影:笠松則通
出演:赤井英和(安達)|麿赤兒(ジムのオーナー:鴨井)|相楽晴子(その娘・貴子)|大和武士(清田)|笑福亭松之助(安達の父親)|正司照枝(安達の母親)|芦屋小雁(足立を診た医師:宮田)|輪島功一(輪島功一)|結城哲也(原田会長)|大和田正春(安達をノックアウトした勝者:イーグル友田)|升毅(ジョー)|ハイヒールモモコ(レポーター)|山本竜二(マスター)|美川憲一(安達を資金援助する北山次郎)|原田芳雄(元チャンピオンでコーチに雇われた左島牧雄)|


【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 






関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1332-d36791bd
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「どついたるねん」  監督:阪本順治 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「どついたるねん」  監督:阪本順治

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top