Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「しとやかな獣」  監督:川島雄三

映画 「しとやかな獣」  監督:川島雄三

前田家は、息子の実(みのる)、父母、そして娘の友子の4人家族だ。
上3

 金は天下の回りもの。この映画でも、横領や、あるいは、いささか道義にもとる形ではあるが、金が人から人へ回って行く。
 金の切れ目が縁の切れ目という。金があるうちは、ちやほやされたり慕われたりするが、尽きた時が人の縁の切れる時。この映画では、金が「貯まる」までは、ちやほやしたり慕ったりするが、貯まった時が縁を切る日になるようだ。

 物語は始め、ベールに包まれている。
 その幾重ものベールが、話の進むにつれて、さも楽しげに一枚一枚、はがされていく。
 そして、その都度、じんわりにじみ出る人間関係と金の秘め事が見えてくる。映画は、そんな趣向になっている。

1-0_201512252020562e7.png 前田家は、かつては極貧の生活をしていたようだ。  
 しかし今は、父・時造(伊藤雄之助)、その妻・よしの(山岡久乃)は、息子と娘からの入金で、そこそこ優雅に過ごしている。
 息子の実(川畑愛光)は、芸能プロダクションの営業マン。彼は所属歌手の出演料を横領し、その金を実家に入れて来た。度重なる横領で、その総額は100万円になったらしい(昭和37年当時)。これがついに発覚し、プロダクションの社長が前田家に乗り込んできた。しかし実(みのる)の両親は、「うちの息子に限って、そんなことをするはずはない」とシラを切る。
 社長が帰ったあと、父親は実(みのる)にやんわり言う。「お前、100万円も横領したのか、うちに入れた金はたったの20万円ほどだ。残りはどうした?」 さて、どうしたのだろう。
 彼がこれまで、会社の金を誤魔化せたのは、経理担当の幸枝(若尾文子)と、いい関係だったからだ。そして、実(みのる)の懐に入った出演料の大半を、彼は愛人の幸枝に貢いでいたのだ。
 
 前田家の娘・友子(浜田ゆう子)は、流行作家の吉沢先生(山茶花究)の「愛人をしている」。父が金に困っている、何とか工面して頂けない?なんて可愛くせがんで、これまで20万、30万とその都度、先生から金を巻き上げて来た。そして友子はその金を家に入れて来た。
 実(みのる)も、先生と親しい。先生の代理で出版社へ原稿料を取りに行き、その金を実は横領している。
 これらのことは、もちろん先生も気づいていたが、先生の小説のネタは、前田家の人々なのだ。盗られる金と小説のネタを天秤にかけて、先生は今まで我慢してきたが、ついに堪忍袋の緒が切れる時が来る。

2-0_201512252029068dc.png 一方、実(みのる)の愛人・幸枝(若尾文子)は、ある日、彼に対し一方的に縁を切ると言ってきた。旅館を開業するらしい。実(みのる)は驚き、かつ旅館の件は初耳・寝耳に水であった。

 しかしだ、実(みのる)が貢いだ金額は、旅館開業資金の額を思えば、所詮、大した額ではない。
 幸枝は、一体どこから、そんな多額の金を用意できたのだろうか。映画は、芸能プロダクション社長(高松英郎)と幸枝の関係を匂わす。だが、100万円の横領でおたおたする人間だ。
 ここで、税務署の職員・神谷という男(船越英二)が、登場するが・・・。




 この映画は娯楽映画だ。
 全体に、コミカルなパウダーが振りかけられているので、どぎつい金の話にもかかわらず、ぎすぎすした映画にはなっていない。
 若尾文子が主役なのだろうが、前田家4人を中心とした群像劇仕立てになっている。
0-0_20151225203207f88.png 総じて、若尾文子と伊藤雄之助の2人が、その実力を発揮している。しかし、ほかの俳優は、自身の役の、人物像の彫りが浅いのが残念。前田家の母親役の山岡久乃も息子・娘も、しかり。ただし、物語の構成がしっかりしているので、何とか救われている。
 ちなみに、映画に出てくる金の流れは、図を参照ください。

監督:川島雄三|1962年|96分|
原作・脚色:新藤兼人|撮影:宗川信夫|
出演:三谷幸枝(若尾文子)|父・前田時造(伊藤雄之助)|その妻・よしの(山岡久乃)|その息子・実(川畑愛光)|その娘・友子(浜田ゆう子)|芸能プロダクション社長・香取一郎(高松英郎)|その専属歌手・ピノサク(小沢昭一)|税務署職員・神谷栄作(船越英二)|前田友子の旦那・吉沢駿太郎(山茶花究)|銀座のマダムゆき(ミヤコ蝶々)|

一夜一話の歩き方

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              
                  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1336-34aa00de
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「しとやかな獣」  監督:川島雄三 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「しとやかな獣」  監督:川島雄三

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top