Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「白河夜船 (しらかわよふね)」  出演:安藤サクラ、井浦新  監督:若木信吾

映画 「白河夜船 (しらかわよふね)」  出演:安藤サクラ、井浦新  監督:若木信吾

上
寺子と岩永の待ち合わせ場所は、いつも渋谷駅前の歩道橋の上。
寺子にとって、この愛は、薄氷を踏む様な、心もとない愛。


 
 感性を試される映画だ。
 女優・安藤サクラが発する繊細なオーラが、まるで舞い上がるダイヤモンドダストの様に、きらきらと観る者を包み込む。
 寺子(安藤サクラ)という女の、薄氷を踏む様な心もとなさが、いきいきと表現されている。

強い睡魔は、寺子の弱った心を癒やすように包む。
1-0_201601281553244f8.jpg 寺子はいつも眠い。ホテルで一夜明かした朝に、寺子の彼・岩永(井浦新)から「よく寝る人だ」と言われるくらいだ。
 たぶん、軽いうつの症状。また、彼女は時々、鉛筆を持つ手先が、あるいはベッドの端に腰かけた足が、カクカクと無意識に動きだす。(心因性の不随意運動だろうか) 寺子は精神的にまいっている。

 岩永の妻は、交通事故を起こし意識不明のまま、植物状態で入院している。
 彼は妻を見舞い、一方で妻の親族と会っている。そんな時期に、ふたりは出会った。

 寺子と岩永のこの愛は不倫だ。
 植物状態とは言え、彼の妻は生きている。だが快復の見込みは全くない。ただただ見守り待つだけ。
 だから、寺子と岩永のこの愛は、その先がない、どんよりした暗い愛。
 
 寺子は純な女。見知らぬ岩永の妻に対して、後ろめたさを拭えない。また、岩永も二人の女に後ろ髪を引かれる思い。
 皮肉なことにふたりの愛は、それぞれのそんな心情を糧にして、育まれて行く。

 寺子は思う。岩永は、ええ格好しいの男。妻の入院も、妻の親族に対してのあれこれも、冷静にきれいに仕切れる男。だが、彼の心情は相手に深入りしないし、憐れんでもらいたくもない。これが彼のスタイル。冷めた男。
 だから岩永は、寺子とも一定の距離を置く。岩永は、自身の心の癒しの拠り所として、寺子を抽象的な浮遊な存在にしておきたい。
 でも、寺子はそんな岩永が好き。だが、岩永に思いのたけを、真っ直ぐにぶつけられない。難しい愛。

 ふたりの電話は、必ず岩永のほうから掛けてくる。寺子はいつも受け身。ふたりとも、ぼそぼそと独り言のように話し合う。黙ったままの間も長い。会話の最後は、いつも沈黙の中に消え入るように終わる。

 幻想の中で、寺子が岩永の妻(18歳の頃の)に出会うシーンがある。妻は寺子に親切そうに言う。「部屋にばかりいないで、バイトでもしたら。」 それは、転覆しそうな船が、(快復へ向けて)起き上がり小法師のように元へ戻ろうとする、寺子の心の本能の為せるわざ、と見た。同時に、寺子の苛まれる良心を救おうとする心の自己防御でもある。街頭アンケートのバイトで4万円をもらった寺子は嬉しそうであった。

 静謐な映画。内向的な映画。セリフは極めて少ない。挿入音楽はない。(ラストのみ)
 シーンは総じて静的で、寺子の部屋など室内場面が多い。動的なシーンは渋谷の街の場面だけ。
 写真家である監督が撮影も担当している。コマーシャルな写真家らしいオシャレな映像が、良くもあり、どうかなという場合もあり。

 よしもとばななの小説の一節を安藤サクラが、ナレーションで言うところがいくつかある。これをナレーションで表現せずに映像で見せる手もあると思う。しかし、例えば妻の親戚らが登場すれば、現実から遊離した「ふたりの浮遊感」に重きを置く映像にとっては、邪魔となるのかもしれない。あるいは、そもそも映像化が難しい箇所なのかもしれない。

 何といっても、安藤サクラが素晴らしい。素晴らしいだけに、井浦新ほか、周りの俳優がついて来れないでいる。これが残念。
 起承転結がしっかりあって、話は分かりやすくして、ご用意しました的な映画をご希望の方には、この映画、ハードルが高いかも。スクリーンをただ眺めていればいいという映画じゃない。抽象絵画を見る時ように、自分から進んで観に行って感じ取るタイプの映画です。

下監督・撮影:若木信吾|2015年|91分|
原作:よしもとばなな|脚本:若木信吾、鈴本櫂|
出演:安藤サクラ(寺子)|井浦新(岩永)|谷村美月(しおり)|高橋義明(しおりの昔の恋人)|紅甘(公園で出会う少女)|伊沢麿紀(しおりの母親)|竹厚綾(岩永の妻)|


一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す
親友・しおりとのエピソードはシーン化されている
下2
一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              






関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1356-a2003396
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「白河夜船 (しらかわよふね)」  出演:安藤サクラ、井浦新  監督:若木信吾 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画 「白河夜船 (しらかわよふね)」  出演:安藤サクラ、井浦新  監督:若木信吾

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top