Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「エレナの惑い」  ロシア映画 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

映画 「エレナの惑い」  ロシア映画 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

上
2人が住む高級マンション。室内は生活感が感じられない。会話も少ない。


1‐0 静かな静かなサスペンス・ドラマ。 
 遺産配分というものは、時に人の心を激しく揺り動かす。そして、揺れる心は愛をもねじ伏せ、良心さえも易々と乗り越える。

 かつて、入院していたウラジミルは、献身的な看護師エレナと出会った。
 それぞれに伴侶と離別していたふたりは、まもなく都心の高級マンションで同居を始める。それから、時はゆるゆると10年経った。
 初老を過ぎたウラジミルは資産家だ。仕事を引退し、エレナと2人の、悠々自適な毎日を送っている。ウラジミルは高級なスポーツジムに通っている。ジムに行くその朝に、彼はエレナを抱く。精力家でもあるようだ。
 しかし、その日、ウラジミルはプールで心臓麻痺を起こし、救急入院となった。
2-0_20160203114855c79.jpg まもなく退院したウラジミルは、エレナの看護のもと自宅で療養生活に入った。気弱になった彼はベッドで遺言書を書くことにした。さて、ことはここから始まる。

 ところで、ウラジミルにはひとり娘がいる。前妻との子だ。今は独立して別居している。カテリナという。裕福な家庭に育った彼女は、甘やかされて来たようだ。カテリナは上流階級の空気に反抗的で、かつ厭世的だ。そして父親に対して、今も反抗期。それでもドラッグは週一回に減らしたようだ。一方、ウラジミルはカテリナが可愛くて仕方ない。娘に金を送っている。

 一方、エレナにも前夫との子がいる。セルゲイだ。結婚していて2人の子どもがいるが、無職だ。求職活動をしているのだろうか、無為な日々を郊外の団地で送っている。セルゲイの長男サーシャは大学進学を考える年頃だが、彼は地域の不良連とつるんでいる方が楽しいようだ。エレナは、孫のサーシャをなんとか大学へ行かせてやりたい。でも、そんな金はない。
 ウラジミルは家計を握っている。エレナには、年金相当額を月々渡しているようだ。彼女は、その中から息子に生活費を渡している。息子一家は、それを頼りにしている。ウラジミルは銀行送金しろと言うが、エレナは息子の家に行って金を渡している。孫に会いたいのだ。

 さて、遺産配分。ウラジミルはカテリナにほぼ全額贈与。エレナには年金相当額のみ。
 エレナはウラジミルに泣きついたが、彼は有無を言わさない。(2年前に籍を入れたのだが・・・)
 そして、エレナは・・・。
  
 ウラジミルとエレナが住むマンションの室内シーンがとても秀逸。これがこの映画のコアでメイン舞台だ。
 果たして、このふたりに愛はあるのか? ふたりが出会って10年は、何だったのか? ふたりは、どう心を通わせているのか?
 そんな疑問に答えてくれるのが、この室内シーンだ。セリフがとても少ないなかで、映像が実に饒舌に語っている。
 かつ、その室内シーンにおいて、ふたりの間に流れる時間の描写が凄い。時間の流れの音が微かに聴こえるような映像。時間の感触、温度さえ感じる。
 
 話の背景は、もちろんロシアの格差社会だが、メインテーマは「愛とは?」だろう。格差社会の状況下、愛はどう歪んでいくのか。
 上流階級のウラジミルと下層出身のエレナとの夫婦のような愛人関係、介護付きマンションのような関係。加えて上流生まれで反主流の娘と父との親子愛と対立、上流経験したエレナと下層のセルゲイ一家との親子愛の今後。これらに監督の視線が鋭く迫る。 
 それにしても、当人しか知り得ない秘密の殺人はあり得るのだ。

 【アンドレイ・ズビャギンツェフの映画】 ~これまでに記事に取り上げた作品
 「父、帰る」 (2003年) こちらからお読みください。

下オリジナルタイトル:Елена|Elena|
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ|ロシア|2011年|109分|
脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ、 オレグ・ネギン|
撮影:ミハイル・クリシュマン|
出演:エレナ(ナジェジダ・マルキナ)|ウラジミル(アンドレイ・スミルノフ)|エレナの息子セルゲイ(アレクセイ・ロズィン)|ウラジミルの娘カテリナ(エレナ・リャドワ)|タチアナ(エフジェニア・コヌシュキナ)|アレクサンドル(イゴール・オグルツォフ)|ほか

一夜一話の歩き方   直近の記事100 リスト (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/1358-36d201dd
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「エレナの惑い」  ロシア映画 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「エレナの惑い」  ロシア映画 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top