Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ミスター・ロンリー」  監督:ハーモニー・コリン

映画 「ミスター・ロンリー」  監督:ハーモニー・コリン

上

1-0_2015121816453562d.jpg 主人公の若い男は、幼い頃から自分が普通でないことに苦しんできた。周囲の皆と同じ感覚を、どうしても共有できない。
 そんな、いわば「異星人の孤独」に耐えられず、彼は自分でない誰かになりたかった。誰かになることができれば、精神的安定が得られるだろう。いつしか彼は、マイケル・ジャクソンになった。
 そして、食っていくために、彼はマイケル・ジャクソンそっくりの路上パフォーマーとなった。パフォーマンスを見てもらい、そっくりと認めてもらって初めて、彼は自分ではない人間になれるのである。

 ある日、マイケル・ジャクソン(ディエゴ・ルナ)は、パリの街でマリリン・モンローに成りきった女(サマンサ・モートン)に出会う。出会ってふたりはすぐに惚れ合った。女は一緒にスコットランドへ行こうと誘う。そこには、大きい古い館があって「有名人そっくりさん」として生きる人々が、そこで集団生活していると言う。人里離れた静かな湖畔に建つ館と、風光明媚なその地は、楽園だと言う。

2-0_20151219182550370.jpg この館に来てマイケル・ジャクソンは、自分と同類の人々に囲まれて静かな日々を送り始める。ここの人々の年齢はさまざま。なりきっている姿もさまざま。チャップリン、ヨハネ・パウロ2世(ローマ教皇)、リンカーン大統領、ジェームス・ディーン、サミー・デイヴィスJr.(歌手・俳優)、シャーリー・テンプル、三ばか大将3人組(コメディーグループ)、マドンナ、エリザベス女王、赤ずきんちゃん。鶏に成りたい少年もいる。世間が思う、似てる似てないの冷たい視線に耐えて鍛えて来た人々。自分ではない他者になりたい、なることに一途な人々。彼らは互いに互いを尊重しあい、一様に楽しげだ。彼らにとってここは、誰にも邪魔されることのない孤高の楽園。
 そんな彼らも、世間という現実は回避できない。世間にそっくりと認めてもらって初めて、彼らは自分ではない人間になれる。だが、他者に成りきっても、所詮、他者ではない。彼らは内に悶々としたものを抱えている。

 映画は、以上の話に、もうひとつの話を伴走させる。それは、世間に、ローマ教皇に認めてもらいたいと願う人々の話。
 未開の地に、神父とシスターたちがいる。神父が操縦する軽飛行機にシスターたちが乗り込み、上空から食料の救援物資を投下する活動をしている。だが、自分たちの行いを世間は認めてくれぬと憂いている様子。
 ある日、投下の最中にひとりのシスターが誤って落下。彼女は神に祈りながら空中を落ちて行った。だが奇跡的に怪我ひとつせずジャングルに着地した。そののちに起きた出来事とは・・・。

5-0_201512191841049c2.jpg さて、話をもどす。楽園で二つの出来事が起こる。
 ひとつは、館の広い敷地で飼っている羊のこと。その一頭が変死する。検疫所の職員がやって来て伝染病だと分かる。後日、ふたたび職員がずかずかやって来て、飼っている羊の全頭が、猟銃で殺処分される。その様子を見守る館のそっくりさん達。羊がかわいそうという気持ち以上に、防疫対策の防護服を着た、素顔を見せぬ男たちに、自分たちの楽園を踏み荒らされることに、大きな違和感を覚えていた。あるいは、伝染病に感染した羊に、自分たちを重ねて思う人もいただろう。役に立たない、不要、異端者。
 もうひとつのこと。館のそっくりさん達は、村中をめぐり興行の宣伝して、館でそっくりさんショーを催した。彼らの芸人としての側面だ。しかし興行は失敗だった。観客席には数人しかいなかった。皆、一様に落胆した。
 そんなある日、マリリンが首をつって自殺した。嘆くみんな。

 神父とシスターたちのその後。
 神の加護のもと、パラシュートなしで空を飛び、無事に着地できるんだと信じ込んだ神父と彼女らは、飛行機に乗り込み、次々に空中に身を投げた。ホラ、私たちの奇蹟を見て! 世間の皆さん、ローマ教皇さま!
 マイケル・ジャクソンのその後。
 彼は、普通の人となって生きることをついに決心し、あの館を出た。 

 これは、物まね芸人たちの話だろうか?
 物語の意味を踏み込んで考えられれば、奥行きのある映画になる。
 出演俳優の中に、著名な映画監督が2人登場している。


マイケルが自分に戻ったある日、
バスの中で、三角帽子の2人組から酒をすすめられるシーン。

下オリジナル・タイトル:Mister Lonely
監督:ハーモニー・コリン|イギリス フランス|2007年|111分|
脚本:ハーモニー・コリン 、 アビ・コリン|撮影:マルセル・ザイスキンド|
出演:マイケル・ジャクソン(ディエゴ・ルナ)|マリリン・モンロー(サマンサ・モートン)|チャーリー・チャップリン(ドニ・ラヴァン)|ヨハネ・パウロ2世(ジェームズ・フォックス)|マドンナ・メリタ(メリタ・モーガン)|エリザベス女王(アニタ・パレンバーグ)|赤ずきんちゃん(レイチェル・サイモン)|サミー・デイヴィスJr.(ジェイソン・ペニークーク)|エイブラハム・リンカーン(リチャード・ストレンジ)|バックウィート少年(マイケル=ジョエル・スチュアート)|シャーリー・テンプル(エスメ・クリード=マイルズ)|三ばか大将のラリー:マル・ウィットレー、三ばか大将のモー:ダニエル・ローバイ、三ばか大将のカーリー:ナイジェル・クーパー|ジェームス・ディーン(ジョセフ・モーガン)|ハビブ ワリッド・アフキ(アンブリオ神父):ヴェルナー・ヘルツォーク|司祭2(デヴィッド・ブレイン)|マイケル・ジャクソンに仕事を紹介する男・レナード(レオス・カラックス)|

一夜一話の歩き方

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)   観たい映画!

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              
                  


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1334-177b2fd3
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「ミスター・ロンリー」  監督:ハーモニー・コリン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「ミスター・ロンリー」  監督:ハーモニー・コリン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top